「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

全体表示

[ リスト ]

「言葉と存在」

 
  言葉と存在
 
 
私たち信仰者は
何か良いことに巡り合ったり
何か良いものを受けたりすると
きっと神様が・・と思いがちである。
 
また
私たちは聖書において
様々な聖書語
つまり神聖を表す言葉を見慣れてきて
それらの言葉を
当たり前に使うようになっているようだ。
 
しかもそれら神聖は
私たち信仰者にとって
信じるべき対象であるから
良きものやことを結び付けて
喜びたい気持ちがあるのだろう。
 
しかしながら
その言葉は殆ど超常の言葉であり
憧れはしても
馴染んだことはなくて
慣れは即ち習性に過ぎなくなっていることが多い。
 
人間の良心については
体験に基づいて語ることができても
 
聖霊については
またぞろ聖書語か聖書の物語を
さらに重ねるだけになりやすい。
 
人間から乖離した世界の話をして
求道者に敬遠されてゆくよりは
人間としての体験に基づいて
信仰の話が出来たほうがよいだろう。
 
その原動力とするために
信じた対象である超常を語るよりは
信じた主格である人間を語るならば
信仰者ならではの話になるのではないか
という考え方をしている。
 
聖書の中には
人間の持っている感性と知性で
理解可能な話が溢れているのだから
そういう方向性を持つことで
語れる内容も変わってくるだろうし
聖書の読み方も
より人間に相応しくなるのではないだろうか。
 
例えば
聖霊の導きと言ってしまえば
そこから話は進まないが
 
聖霊の導きは
現象として良心の働きと区別はつかないと思う。
 
私たち信仰者は
実に多くの聖書語を持っているが
その聖書語の多くは
超常の奇跡が滅多に起こらないことを考えると
現象としては
私たちの心の中の動きとして表れるのみであり
心の動きを言葉にすることで語れるだろう。
 
そのうえで
これは神の導きかもしれません
というくらいのことを言ったほうがよいと思う。
 
物や肉体に起こる超常の奇跡は
興味の対象にはなっても
地上ではピンと来ないから驚くふりしかできない。
 
心に起こる奇跡のほうが
人間の心の琴線に触れると思うのは
そこが人間の活性の源泉であり
真善美と愛に関わる良心の住み家だからだろう。
 
響くべきところが響いて
信仰者になったのなら
響かせるべきところを響かせるように
なぜキリストが必要かを語るのに
なぜ自分にキリストが必要かを
語らずにはいられないはずだ。
 
辛い経験をつぶさに語る必要はない。
「辛い体験」といった人間の言葉たちは
人間の世界での活性を持っていて
人間ならば
その言葉から様々な体験を想像できるからだ。
 
そこが
それだけで完結してしまう聖書語と
深く人間世界と個人に想像が可能な人間の言葉の違いである。
神が前者だけを大事にされるとは思えないのである。
神は人間の能力と限界を既にご存知だからである。
 
聖書から言葉を受け取ったら
それを繰り返すのではなく
自分の心の言葉を生かしてゆきたい。
 
聖書語と言っても限りがあり
信仰者は既に多くの言葉だけは知っている。
 
人間のそして自分の言葉は
地上を去る時まで成長可能である。
 
神に救われた人間の存在と
その切実な思いを伝えるために
聖書はいつも用意されている。
 
既に人の過ちが歴史と現実に溢れている世界を
既にご存知の聖三位は人間に
ご自身と同志の実行者になることを望んでおられるだろうか。
 
今に至るまで救われた人々は
神に対して
正直な良心の告白以上のものを持ち得ただろうか。
 
 
神様は
人間の正義よりも
人間の精いっぱいをよくよくご覧になります。
人間が完全ではないことをご存知だからです。
 
 
(2018年06月29日、同日一部修正)
 
辛い(つらい)
溢れる(あふれる)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんわ✨戸田様🌠
「神様は、人間の精一杯をよくよくご覧になります。」
私もそう思います。
神に感謝✨ハレルヤ🌠🌠

2018/6/30(土) 午後 6:43 [ sesilia ] 返信する

顔アイコン

> sesiliaさん

コメントありがとうございます。

2018/6/30(土) 午後 10:13 st5402jp 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事