「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

「凌ぐ」

 
  凌ぐ
 
 
信仰について
悲しみの共感と
慰めと癒しと言えば
 
キリスト者は
悲しくて苦しくて辛くて
泣いてばかりいるのか
と言われそうだが
 
前にも書いたように
喜びや楽しみは
悲しみを克服して得られるものであり
 
ただ浮かれたように楽しい場合も含めて
喜びは過ぎ去る定めを持っていて
 
必ず訪れるものとして
喜びより悲しみのほうが大事なのは
 
悲しみが訪れるまでは
順境においては楽しめ
という教えもあるのだから
喜び楽しむことは
信仰の救いという意味では
大事というほどではなく過ごすからであり
 
逆境においては考えよ
という教えがあるのだから
逆境のほうが大事ということと相まって
悲しみが大事になるということであり
 
ゆえに信仰が
逆境を忍び
逆境を凌ぐためにあり
 
楽しさや喜びの
すり込みや煽りや暗示よりは
悲しみの時のために語られることが多いのは
 
この地上の人生で
喜びは部分的で一時的で
過ぎ去れば空っぽになりそうなのに
 
悲しみは全体を覆うように
まるで永遠に続くかのように思われ
乗り越えないと永い傷にさえなるからであり
 
また考えることも
悲しみに呑まれていては出来そうにないからで
 
途切れそうな思いと命のつながりを
信仰によって
生きている間
この世につなぎとめるために
 
逆境の悲しみを
考えることが出来るだけの
冷静な温度を与えてくれる期待を
信仰という最後の砦に期待するしかない必然である
 
 
(2018年06月02日)
 
凌ぐ(しのぐ)
煽り(あおり)
呑む(のむ、飲む)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

政治の:

ABs「真摯に反省して二度とこういうことが起こらないように責任を果たしてゆく」
「真摯に反省」は前にも聞いた。そして、隠蔽や、白々しい辻褄合わせや、詭弁など、その後の行為が、それを裏切ってきた。二度とこういうことが起こらないようにするには、こういうことが起こった中心にいるABSが辞める以外にないと思います。
彼のスピーチは、上のような、本来重い言葉を、思い切りぺらぺらした軽い意味にしてしまいます。それが彼の体質だと思います。あたあたした口調だけではなく、時々へらへら笑うことだけではなく、彼の行為の経過と結果において、彼の生き方の、薄っぺらさを表してきたと思います。この期に及んで、まだ政権の座にしがみつこうとすることにも表れています。

2018/6/2(土) 午後 5:54 st5402jp 返信する

顔アイコン

政治の:

Stop ABerration !

2018/6/2(土) 午後 6:10 st5402jp 返信する

顔アイコン

政治の:
ABsは、人生をゲームだと思っている類の人ではないか。だから、瞬間瞬間を、懸命に生きるのではなく、無視すれば時間は過ぎるという、恐ろしく自己中心の世界に住んでいるような気がしてならない。ABsに常識を求めるのは危険だと思う。常識があれば、今までの歴代の総理がそうであったように、もう辞めてる。

2018/6/2(土) 午後 6:14 st5402jp 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事