すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

全体表示

[ リスト ]

地元ネタですが、当局に再三申し入れしているにもかかわらず一向に対処されないので、そろそろ本気で実態を晒そうと思います。

不適切な動作をする信号機を放置しているため、道路渋滞が酷くなっているにも関わらず一向に対処されない場所があります。具体的な場所はここで、主要な市道が国道へT字に交わる場所の一つ手前です。

この市道は浜バイパスと呼ばれ、元来は国道190号のバイパスと位置づけられていました。しかし全通のめどがたっておらず市道へ格下げされています。そのため交通量は半端無く多く、終点の藤山交差点は県下一の交通量をもつ交差点として知られています。T字路にあたる西梶返も夕刻時は慢性渋滞状態です。

さて、T字路の一つ西側で古い道が横切っており、元々の道の往来を保障するためか押しボタン式信号機が設置されています。

この場所の押しボタン式信号機について、必要性に異議を唱える積もりはありません。こんな交通量の多い4車線道路を歩行者が安全に渡れる訳がない。それ位に交通量が多い場所です。しかし…押しボタン式信号機の動作が如何にも悪い。ボタンを押せば即座に反応し、前後の信号機や交通の流れをまったく無視して横断リクエストに対処しているのです。

どれほどドライバーに忌々しい状況を提供しているかは、以下のシナリオ通りです。
国道へ出る信号機は青です。それにもかかわらず押しボタン式信号機が赤のため、たった一人の横断者のせいでここで塞がれてしまいます。
しかもよく見ると自転車に乗ったままで渡っている…これは押しボタン式信号機の不適切な使用方法なのでやってはなりません[1]

イメージ 1


横断者が渡り終えたところ。
道幅のある場所の押しボタン式信号機なので、すぐには変わりません。そのうち前方のT字路の信号は殆ど有効に働かないままやがて赤に…

イメージ 2


撮影は交通量のやや少ない昼過ぎなので幾分状況はマシでしたが、夕刻ラッシュ時には殺伐としてきます。たった一人の人間の不定期な横断要請のために、市道は十数台の車が足止めを喰らわされます。この場所で停まり、先へ進めばT字路の信号も赤に変わったばかり。そこで右左折すれば国道筋の信号は概ね連動しているのでまた信号待ち…急ぐときでなくてもこのテンポの悪さにはまったくイライラさせられます。

歩行者は大事ですが、車だって同様です。誰が車社会を否定できるでしょうか。これほど酷い状況が一向に改善されないので、最近は自分で対処するドライバーが目立ちます。国道T字路の信号が青なら、押しボタン式信号機が黄色に変わった程度ではどの車もまず停まりません。赤でも前が通れば自分も突入…そんなのは日常茶飯事です。ドライバーにとっては「何でたった一人の奴の横断のせいで停まってやらねばならんのだ?」とでも言いたげです。もうむちゃくちゃ。

何がいけないのか、何をどうすれば良いのかはまったく自明です。赤で突っ込む車は明白な違反だし、かと言って邪魔だから押しボタン式信号機を撤去せよとも申しません。国道に準じて押しボタン式信号機を前後の信号に合わせた連動状態に修正せよと言っているのです。歩行者は「押しボタン式信号機を押したのに変わるのが遅い」などと文句を言ってはいけない。車も正当な交通整理を行っている信号を無視してはならない。ところが現状は市道の通行需要の重みをまったく勘案せず、完全に横断者偏重状態になっています。

数年前、歩行者・自転車に関する会合で交通課長と接触する機会があったので本件について尋ねてみました。「この押しボタン式信号機を連動設定にしないのは、国道ではなく市道だからですか?」と。実際はそうではなく、交通実態に合わせて設定していますとのことでした。市道でも実態に応じて変更する用意があると。

それで私はこの場所を例示し、非連動の押しボタン式信号機のせいで市道の流れが悪くなっていることを指摘して横断者・車の双方に公平となるような信号機動作の設定をお願いしますと上申しました。しかし現在もまったく変わっていません。

この市道には他にもいくつか押しボタン式信号機があります。アルク琴芝店前の押しボタン式信号機も同様で、押せば琴芝通りの信号機とはまったく無関係にすぐ反応するためドライバーからは大変に嫌がられています。しかし不思議なことに、県道琴芝際波線以東の押しボタン式信号機は同じ市道にありながらどれも早い時期から前後の交差点を考慮した動作設定になっています。まったく訳が分からない。どうして交通量が同じ市道なのに、非連動の押しボタン式信号機を残したままにしているのでしょうか。これはもう業務怠慢とも言える状況です。

なべて訳の分からない無駄な信号機が多すぎです。今朝のこと、こんな記事を見つけてきました。

勘違いしやすい信号機 各地に


これは酷い。もう論外です。何故こんな信号機設置が認可されたのかそっちの方が疑問になるレベル。

記事の中に「両方に信号機がつけば事故はなくなると思います」という、ハッキリ言って愚かな意見があります。まあ、確かに事故は減るかも知れませんが、一般には多すぎる信号機は交通渋滞を引き起こします。他に道があれば迂回を考えるし、いつ通っても流れが悪いなら、ドライバーはその道を避けて狭い裏道を通ったり先述のような自救行為的な運転をするでしょう。信号機の付いた場所が安全になることが保障できないばかりか、他の場所まで危険を伝播させるだけです。

昭和中後期のモータリゼーション隆盛期は自動車が最も偉く、車が最も効率的に移動できることが最優先の道造りがなされました。やがて道路を横断する学童の事故が増え、歩行者へ少しずつ目が向けられ始めました。通学路に押しボタン式信号機が取り付けられれば、地元在住民は「これで子どもたちも安心して登下校できるね」と喜んだものです。
しかし遺憾ながらそれは昭和の話です。平成の時代、もっとインテリジェンスの感じられる交通整理を行うべきです。歩行者・自転車・車の何処にも偏らない公平な交通整理をお願いしたいと思います。

---

【追記】(2015/12/15)
この信号機は12月10日頃に通常時は黄色点滅状態となるように変更されています。西梶返交差点との連携がとれているかどうかはまだ観察していません。

1. この場所も含めて多くの押しボタン式信号機には、ボタンの近くに「歩行者専用」というタグが取り付けられている筈です。このような場所で押しボタンを操作し道路を渡りたいのなら、自転車の場合は降りて押し歩きし歩行者扱いとなることが必要です。自転車に乗ったままでボタンを操作して横断歩道を渡るのは押しボタン式信号機の不適切な使用です。
先にボタンを操作した別の歩行者が居たために車道の流れが停まったのを見計らって自転車で渡るのは問題ない

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事