ここから本文です
SETSU SUZUKI Official Blog
彫刻家セツ・スズキ(セツスズキ)公式ブログ
イメージ 1








イメージ 2

しばらくご無沙汰してしまった。あっという間に最後のつぶやき(ブログ)から、1年近くがたってしまったわけだが、これも私の生来のナマケモノとしての性であるから止むを得ない。
ところで、少々癪に障ることは、SNSのツイッターなどをで「つぶやき」という言葉が、ネット社会になって、手あかのついた言葉として流布してしまっているわけだが、私などは、自慢ではないが(いや、自慢だな、、、。)30年近く前から、己の心情を語り明かす言葉として用いていた言葉なのだ。いまでは、当たり前のように使われているが、当時は、パソコンなど庶民には高根の花で、とてもそのような状況ではなかった。ただ私の場合は、新人気鋭の彫刻家として少々光が当たっていて、神奈川県の地方紙(経済新聞)から声がかかって、月一のエッセイを書くことになり、10ヶ月間、思うままに呟いたわけである。
元々、受けを狙って書いているわけでもないから、自由で気ままである。そう結局私は、自由ということがテーマで、これは作品を作る時の基本的姿勢と全く同じなのである。つまり不自由な人生をどれだけ自由に生きたか?という証としての表明なのだ。

話は変わるが、最近ふと思いついたことを備忘録として紙切れにメモしたことを記しておきたい。

「自殺とは、大脳新皮質の発達と形成によって、人類史的発展の中で起こった自滅的行為である。

その根本原因は、自己意識の覚醒と意識の混乱による苦悩から逃避法として選択されたものである。

自己意識の目覚めは、人類の文化的創造性に大きく寄与したものであるが、同時に破壊する力、衝動も増大させた。この相反するように見える二つのベクトルは、根源的には一つである。

実存とは、この二つのベクトルの生への衝動と死への衝動が相拮抗するバランスの中の世界内存在としてあるわけだ。その意味で存在とは、力であり、エネルギーそのもの、塊りそのものなのである。

つまり、人生とは『死すべきか?』、『生きるべきか?』という二者択一ではなく、宇宙という無限大の力が、時と場所を選び、限定的に噴出したものなのである。

それは、本来個人の意思を超越したものであり、宇宙的リズム、関係性の中でコントロールされるものであろう。」
                             (2018.07.25記)

重いテーマだが、その意味で我々は、いつも謙虚でありたいものだ。

この記事に

11月28日(火)午後1時より快晴の中、新生「アンタニアワカルメ」の除幕式が相模原市県立弥栄高校で開催され、来賓として家内と参加した。

去る6月末、神奈川県教育長と教育支援長が作品の管理不行き届きのお詫びということで、拙宅に謝罪に訪れてより5ヶ月。これで、私の作品に対する対応には、一応の決着がついたことになる。

これまで、神奈教との数度の協議、現地視察、現場責任者とのかなり密なやり取りをしながら、回収修復をまかされてこの日を迎えたわけであるが、その対応には、それなりの満足を感じている。
ただ、何分にも公共的な処理をしないといけないという関係から、やたらと遠回りで書類の提出が多いなという印象も否めなかった。この辺のところは、公的助成を受ける時と同様で、実制作に専念する者としては、時間も取られてかなり負担を感じてしまうところなのである。
もっとも、アートプロジェクトの一つととらえれば、話は別なのであるが、、、。


イメージ 1

イメージ 2

ともあれ、今回の事は全く予期していなかった事件(私にとっては)ではあったが、当事者それぞれが、一応の納得のいく着地点に到達できたことは喜ばしい。また以前とは異なり、日常的に作品と接する人々が、美術を志す高校生というのも良いものだと思った。なぜなら、それは式典に参加してくれた学生たちの目が、とても澄んでいたからだ。

とにかく、今回の事が、今後も起こりうるであろうパブリックコレクションの問題解決の良い事例になる事とを願いつつ、私たちは会場を後にした。

この記事に



「アンタニアワカルメ」に関する過去の受賞プレス記事を掲載する。(1989・10・10相模経済新聞)


イメージ 1

この記事に



イメージ 1

昨日午後、神奈川県教育委員会教育長K氏と教育支援部長E氏が、一昨日(6/28付け)神奈川新聞に掲載された棟方志功版画コピーすり替え事件に関するその後の経過報告関連記事の件で拙宅まで謝罪に訪れた。

