すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

全体表示

[ リスト ]

この記事の公開後何ヶ月も経って検索などによりご覧になった方は別として、今の時点で「まんだらけ事件」と言えば何のことか察しがつくに違いない。実際はそんな固有名で呼ばれてはいないものの、人々の意見が真っ二つに割れた象徴的事件だった。
 
そしてつい先ほど、万引きや顔写真晒しとは全く異なるが、論点が本質的に同じある事件の記事を目にした。ニュース記事は一定期間経過後削除されるがリンクを貼っておく。
 

児童公園で餌から有害物質=猫の連続不審死に関連か―東京・大田

公園で猫が次々と不審な死を遂げた。近くに撒かれている餌を調べたところ、容易に手に入る毒物が検出されたという。単なるネコを弄ぶためだけの愉快犯の可能性もあるが、我が物顔で歩き回り臭い糞を散布する野良猫に業を煮やして、駆除しようと誰かが毒入り餌を置いたと考えられなくもない。
後述の議論では犯人がその考えから毒入り餌を置いたと仮定して記述している
 
「まんだらけ事件」と同様、この事件に対しても読者のコメントが多く寄せられている。その意見を俯瞰すると、不思議なことに「まんだらけ事件」は企業の犯人顔写真晒しを肯定する意見が大勢であり、ネコの事件は動物虐待だという声が割と多い。
 
先ほど、この二つの事件が本質的に同じ(かも知れない)と述べた。その共通点は、ある権利侵害を受けた人間が、権利回復および報復目的で自らが反撃行為に着手するという形に言い直すことができる。
 
そこまで問題を整理した場合、「万引き犯が特定できたから顔写真を晒すと警告を行う」「花壇に糞をするネコが特定できたので毒入り餌で殺傷を試みる」という行為になる。そしていずれのケースでも、読者コメントや心情とはまったく無関係に正解は決まっており、即ち「反撃行為に出るのは基本的に違法」である。
 
この国の法体系では、ごく限られた例外を除いて権利侵害があった場合でも自ら反撃のための行為に着手することを認めていない。かならず司法手続きを通すことが求められ、こうした自救行為」は明確に否定されているのである。
 
しかしネット上の読者コメントをみると、そのことを理解していないのか、感情論そのままの意見にあふれている。心情的に理解はできても、私はこういった反社会的な意見が集結し、それが世論の標準的意見などと見なされかねない兆候に脅威を感じるし、誰しも感じるべきである。ややもすれば、このような違法行為に対処する行政機関(即ち警察だが)の行動力不足や信頼性の欠如故に、人々が「やられたらやり返す」の考えを容認する方に傾いているのかも知れない。
 
ネット上のコメントなど読者の脊髄反射の成せる業そのものであり、信頼に値しないという目で見られるなら問題ない。正解は先に述べた通りである。「みんながそう言っているんだから正しいのでは」などと、自力救済行為容認に傾いてはならない。
 
自力救済が普遍的になったらこの国はどうなるか…誰しもが自分の権利を強く主張し、あらゆる瞬間にそれが少しでも侵害されたと感じるなら誰もが持てる力を駆使して回復行為に着手するだろう。あなたがすれば、隣の人もそうする。私が自力救済行為を否定しようが、現に侵害されるなら当然自分を護ろうとするだろう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事