「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

「勘違い」

 
  勘違い
   (問答形式)
 
 
 罪は贖われて信仰によって生まれ変わったのだから、今は、罪はない。
 
そうではない。
生まれ変わって、一生の間、罪に対して
悔い改めの祈りにより赦される機会を与えられるということだ。
 
現実と歴史を見れば罪がなくなっていないのは明らかだ。
 
 
 信仰によって、一生の平安が約束されている。
 
そうではない。
信仰によって、平安を得るための祈りの道が与えられている。
 
 
 聖霊が導いて間違いのない道を歩ませてくださる。
 
そうではない。
このような考え方は、
自分のしたこと言ったことを反省する力を喪失させるだろう。
 
 
 聖霊が導いて間違いのない道を歩ませてくださる。
 
そうではない。
聖霊が導くのは、悔い改める生き方だ。
 
間違いを犯しても、悔い改めて
赦される機会が与えられているということだ。
悔い改めを忘れた者には、自分信仰の沼が待っている。
 
 
 キリスト者は、どんな時でも讃美しましょう。
 
そうではない。
どんな時でも讃美することは、
悲しみへの感受性を麻痺させることであり、
不自然に笑っている異常神経を生み出す。
 
そして敵意や悪意を
神の前にも、人の前にも、隠し持つようになるだろう。
 
私たちは不完全なのだから、
これからも試練はあるのだから、
 
悲しいときには悲しいと祈るべきだ。
そして、自分の低さが身に染みたときに、
ひょっとしたら讃美したくなるかもしれない。
 
 
 罪は、一生、死ぬまで赦されている。
 
そうではない。
一生、祈りと悔い改めに生きるのが信仰だ。
感謝も讃美もそこに時々にあるだろう。
 
 
 今もこれからも罪を犯すのなら信じた意味がない。
 
そうではない。
キリストが与えた悔い改めの祈りの道は、
魂の奇跡である。
 
 
 不可知論者の誘惑に負けてはいけない。
 
そうではない。
知りうるという者を警戒するべきだ。
神を可知だと思えば、真理を知ったとばかり思い上がり、
自分に単純に味方するような
都合のいい幼稚な神?を捏造するようになるだろう。
 
 
 達しえたところに従って進むのだから改める必要はない。
 
そうではない。
達しえたという思い込みもあるのだから、
不完全が、完全と思い込むことのないように
私たちは修正可能かつ成長可能でなければならない。
 
伝道の経過において達しえたところがあったとしても、
個人の信仰においては、
達しえたと言えるのは御国に至った時だけである。
それを垣間見ることはあっても、
この地上で完全になることはない。
 
 
 総てを神に任せるのが一番だ。
 
そうではない。
神に任せるのは
人が総てを受けて負うことが出来ないからである。
信仰は、負えないことを神に任せることであって、
無責任になることではない。
 
神に任せると言って、
都合の悪いことについて、反省もせず、悔い改めもせず、
責任を放棄するのは怠慢という罪だ。
 
 
 自分を傷つけた者には神が復讐してくれる。
 
そうではない。
自分の罪による場合もあるのだから、
反省もせずに、復讐を願うようになってはいけない。
神が迫害だと判断したときに裁きが下るだろう。
神に任せるということは判断も神に任せるということだ。
 
 
 罪に死んだのだから蹴っても叩いても
 びくともしない。
 
そうではない。
罪に死ぬとは死体になることではない。
だから、誰が何と言おうと反応しない無視の状態を
屍の比喩をもって正当化してはいけない。
 
むしろ、活発に生きることであって、
豊かな感性によって、よく感じ、
よく考えることを信仰は勧めている。
 
でなければ、
びくともしないのなら、
キリストによる赦しと癒しと慰めの意味がない。
 
人間としての修養による悟りや境地と勘違いしてはいけない。
 
無反応の自我の境地による停滞を
神から与えられたと思い込むことは神に背く大罪だ。
 
 
 弱さを誇るべきだ。
 
そうではない。
弱さは誇るべきものがないということだから、
この逆説的表現は、弱さに生きることが
気高く見えることもあるということだ。
 
使徒の言葉を勘違いして、そのまま鵜呑みにして
豪語して誇ることがあってはならない。
 
 
以上、今まで書いてきたことから、
自分信仰者が言い張り、すり込みそうなことについて書いてみました。
 
 
(2018年01月14日)
 
麻痺(まひ)
捏造(ねつぞう)
放棄(ほうき)
垣間見る(かいまみる)
復讐(ふくしゅう)
蹴る(ける)
屍(しかばね)
気高い(けだかい)
鵜呑み(うのみ)
 
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事