詳細は新聞社のweb newshttp://www.kanaloco.jp/article/260695)を参照されるとして、話の顛末としては、県所蔵の美術品調査の経過の中で、所蔵品3点に管理面で新たな問題が発見されたとのこと。その1点が小生の神奈川県展大賞受賞作品「アンタニアワカルメ」であったという。

作家にとって作品は、出来不出来があるにせよ我が子と同じようなものである。当時買い上げ賞ということで、海辺の三浦臨海青少年センター(現・三浦ふれあいの村)内に設置が決まり(1989当時)環境面などで、その後が気にならなかったわけではないが、嫁ぎ先から何の便りもないことだし、つつがなく過ごしているものと思っていた。しかし素材が鉄ということもあり、経年劣化と塩害による激しい腐食で破損という経過と相成ったようだ。

E氏によれば決定的破損時期は平成22年(2010年)で、鋳鉄製の本体を吊り下げていた銑鉄製の支柱が腐食破損して本体が落下したとのこと。本来であればこの時点で作者に連絡告知すべきであったわけだが、それが成されずに今回の一連の問題が発覚するまで伸びてしまったことに対する謝罪をしたいとのことであった。

作品は1989年、第25回を記念する神奈川県展(全国公募)大賞受賞作品で、コンセプトは、「あらゆる呪縛からの解放。そして自由」ということであったと思う。

青天の霹靂ではあるが、ひとまずは先方の誠実な?謝罪を受け入れ、今後の対応を考えねばならない。

今回の謝罪報告の中でK教育長より、今後の対応について簡単な素案が提示されたので記しておきたい。

つまり作品移動はせず、設置現場である三浦ふれあいの村の設置エリヤに安全対策を施し、作品変遷のいきさつなどの説明などを添えて、継続して子供たちの教育資料としてはどうかとの提案である。

これに対し、私の方からは今回の問題を平面的にとらえるのではなく、より立体的に「不幸中の幸い」と捉えて更に発展的なものとしたい旨を伝える。

設置当時の時代状況(バブル後期)とその後を鑑みれば、操り人形を支えていた鉄製支柱が激烈に腐食破損してしまったことは、バブル時代を席巻していた価値観(支柱)崩壊というその後の世相との相似形が見えてくるし、一つの時代の終焉の象徴と捉えることもできるのではないか。

幸い人形本体(鋳鉄製)は、まだ無傷のようなのでダメージの少ない新たな環境(例・川崎市生田緑地公園。岡本太郎美術館、日本民家園などがある。)と新たな発想による支柱再制作をしてはどうか?

つまり、未来志向で子供をメインにより多くのひとびとに鑑賞してらえることが希望である旨を提案したのである。(まずは、近々に現地調査が必要であろう。)

ともあれ今回の問題が、日本の中世から近現代にわたって最もドラスチックに価値観の変遷を先導し、近代化の先進地であった神奈川県から起こったということに私は注目したいのだ。

古代貴族社会から中世武家社会(鎌倉幕府)への権力体制の移動やペリーの黒船は言うに及ばず、岡倉天心が生まれ、その天心を偲んでタゴールが初来日し長期滞在した地。そして戦後は、戦後文化美術復興の象徴ともいえる鎌倉近代美術館の誕生など数え上げれば限がないほどだ。

今後展開に多少なりとも期待してしまうのは、楽観過ぎるであろうか。

この記事に

そして創造と破壊(3)

イメージ 1


−前回のつづき−

日々精進するということは、絶えず己を切り拓くということであり、世界に向かって命を開き切ることである。

そのアクションの連続の中にこそ、魔性からの解放があると私は信じている。

これは、けして難しいことではない。誰でも容易にできる事だ。

大げさなもので無くていい。ささやかで結構!

