「ウソの国―詩と宗教」戸田聡ブログ

自由にも不自由にも首を絞められそうになってる糞爺のブログ (偽サイトにご注意!)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「待ち望むために」

 
  待ち望むために
 
 
信じて待つ
待ち望むということ
 
これは
生きるのに不可欠なものが
いつの日か成就することを
強く待ち望むこと
 
すなわち
決して否定できない希望であります
 
思い込んで信じ込んでしまう
ということは
待つことの出来ない者が
待ち望む姿勢を持たない者が
成就を先に決め込んで
祝福だけを語って
希望を多幸気分にすり替えてしまうことです
 
そういう傾向だけなら
多くの人に起こることもあります
 
しかし常時思い込み
信じ込んで人に語ることは
人格を破壊してゆきます
 
何故なら思い込んだ分
思い込んだことによって
希望し期待するという可能性を捨ててしまい
その分だけ正常な努力や思いや気持ちや情感を
抑制しさらに押し潰して
健康で活発な人間の反応性すなわち活性を
きわめて夢想的な心性に置き換えてしまうからです
 
そして架空の成就を気分だけ作り上げて
それを神の平安とか
神との合一や一体化などと言って憚らないのです
これほど神聖の領域に対する冒涜はありません
 
ここまで行ってしまうと
正常な人間の反応が出来なくなり
不自然であることにも気づかなくなり
不自然が迫るときには不快になり
一切を人のせいにするでしょう
 
パリサイ人が
救われることを律法の教条に求めて
訂正不能に思い上がって
批判者であるキリストを殺すことに酷似しています
 
救いが成就していないことは
現実と歴史が証明しています
 
救いを手早く気安く見せたがる自己顕示欲があり
感じ取ることや考えることの努力が面倒なために
短絡して現実救済を吹聴したいだけの動機なので
主張することには調子だけがあって根も葉もないのです
 
私たちは
調子に乗ってお祭り騒ぎをする者たちではありません
超常の救いを金の像のように持て囃す者たちではありません
 
私たちは待ち望む民です
信仰がその忍耐を求めてくること知っています
だから悲しみにも耐えるのです
主の御名によって耐えるのです
 
 
(2018年04月09日)
 
潰す(つぶす)
憚る(はばかる)
冒涜(ぼうとく)
持て囃す(もてはやす)
 
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事