すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全266ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久し振りに新規記事を作成します。

最近は記事作成もレスポンスもありませんが、月に数回程度ブログの巡回チェックのみを行っていました。このためYahoo!ブログ終了のアナウンスは把握していました。そして終了まで既に残り半年を割っています。

一昨日(25日)より、取りあえず当ブログのうち重要度の高い書庫からローカルPCへ保存する作業を行っています。現時点で非公開を含めて2,170件のブログ記事があり、ページ単位でHTMLファイルとしてダウンロードしています。

移行ツールを使って指定された4つのブログ運営会社のうちの一つにブログを移動できるようですが、今のところ移行するかどうかも決めておりません。多くの人がFacebookやInstagramのようなSNSに活動の軸足を移しており、ブログを再構したところでどの程度の閲覧需要があるか不明です。当ブログのローカル書庫にあるような題材は、既に有償ホームページスペースへ保存することにしているので、他社のブログへ移行したとしてもローカル以外の話題を書くことになるでしょう。

冒頭に書いたように、現在はYahoo!ブログでの投稿はもちろん他利用者のブログの閲覧も行っておりません。未承認のまま放置されたコメントや、承認制以前のコメントで返答を行っていないものが多数ありますが、甚だ勝手ながら過去の古いコメントには改めて対処はいたしません。ご了承ください。ただし久し振りにブログを観に来たのにコメントができる場所がなく困惑することを想定して、ゲストブックの表示を再開しています。

私自身と言えば、一部の方は既にご存じのように、郷土を舞台としたさまざまな「物件」を映像とドキュメントで記事化する専門的活動を行っています。それらの成果はホームページに記録していましたが、後に広告表示が入らない有償スペースに移行しました。物件の一部は地方紙で配信され、番組での放映も行われています。しかしそれ以外の私は殆ど昔と変わっていないと言えるでしょう。

初期に作成した記事は未だに当ブログにのみ保存されており、ブログ終了までのデータ抽出が急がれます。今後は断続的に作業を進めつつ、投稿が可能となる8月頃までは大きな変化がありましたらこちらで案内いたします。

開く コメント(0)

※ 同じ内容をFacebookページ側で配信しています。

昨日あたりから当サイトのホームページ(http://ubemaniacs.main.jp/)へアクセスなさった方は、次のようなエラーで表示されず当惑なさったことと思います。

403 Error

現在、このページへのアクセスは禁止されています。
サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。


これは、当サイトが利用しているホームページスペース運営会社への利用料支払いがなかったため、退会とみなされアカウント停止されたことによるものです。昨日のこと「入金がないためアカウントを停止しました」のメールを受信することで初めて気付きました。

当サイトは運営会社と年単位で契約しており、契約更新期が近づくと案内メールでお知らせが届きます。去年まではその案内で契約期限切れ前に2度ほど更新手続きを行っています。しかし今年は何故か案内メールが届かずいきなりアカウントを停止されました。

調査したところ、運営会社側は期限切れの前日まで案内メールを配信していたものの、メールソフトの不具合でそのすべてを勝手に迷惑メールへ仕分けされたため気付くことが出来なかったのが原因と判明しました。何故か契約解除の通知メールだけが正常に配信されたため、慌てることとなりました。

イメージ 1


当サイトを終了する意図など毛頭ないので、案内にしたがってただちに契約更新手続きを行いました。それでも入金確認できるまでは(郵便の電信手続き上)数日かかるため、暫く閲覧できない状態が続くと思われます。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

同一会社からの配信なのに案内メールがスパム扱いされ、契約解除通知のみ正常受信される理由がまったく分からず、現在運営会社側にも調査依頼しています。

なお、使用しているメールソフトは Windows Live Mail の後継となったOutlook ですが、当初から不具合が多いのが気になっていました。送信した筈のメールが相手に届いていない、設定変更を行っていないのに今まで受信できていたメールをスパム判定して迷惑メール分類するといった報告もあり、利用なさっている方は注意が必要と思います。

---

FBページはこのブログどころではない閲覧数があるので穏当に書いたが、契約更新のような重要メールの受信をOutlook如きに任せたのがそもそもの誤りだったと断言したい。これは近年ないほどに酷く出来の悪いソフトであり、以前から告発記事を書こうと思っていた。後で詳細を記事化する予定である。

開く コメント(0)