その積み重ねこそが重要である。

ところで、老婆心ではあるが、ここで読者の誤解をまねかないようにするために、魔性についての補足をしておかねばならない。なぜなら、モダンにおけるアートの創造性というものには、少なからずデモニッシュ(魔術的)という概念が大きく許容され、アートを魅惑する力として、その価値の判断基準とさえなるからだ。

その力の作用とは、驚き、感嘆、凄み、痛ましさ、など負の感情を含む人間存在を深く揺さぶる力であり、エロス(生)のみの陽性ではなく、タナトス(死)としての陰性の真実を合わせ持つ人間存在(実存)のリアリティーのことである。

それは、実存の暗き淵から、一条の光明を見出そうとする人間の究極の感情であり、英知の結晶(愛)といえるものでもあろう。

それに対して、ここでいう魔性とは、わかりやすく言えば、他者を許容しない、自己に囚われた感情であり、暗きから暗きへ進む、破壊のための感情・誘惑といえるものだ。

タゴールは言う。

目標はじつは精神の内界にあるのである。そこでわれわれが深く憧れるものは、成就の上に立脚する平和である。われわれはそこで神と出会う。神とは世界における絶えず動いている力である。神とは魂において絶えず休らいでいる愛である。
〜われわれは、力の領域においては、増大することによって成長する。しかし愛の領域においては、放棄することによって成長する。

(タゴール著作集第7巻−瞑想録243p)

この記事に

そして創造と破壊(2)

さて、過日の続きだが、仏性というものが限り無く創造的で開かれた心の状態と定義すれば、それは愛他的なものとなるであろう。

それに対して、魔性は、個に囚われ、閉じた心情に縛られ、不信や猜疑心、憎しみに冷たく焼かれた心から滲み出てくるものに違いない。だから仏道では、最初に煩悩からの解脱、個に囚われない事を説くのである。

しかし、この両極を日々往復しているというのが、偽らざる我々の日常ではないだろうか。要は、どちらのベクトルに己のスタンスを置くかということだろう。

私の願いは、前者にあるのは言うまでもないのだが、後者の誘惑も侮れないのである。その為にも日々の止観、制作が欠かせないものとなる。つまり精進を忘れないということだ。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

私は、日々止観することを行とする者だが、今日は、ふとこんなことが思い浮かんだので、ありのまま記録しておきたい。

誰にでも仏性があるように、アートする心はある。しかし、それは、誰にでも破壊への衝動があるように魔性を共存させているということだ。アート、創造性のみを追求できればこんなに目出度いことはないのであるが、常に反対のベクトルが働いている。それは、認めたくないかもしれないが真理なのである。そして、それが人間という種、動物の宿業でもある。

ところで、我々のこの宿業からの救済は、果たして可能なのか?、、、。
これは、重いテーマである。

ただ、私自身が言えることは、私を含めて個々の人間の努力にかかっているということだけは、確かだろう。どちらを選び取るか? それが問題だ。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

イメージ 1
イメージ 2

TAUE PROJECTは、人類の文化・文明というものを、その発生源である農の現場ローカルから、アートを通して参加者と共に考える、というアートプロジェクトである。
今回のトリエンナーレのテーマが”The City"ということだが、これは願ってもない興味あるテーマなのだ。

ご存知のように都市(City)というものは、様々な産業活動の場であると同時に多数の人々の生活の場でもある。都市生活(City Life)が正常に機能するためには、そこで生活する人々の生命を支える衣食住、中でも安心安全な食というものがまず必要不可欠となるだろう。この安心安全な食の供給を担う生産現場がローカルなのである。

つまり都市(City)が正常に機能するためには、ローカルが正常に機能していなければならないということであり、都市(City)とローカルは強い相関関係にある。どちらが優位にあるというものではなく、イコールなのである。

その意味で、都市(City)の問題を考えるときは、よりシンプルなローカルの問題を考えることが、不可欠だ。
つまり私が長年、農の現場で問うてきたことは、即都市(City)の問題でもあるということなのである。

この記事に

イメージ 1

<私の芸術家像>

芸術の道に精進する者にとって、その道で生み出された作品が金銭という代価に変えることができても、できなくても、その者の精神の信ずるところから生まれ出たものは、芸術であり、その者は芸術家である。

例えば、西洋では誰でも知っているであろう天才レオナルドやミケランジェロは、その才能で身を立てることができた。では、バン・ゴッホやモジリアニはどうであったか?二人とも情熱的に生きたが生活困窮者であった。存知のように、生前は作品もほとんどうれなかった。しかし、芸術で身を立てることは出来なかったが、その生き様は悲劇の天才芸術家として後の芸術家や美術を愛好する多くの人々に、深い感銘を与え続けている。
上記4名は、私が芸術の道を志す動機となった人々でもある。

日本ではどうか? 日本には芸術家という概念が明治以降の近代の所産であるので、そのままイコールではないのだが、一応、中世の仏師運慶・快慶や近世の絵師宗達・光悦を例にとれば、彼らは、その道で身を立てることができた。しかし近現代の苦難の画家として名画を残した佐伯祐三や田中一村の境遇を思うとやり切れない憐憫を感じてしまうのである。

