「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

 
  イエスからキリストへ
 
 
キリストは
人の悲しみを分かっておられた
以前そう書きました。
 
その理由は
神の子だからというのは
分からないと言うのと大して変わりありません
 
神と同じ全知という理由では
何も広がりがないのです。
人間として共感しようがないのです。
 
キリストは
公生涯よりも前に
すでに多くの悲しみを見てこられたのだろう
これも前に書きました。
 
ここを考えることで
人間として生きてきた御方の
人間に共感できる資質と
人間に対する鋭い洞察力を思うことになります。
 
30年
長いような短いような
公生涯以前の年月が
どんな経験を経て
どんな考察を経て
救いを志すに至ったのだろう
 
最初からキリストとして生まれ
全能であり
悪魔からの試練を経た
これは人間が受け取るには
象徴的すぎるのです。
 
人間として生きたキリストの路程を
聖書から読み取る以外に
キリストが背負ったものと
キリストが与えようとしたものを
感じることは出来ないはずです。
 
キリストの強さと寛容さ。
悪に身を渡す犠牲の勇気。
キリストの負ったものの重さ。
キリストの誰よりも深い悲しみ。
 
公生涯においても
人知の及ばない、
驚くべき、
奇跡物語として読むだけで
すごい、すごいでしょ、という
魔法ワールドへの興味だけにならないように
 
人間が憧れるに余りある良心の慈愛を
人間と共感するキリストに見るべきなのです。
 
二千年前の聖書の中の
キリストと
キリストに出会った人との
交わりという機会は
それぞれの人にとって
掛け替えのないものでした。
 
それはそのまま
聖書を読むことが
二千年前の話よりも身近に
深い悲しみと慈愛と喜びを味わうことで
キリストに出会う私たち一人一人にとって
掛け替えのないものになるのです。
 
 
(2018年05月31日)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

政治の:

>民間の学園が既にコメントを出しており、

そのコメントが大問題であり、その責任を問うべきだと言っている。解決するべき大問題なのに、既に解決したかのように見せかけようとする無意味な詭弁。

>政府としてそれに対してコメントする立場にない。

政府は、コメントどころか、それを正す立場である。全く批判を受けての理路になっていない。

>大事なことは、プロセスが公正、公平であったかどうか

まさにそのために議論している。プロセスが、一貫して、公正でも公平でもないから議論している。成り立たない理路しか言わない。

ABsに正常の理路を求めるのは無駄だと思います。薬の効かない病気だと思います。この人を応援し弁護する人がいるなんて信じられません。

2018/5/31(木) 午前 1:11 st5402jp 返信する

顔アイコン

政治の;

>この問題については、「言った」「言わない」になっているものがある

言うことで話が進むのだから、言った言わないを、余計であるかのように軽く見なすのは、発言にそれくらいの重みしか感じていない人の言うことであり、それゆえに、極めて重さのない空疎な発言を繰り返しているABs。

2018/5/31(木) 午前 1:18 st5402jp 返信する

顔アイコン

政治の;

ABsについては、言ってること一つ一つが詭弁にしかなり得ないようなことばかりだと思います。目の前の言葉に弁明の体裁だけを繕おうとする醜態だと思います。国会が駄目なら、国民運動以外にないと思います。国会での批判は、ABsの答弁を見ていると無意味ではないか。右も左もなく、100万人が東京に集まるくらいでないと・・言い過ぎだろうか・・。

2018/5/31(木) 午後 6:52 st5402jp 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事