すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

全体表示

[ リスト ]

知ってしまったからには、握りつぶしておくわけにもいかないので…
かなり汚い写真なので、食事時には見ないことをお勧めします。人によっては結構ショックを受けるかも。

---

撮影は8月4日です。
相変わらず暑く、そうかと思えば急に曇ってザーッと通り雨に見舞われる熱帯雨林のような天気でした。
瓜生野方面に向かう便があり、宇部丸山ダム関連の追加写真を撮る必要があったのでダム上の公園に立ち寄りました。

そこで目にしたものは…
今まで見たこともないほどの酷い水質悪化でした。

堰堤付近で藻が大量発生している。

イメージ 1


水位はまだ比較的高く、去年の夏より貯水率はまだ幾分余裕があります。しかし傍目にも水質が悪く、緑色の藻が一面に浮いています。波紋だけを見るとまるで砂が堆積して陸地になっているかのようです。

イメージ 2


ダムの堰堤付近は通常、一番深い場所です。この辺りなら最大で水深15m近くあるはず。しかしその一角にまるで陸地のように堆積した部分ができていました。

これはかなり酷い。
ゴミではなく流木ですが、藻が溜まりまくって如何にも汚い。

イメージ 3


近くから撮ろうと堰堤に向かいました。
撮影位置を変えたことで新たな発見がありました。

イメージ 4


魚が死んで浮いていました。
酸欠でしょうか…

イメージ 5


堰堤には金網が張ってあり、真下を移すのが難しい状況です。
金網の隙間にカメラのレンズを押し込みました。

イメージ 6


一部しか写っていないけど近くからの映像。
何故かここだけ流木が大量に集まって島のようになっています。藻の発生も酷い…幸い悪臭は感じられませんでした。

イメージ 7


水位はそれなりに高いのにこれほど水質が悪化しているのは、最近の異様に高い気温が原因ではないかと思います。あと、富栄養化という要因もあるのかも…去年の水位低下時には、岸辺にタイワンシジミが異常発生し、打ち上げられたシジミの死骸で至る所悪臭を放っていました。

他の場所でも岸辺の浅い場所や流れのない所で同様になっていました。

イメージ 8


どうにかできないのかと思うものの、恐らくどうしようもないと思います。
気温が下がるか、雨が降って充分に薄まるのを待つ以外ないかと。

広大なダム湖のことです。吸引器付きのボートを繰り出し、汚い藻の広がっている部分を回収するなんて途方もないし、汚い水の混じった藻を何処へ捨てるものやら…見た目を一時的に綺麗にしてもまた元に戻ってしまうでしょう。
水質浄化装置は以前から稼働しています。湖面を観察していると、至る所で円形に水が沸き上がるのが見えます。今やその程度では追いつかない状態になっているということです。

宇部丸山ダムは工業用水確保を主な目的とするダムなので、この水も上水道の原水となります。宇部市民は広瀬で採取された厚東川の伏流水や小野湖から導かれる工業用水に原水を求めていますが、取水塔から有帆方面へ送られる原水に頼る山陽小野田は影響が起こり得ると思います。
厚狭川系の水もあるので丸山ダム湖の水すべてが飲料に回るわけではない

もっともダム湖全体の湛水量からすれば汚れた部分は僅かですし、臭いや異味がでないよう上水になる過程で多くの処理が施されます。しかし更に水質が悪化するなら「水道の水が臭い」などという問題が起こるかも知れません。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事