「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

「原罪」

(補足あり)
 
  
  原罪
 
 
 (創世記、口語訳)
2:15
主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。
2:16
主なる神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。 2:17しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。
 ・・・
3:6
女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。
3:7
すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた。
 (創世2:15−16、3:6−7、旧約聖書)
 
「善悪を知る木」とは何だろう。そして、よく言われる原罪とは何だろう。
 
 ウィキペディアより引用
神は事の次第を知り、知恵の樹の実を食べた人間が生命の樹の実までも食べ永遠に生きるおそれがあることから、アダムとイヴはエデンの園を追放される。この出来事を「失楽園」という。キリスト教徒によれば、この出来事は神に対する不服従の罪であり、原罪とされるが、ユダヤ教徒には「原罪」というものは存在しない。
この出来事により、人間は必ず死ぬようになり、男には労働の苦役が、女には男に支配され出産の苦しみが、もたらされるようになった。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E6%81%B5%E3%81%AE%E6%A8%B9
 
神に対する不服従の罪=原罪ということには決してとどまらないと思います。
神に対する不服従の罪については、人間は、しょっちゅう犯しています。
キリストの教えを思い出してください。守れると言う人は嘘吐きの偽善者です。
 
原罪は赦されるでしょうか。赦される罪と赦されない罪があります。
それははっきり区別されなければなりません。
 
 (創世記、口語訳)
3:12
人は答えた、「わたしと一緒にしてくださったあの女が、木から取ってくれたので、わたしは食べたのです」。
3:13
そこで主なる神は女に言われた、「あなたは、なんということをしたのです」。女は答えた、「へびがわたしをだましたのです。それでわたしは食べました」。
 (創世3:12−13、旧約聖書)
 
自己正当化の責任転嫁と言い逃れです。これは偽善という赦されることのない最悪の罪の根源なのです。そして、それは今の世の中にも恐ろしいほど蔓延しているものなのです。
 
つまり、禁断の果実を食べたことは神への不服従でした。しかし、この罪以上に、罪を認めない罪つまり偽善が人間の世界にはあることを聖書は語っています。その起源こそが原罪と呼ばれるのでしょう。
 
罪を認める罪人は、信仰義認によって、赦され救われます。
しかし罪を認めず、自己正当化に走るならば赦されることはないのです。
つまり偽善は赦されない、言い換えれば、偽善は赦されることを拒む最大の罪なのです。
 
このことが聖書の始め、創世記に書かれているのです。
 
約二千年前、イエスという名のキリストが、罪を赦しに、そして、偽善を裁きに来られたのです。
 
 (ヨハネによる福音書、口語訳)9:39
そこでイエスは言われた、「わたしがこの世にきたのは、さばくためである。すなわち、見えない人たちが見えるようになり、見える人たちが見えないようになるためである」。
 (ヨハネ書9:39、新約聖書)
 
罪人に対して、キリストが、いかに共感的で、優しかったか、そして、
偽善者に対して、キリストが、いかに厳しかったかを思い出してください。
 
旧約にも新約にも表されている罪と偽善の違い、
これこそが、蛇のように賢くもなく羊のように従順でもない不徳の私が、神の前に精いっぱい正直で隠し事をしないことだけが信仰の芯だ、と書いてきた大きな理由であり根拠であります。
 
 
(2018年06月19日)
(2018年06月20日、一部補足修正)
 
嘘吐き(うそつき)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事