このような芸術家のおかれた境遇が時代によって差異が生じてしまったのには、分析すれば、それなりの理由がある。それは、近代以後の思想や社会の制度の中に最初から解決できていない矛盾があるからなのだ。つまり、象徴的に言えば18世紀末のフランス革命以後の個人の在り方と社会の在り方が洋の東西を問わず、大きく変容してしまったということだ。どこまでも自由を求める近代的自我の目覚めは、勢い感性の優れた芸術家ほど自己中心的な生き方にシフトしてしまい、公的な社会との関係性を築けないまま流され自滅してしまうということになりかねない。一方公としての近現代社会は古代・中世社会にあった絶対的権力というものが瓦解して、文化をパトロネージする存在やシステムが壊れてしまっているので、既成の枠に収まらない芸術家に対して、かつての度量のある擁護ができなくなってしまったというのが真相なのだろう。
以上のことについては、まだまだ粗い考察に過ぎないが、自分自身の問題でもあるし、誰かの役に立つこともあるかもしれない。継続して考えて行きたいテーマである。

ともあれ、現代を生きる芸術家は、社会に過度の期待するのではなく、自らの知恵と力と情熱で、忍耐強く社会に向かって発信し、関係性を構築し、変容させていく。それぐらいのパワーを持ちたいものである。

この記事に

イメージ 1


先日、ネパールでのアートプロジェクトをすべて完了し、無事帰国した。人はいざ知らず、私にとっては、一世一代の大仕事であった。いろいろな意味で感慨深いプロジェクトであった。
ちょうど一年前の今日、母と今世の別れをして、一年がたつわけだが、今もその愛を感じているというのは、感傷的すぎるであろうか?
 ともあれ、今は少し冷静な気持ちになって過去と向き合える気分になっているのである。そんな時、昨晩ふと書棚に目をやったら、田植プロジェクトを始める動機を綴った一文に目が止まった。「”現代の美術界についての一考察”1992.2」とある。ちょうど20年前の文章で、やや声高で稚拙なマニフェストという感を免れないが、今回はこの一文をここにきちんと清書しておきたいと思う。このような思いに至った動機は、植木雅俊著「仏教学者 中村元」を読んだせいもあるかもしれないが、前々からため込んでいた他愛のない備忘録をキチンと記録しておきたいという思いがあったにも関わらず、さぼっていたというのが正しいだろう。今回そのレージーな性格をこの本が鼓舞してくれたと言う訳だ。

ー1997年2月メモー”現代の美術界についての一考察” (セツ・スズキ:マニフェスト)

「近代以後、現代までの美術の世界は、社会の現状にあまり関心を払ってこなかった。あくまで個を主体とする世界だけに注意を払い、政治的、社会的問題には目を向けようとはして来なかった。(それは、古の祭祀や宗教的なものの衰弱と軌を一にしている)特に日本ではこの傾向が強い。
 表現の世界が社会の安定、平和、人権の尊重という基盤があってこそ、成り立っているものなのに個の殻の中に閉じこもって夢想や観念に終始する者があまりに多い。
よくも毎日、激流ともいえる情報が流入してくるというのに、やれ色彩がどうだ、形がどうだ、空間がどうだ。と言うだけで終わってよいはずがない。少なくとも私はそうありたくない。声をあげて社会の真の現実、構造実態を身をもって告発し、何らかの現状打破への動機を作りたいと思う。
 また、美術(アート)を受け入れるシステムの側にも問題はある。それは多分に営利と関係していて、この国の美術産業、企業のPR事業であるメセナにしても、社会的なこと、政治的なことには弱腰ですぐダンマリを決め込んだり、無視、毛嫌いする。アンガジュマンという言葉があるが、今こそ多くの知識人と称される人々は具体的に動くべきなのだ。単なる観念だけの思想家や評論するだけの批評家では、もはやこの国の現状を好転させる力とはなり得ない。
 今最も大切なことは、自律した精神が社会の現状と切り結び、問題提起し、覚醒したポジティブな人間のネットワークを作ることなのだ。一人の人間の力は、微弱であるが目覚めたる一人と一人が出会い、共鳴し、より大きな波動となって現実の重い扉が開かれんことを願う。」

次回:田植プロジェクトの動機

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事