すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

全体表示

[ リスト ]

 
 
狭い道を上がりきったところに貯水池が2つ並んでおり、その周囲はフェンスが張り巡らされていた。
画像では入りきらないので、3枚に分割して撮影している。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
貯水槽の内部はどうなっているのだろうか…
すぐ裏手は山になっているので、斜面に登れば眺めが効きそうだ。
 
私がデジカメを持って斜面に上がろうとしているとき、この貯水池の裏手にある家の住民が庭から不思議そうな顔をして様子を眺めていた。
取りあえず私が不審者ではないことを明かす必要がある。それと同時に、もしかしたら有力な情報が聞けるかも知れないとも思った。
 
挨拶し、さっそく聞き取り調査してみた。
年配のその女性は、庭仕事をする手を休めていろいろと答えてくれた。
 
 
まずこの設備の正体だが、宇部興産(株)の窒素工場に用水を送るための貯水槽ということだった。宇部興産メンテナンスの管理下にあるというだけで、さすがに常盤用水路との関連性はないらしかった。
 
女性はこの地へ移り住んで20年くらい経つということで、この貯水槽は引っ越して来たときから存在しており、今も現役で使われていると証言してくれた。ときどき興産関連の作業員がメンテナンスに来ていると言う。
この貯水池の水が窒素工場へ送られることは知っていたが、何処から水を採っているかは分からないということだった。
 
常盤用水路を思わせる注意書きの立て札があったが、どうやら単に流用しただけのようだ。実態はどう見ても貯水槽であり、構造的にも常盤用水路特有のバック(逆サイホンによって斜樋から用水を受ける小井戸)とは言えまい。
 
 
その他、一連の会話から次のような情報を頂くことができた。
 
 
「市内でも今はここを知っている人は少ないと思う。タクシーで帰るとき、最近では『上条にある興産窒素工場の貯水槽』と説明しても分かってもらえず、『中山の浄水場ですか?』って聞き返されたりする。」
「貯水槽は常に今みたいに溜まっていて、水を落としたのを見たことがない。」
「何年か前に台風で大雨が降ったとき、貯水槽の水が溢れて下の市道側に流れたことがある。」
「石垣の間から用水が漏れて噴き出したことがあった。その後石垣の隙間を詰めるなどして部分的に補修した。」
 
 
いつもはカバンに入れないのに、何故か今日はメモ帳(しかもまさに宇部興産のロゴ入りの)と鉛筆を持参していたので、聞き取り調査のメモに大いに役立った。
 
 
一度顔を合わせて話をしておけば、また後日ここへ来るようなことがあっても不審には思われないだろう。
その女性に一礼し、再び今度は臆することなく裏山へ登って撮影した。
 
 
斜面から見下ろすように撮影。
小屋と貯水槽の間に小さなコンクリート構造物があるが、この用途は分からない。
ネットフェンスに有刺鉄線はないものの近所に家が近くさすがに越えてまで調査しようとは思わなかった
 
イメージ 4
 
 
忘れずに全体を収めるパノラマ動画撮影もしておいた。
 
 
 
小屋はかつては誰かが常駐していたかも知れない。
現在は入口のドアも窓も壊され、物置小屋のような感じになっていた。
 
イメージ 5
 
 
水槽は地面から50cm位の高さまでコンクリート壁が築かれ、タラップが取り付けられている。
 
イメージ 7
 
 
貯水量を示すスケールと内部昇降用の足場。
水深ゲージは3.5mを指していた。20m×15mの貯水槽2基と考えれば、2100キロリットルの呼び貯水量ということになる。
 
イメージ 6
 
 
貯水池の外には送水用のものと思われるバルブがあったが、閉栓されているようだ。何ヶ所かこのようなバルブが見受けられた。工場側の用水需要に応じてバルブ操作しているのかも知れない。
 
イメージ 8
 
 
 
この貯水池のすぐ横がフロンティア大学の裏門に隣接している。
その進入路からも貯水池が見える。ここにもお馴染みの看板が立っていた。
 
イメージ 9
 
 
 
これほどの規模があるから、現役使用されているとは言っても貯水槽の水は押し黙ったように動いていない。水は緑がかっており、溜まり水のようにも見える。工業用だから極端に悪化していなければ、水質は問われないのだろう。
 
 
設備の正体は判明したとして、小さな疑問が残る。
 
(1)どこからポンプアップしているのだろうか?
(2)どうしてこんな高い場所へ貯水槽を造ったのか?
 
こんな高所に貯水槽があるなら、動力を使わなければまず水を導くことは能わない。しかしこの近辺にそれらしきポンプ室は見当たらなかった。
 
 
用水の確保先は、普通に考えてもこの北側にある中山分水槽からと想像される。施設の古さから言っても、厚東川1期導水路とは別に独自の導水路を引っ張って来ているとは考えづらい。
しかし可能性は一応あるかも知れない…末信に常盤用水路関連とは独立したポンプ場があるのが気になっている
 
昔からある設備なら、尚更のこと動力を使うにしてもなるべく消費エネルギーが少なくて済む方法を考える筈である。貯水槽の近くギリギリまで自然流下させ、そこからポンプアップした方が消費電力は小さい。企業局の持ち物である中山分水槽の施設を借りているとも考えられるが、そうなれば貯水槽まで用水を押し上げる電力がかなり必要になる。
 
そもそも、厚東川1期導水路は中山分水槽から先を中山川を逆サイフォンで渡り、フロンティア大学の敷地内直下を隧道で経由して平原配水槽へ自然流下し、現在も工業用水を供給し続けているのである。どうして窒素工場の使用分に限り、独立して上条のこの場所まで用水をポンプアップするのか意味が分からない。
 
 
注水口および取水口が分かれば、用水の経路が判明する。その経路上にポンプ室など手がかりになるものがあるかも知れない。
私はじでんしゃを押しつつ、この貯水槽の周囲を巡ってみた。
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

あ〜ゼンリンでここも怪しいと思ってたら・・・
「バック」の文字に惑わされた〜〜

2010/4/28(水) 午前 9:11 [ - ] 返信する

アバター

あの看板は完全な「借り物」でした。
同じものを沢山作っていてストックがあったから流用したんでしょうね。

「昔、夏場に忍び込んでこの貯水池で泳いだ…」なんてドーカン坊主が居そうな気がしますね。
(市道の聞き取り調査で子どもの頃に中山浄水場の沈砂池で泳いだって話を聞かされたことがある)

2010/4/28(水) 午前 11:08 sta_vanilla 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事