「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

「無常の価値」

 
  無常の価値
 
 
人間が死にたくなるのは、
周りに人間がいなくなるか、
周りにいる人が人間と思えなくなるとき。
 
人間が生きるのは、
周りに人間らしい人や話があって、
いつも人間味を味わっていられるから。
 
人間味の中に
尊い愛があり心があり、
それゆえにこそ泣いたり笑ったりが
生まれるというのに、
 
処女懐妊に、奇跡に、肉体の復活にと、
超常の不明を、明として信じ込めば、
いろいろな不明を次から次に信じ込んで、
心は超常に迷い込んで、
明も不明も分からなくなり、
人間の最も大事なることを
無常の無価値として
捨て去ってゆくことになるだろう。
 
人間にとって大事なことは
無常の世界にたくさんあるではないか。
 
無常こそ大事であり、
無常であるからこそ大切にするのであり、
いずれ過ぎ去ってゆく身としては、
常世に至る前に、この地上で
大切にするべきことがあるだろう。
 
神は恒常であり永遠不変である。
神だから常世に住めるのだろう。
 
神は
人が恒常不変になったから憐れむのではない。
憐れんだら恒常不変になるから憐れむのでもない。
人は恒常不変にはなれない。
神は
人がご自身と違って
無常で儚く弱いからこそ憐れんでくださるのである。
そこに神によって期待されている価値があるのだろう。
 
何ゆえに神を真似て
恒常不変に住むことを目指すのか。
目指すとしても何ゆえに
それを地上で真似ようとするのか。
 
何ゆえ無常を疎かにして
恒常が手に負えると思うのか。
 
何ゆえ人の愛を疎かにして
神の愛を説こうとするのか。
 
 
(2018年01月29日、同日一部修正)
 
懐妊(かいにん)
常世(とこよ)
恒常(こうじょう)
儚い(はかない)
真似る(まねる)
疎か(おろそか)
 
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

人間味か…いいなあ。
神様に導かれて、ここまで生きてこれたと思うから、神様はいると思うけど、目に見えて、触れられる、人間が好きだなあ。

イエス様の花嫁とか言われても、ピンとこないから、戸惑ってしまう。自分で自由に聖書を読んでいた時の方が、神様を身近に感じることが出来たような気がします。

2018/1/29(月) 午前 1:29 [ akari ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。拝。

2018/1/29(月) 午前 2:30 [ st5402jp ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事