「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

「祈ることだけ」

 
  祈ることだけ
 
 
するべき
ならば
あるべき
ならば
いのるべき
 
キリスト者は
神を信じているなら
何を為すべきか
というのは
何が正しいのか
というのは
何が出来るのか
というのは
どうするべきか
というのは
どうあるべきか
 
聖書の解釈からはどうなのか
何が正しいのか
何が真理なのか
 
考えても切りがなく
考える程に難しくなる
 
キリスト信仰に入るときに
何も出来ない
というところから入った人も少なくないのに
神のみ旨を行うなどと言われても
出来ない分
借金の利息が増えるみたいで
その言葉が既に人知を超えて難儀である
 
信仰によって
正しいことをするべき
というよりも
せめて信仰者として
人間はどうあるのか
そしてどうあるべきか
のほうがマシだと思う
 
若いときから考えてきて
結局
どうあるべきか
どうしようもない自分であり
それでも出来ることは
 
祈ることだけだった
 
聖書だけだと言う人もいるだろう
しかし聖書があることは
既に知っているのだから
それよりも読む側の自分の
読み取る姿勢
解釈する姿勢
聖書の何が一番大事かということ
 
つまり
やはりそれは祈りに通じるものだ
 
どう祈ればよいか
考えたければ
聖書を読んでみるという意識でいいと思う
 
祈りの中で
聖書を読んでみよう
ということになることもあるだろうし
祈りながら
改めて考えることもあるだろう
 
神を信じ
キリストの同伴を信じる人は
自分の信仰が
聖書から始まったことを知っているが
 
どんなときでも
どうするべきかよりも
帰る場所は祈りである
 
悩み苦しみそして悲しみの告白、
悔い改め、赦し、癒し、救い、
そして同伴と導きを願う祈り
 
どんなに難しいことを考えても
考えることに疲れても
どんなに知識を蓄えても
知ることに迷っても
 
帰るところは変わらない
 
聖書から始まり
祈ることを覚える
そうやって信仰者になったのだ
 
在りて在る 神の願いを 
無きがごとき 人が 信じる 
という 切なる願いは 祈り 
 
 
(2018年04月08日)
 
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

閉じる コメント(4)

私は思います。
見詰めるは祈る我が心だと。
我が心の動きに真理あり と。

2018/4/8(日) 午前 1:23 [ こうさん ] 返信する

顔アイコン

神の動きは知らねども、祈りの前、中、後、わが心に動きあり

コメントありがとうございます

2018/4/8(日) 午前 2:52 st5402jp 返信する

顔アイコン

おはようございます
日向路晴れ
18℃[+5]
5℃[-5]

佳き一日を

2018/4/8(日) 午前 4:16 [ sekiyann ] 返信する

顔アイコン

おはようございます
昨日、今日、なんか寒いです

暖かい春の日が続きますように。佳き一日を。拝。

2018/4/8(日) 午前 4:21 st5402jp 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事