「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

「同一性と良心」

 
  同一性と良心
 
 
私は信仰について
できるかぎり神と人との違いを明確にすることを考えて
その区別については厳しい書き方をしてきたと思う。
 
勘違いしないで欲しいのは
人間が悪いばかりの汚れた者で
信仰によって
全然違う者に生まれ変わるべきだと言っているわけではない。
 
むしろ生まれ変わるという言い方は
かなり魔術的になる可能性を警戒するべきである。
 
もちろん信仰によって
これから罪がなくなるという意味でもない。
 
私たちは全然違う者に生まれ変わるのではない。
 
私たちには
罪を犯しても信仰を知らなかった過去の自分と
罪を犯したら祈る今の自分とが
同一だという意識があるからだ。
 
その同一性がなくなったら病気に向かう
と言ってよいからだ。
 
生まれ変わるとは別の人になることではなく
個人の生き方が革命的に変わるということ。
今まで知らなかった道を与えられたという意味である。
 
  ウィキペディアより
  「革命」の語源は、天命が改まるという意味である
  (「命(天命)を革(あらた)める」)。
  
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%A9%E5%91%BD
 
私たちが罪人であることを自覚しなかった頃にも
魔術的な超常の奇跡としてではなく
神が与えられた恵みとして
私たちには良心があり
良心によって信仰を求めるに至ったのである。
 
私たちの過去は
悪と罪だらけではなく苦難だらけでもなく
少なくとも信仰に至る良心は与えられていた
という恵みを覚えてほしい。
 
私たちは信仰を得て初めて神を仰ぐけれど
神は既にご存知であると
私が神の全知について
しばしば言ってきたのはこのためである。
 
神の全知なることを知って
いっぺんに人生が幸福になるわけではないけれど
信仰者も求道者も
恵みから漏れることはないことを
一番知っているのは今信仰を持っている私たちである。
 
 
(2018年06月26日)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事