トゥデイのブログ

「今日のブログ」ではない。 トゥデイはハンドルネーム。アニメ映画などの感想を綴るブログ

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

とある映画ブログにトラバをするのです。
数少なく、邦画ばっかですが、一応。
1 ザ・マジックアワー
2 パコと魔法の絵本
3 K−20 怪人二十面相・伝
4 容疑者Xの献身
5 L change the world
たった5つかよ…
もっと観たかったなあ。取りこぼしがたくさん。
まあ、今年ガマンすれば2010年にはもっとたくさん観られるようになる!
ではでは。

開く トラックバック(6)

本当にお久しぶりです。トゥデイです。
昨年はとうとう8ヶ月も放置してしまいました。すみません。
今年はまた忙しくなりそうですが、ちゃんと更新します。よろしくお願いします。
なんか2008年は、妙に記憶や印象が空っぽなんですよね。何でだろ。
印象強いテレビ番組を思い出そうとすると、一気に2007年に飛んでしまう。
それに溜めた末に観るのをやめてしまった作品がいくつかありました。ドラマもアニメも。
今年はもっと楽しい年になりますように。他いろんな意味でも充実した年にしたい。
まあ夏ぐらいから重大すぎるイベントが待ってる訳ですが。頑張ります。勉強。成績今ヤバいからな。

さて、先に言っておけば書けると思うので、予告しておきます。

1:大晦日に観た映画「怪人二十面相伝」の記事
2:1の原作者、北村想の本「少女探偵夜明」の記事
3:2月に、「獄・さよなら絶望先生」の記事

ではでは、今年もよろしくお願いします。

3クールたっぷり楽しませて頂きました。
DLE最高!
FLASHで作ったテレビ番組という事で、ファイテンションデパートからずっと観てました。
スクールが始まると知った時は、マジで嬉しかった。
そして、序盤から思い返して見ると、いろいろありましたねえ。
メインが土管くんからはなけろになり、いろいろ新コーナー始まり、テーマ曲変わり。
筋肉学園も内容に合ってていいけど、1クール目でだけ流れた「bingo!」と「蛍火」も良かったなあ。

ではコーナー別の総評。

土管くん
2クール目からは短くなっちゃったけど、楽しかった。3クール目は「ネコべん」の後継みたいになってたなあ。まあ、フロッグマンさんが映画やOVAで忙しかったのもありますし、仕方ないですか。
かくざ父さん
やたらスケールでかくなったり、楽しかった。サブキャラも増えたし。最後の格言は、ああ、こういう奴いたな!ってのがいて良かった。
トロ太郎
テーマ曲の方が長いと言われ続けて

早く書かなきゃな。

3クール、とても楽しかった。

ああ、これも宙ぶらりんか!

まずは今回の話から。サブキャラ総出演で、まさにカーテンコールって雰囲気でした。お祭りですね。
プリンと話す時のバルダとか、推理しようとか言い出すファーディープ、ジャスミンの妄想にツンデレジャスミン、とにかくキャラを活かす小ネタ満載で楽しかった。
グラソンの性格がエピローグから随分変わって楽しいキャラになりましたよね。
妄想だけど釘宮さんも出てきて凄く嬉しい。
でもどうせならトムも出して欲しかった…

個人的にファーディープ結構好きなキャラなんですよ。ゲーム好き設定を凄く活かしてくれて最高でした。こいつ、かつてマザーブライトリーに経営していた店を乗っ取られた事があるそうです…

話の方も、大事な出来事の前のドタバタ、というお約束。ほのぼのあり、ラブコメ?ありで楽しかったし、最後の即位式のシーンはhalogenさんも言っていた通り今までを思い出すと感慨深い。
で、ナレーションで締め。エンディング曲と共に映像流すとかなくて、いつものタイトルバックで終わりました。
まあ、スパッと終わらせるのもいいですね。


ではここから総評。
原作を持っていたので、観始めたこの作品。
てんちょさんも観ていたということで、随分ハマりました。
というか、このブログ、この作品の感想の為に作ったような物ですよ。


毎回毎回、原作に忠実でありながら所々アレンジを加え、また活字では分からなかった所もきっちり描き、
また映像で映えるようダイナミックな変更もあり、
サービス精神旺盛で、
原作読者でもたっぷり楽しませて頂きました。
オリジナルキャラもいたし。
5クール目からは大好きな脚本家の竹内利光さんが参加してくれて、大変でした。

そして何より映像美!
動きまくるキャラ達、綺麗な背景、
カメラワーク、様々なダイナミックさ溢れる演出、
CGのモンスターとセル画の見事なシンクロと、
ひたすら話を盛り上げるカッコいい映像は最高でした。

そしててんちょさんの指摘で意識して見てましたが、
色彩設計一瀬美代子さんによる「一瀬色」。
某動画配信サイトでも「背景が綺麗」とよくコメントがありました。
おれは普通の屋外より洞窟の中とか、舞台的な照明の方が好きでした。
魔物の洞窟での紫の照明とか、恐怖の山でのオレンジ色の照明とか。
とにかく蛍光色が綺麗過ぎました。

とにかく、本郷監督、シリーズ構成の横谷さん、一瀬さん、脚本家の皆さん、キャスト全員、
とにかく全スタッフのみなさん、
5クールたっぷり楽しませていただきました!ありがとう!すごく楽しかった!
またこのスタッフで何か作ってくれることを楽しみにしています。

開く トラックバック(1)

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事