バスタオルや足拭きマットは使った後は湿っているため、キチンと乾かさないとすぐカビが出てしまいます。

安くて同じものがすぐ手に入るなら、買い換えるのが一番です。しかし結構お気に入りで簡単に手に入らないから大事に使っていたのに、カビが出てしまったなら何とかしたいと思うでしょう。

殖えてくるカビは黒いのでとても目立ちます。使うたびに気になってるけど棄てるのは惜しい…という場合の、最後の手段を見つけました。

我が家の足拭きマットです。
そんなに高いものじゃありませんが、吸水性と風合いが良く色も結構好きなマットです。けれども少しずつ汚れが溜まっていたようでした。

イメージ 1


拡大写真。足の裏が直接当たる柔毛部分に汚れが目立つし、一部は明白なカビになっています。

イメージ 2


残念ながらここまで進んでしまうと、酵素系の漂白剤では手に負えません。浸けるとジュワジュワ泡が立つので効いているように見えますが、いざ洗濯するとまったく落ちていません。そこで最後の手段、塩素系漂白剤(キッチンハイター)を使います。

そうは言ってもそのまま漬け置きすると全体がゴッソリと色落ちしてしまうリスクがあります。そこで試してみたのが騙しダマシ使ってみる方法です。

塩素系漂白剤の原液をキャップに取り、使い古した歯ブラシを用意します。

イメージ 3


歯ブラシに原液を浸し、最初の一度だけあまり目立たない部分に接触させます。

イメージ 4


接触させると、歯ブラシに含まれた原液はスッと生地へ吸い込まれます。この後暫く観察し、生地本体の色落ちが起きないことを確認します。足拭き程度の素材なら大丈夫と思われますが、染めの弱い素材だと原液をちょっと当てた途端に色落ちするリスクもあります。色落ちしないことを確認した上で、その他の黒ずみが目立つ部分にも原液を置いていきます。

「置く」というのは、液体を含んだ歯ブラシを汚れ部分にちょっと当てるだけという意味です。当てれば原液が黒ずみ部分へ吸い込まれます。手早くやりたくてつい歯ブラシで擦りたくなりますが、原液の粒子が飛散して服などに着くと色落ちしてしまいます。地道に歯ブラシをキャップに浸しては黒ずみに置く作業を繰り返します。

そんなに長く放置する必要もなく、数分程度たったら洗い流します。
足拭きマット一枚ならシャワーの水洗いで充分です。

イメージ 5


その後、脱水機にかけて干します。

乾いた足拭きマット。
いつも足を拭くときは立った状態で見下ろすのでハッキリとは分かりません。

イメージ 6


しかしよく観察すると…歯ブラシを当てた部分の黒ずみはかなり薄くなっています。

イメージ 7


黒カビが脱色されて見えなくなった状態で、恐らくは足拭きマットの素材や色素も一部抜けているでしょう。しかし色落ちした感じはありません。むしろ黒や灰色の汚れも除去された結果、元の鮮やかな色彩を取り戻しているように見えます。

これと同じ手法をお気に入りのバスタオルにも試し、目立った色落ちを生じさせることなく黒ずみの除去ができました。

塩素系漂白剤を使った衣類などの漂白は、これまでにも薄めた液の漬け置きを試しています。しかし薄めすぎると効果がなく、原液だと生地が酷く傷んだり色落ちしたりの失敗がありました。部分的に黒ずみを除去したいときには、漬け置きよりも局所的に少量の原液を短時間適用するのが確実かも。

念のため注意を。

ここで試したのは生地が厚く色落ちにも比較的強い足拭きマットとバスタオルだけです。色柄ものの薄い生地では恐らく失敗して色落ちします…とは言ってもそれらが黒カビに侵されること自体稀ですが…対象も黒カビだけで、例えば衣類の黄ばみやインク類の染みに効くかは分かりません。

それから、原液を浸して用いる歯ブラシは使用済みのものをお勧めします。この作業を繰り返すと歯ブラシの毛が漂白され、新品のように美しくなります。
。上は常用している歯ブラシ、下は作業に使った歯ブラシです。

イメージ 8


白くなったからと言って使い古しの歯ブラシを歯磨き用に再使用するというのは…さすがにお勧めしきませんが、逆に常用している歯ブラシを同様にすれば色の染み付きが取れて次回から気持ちよく使えます。

塩素系漂白剤には特異な臭いがあるので、作業する場所は換気を行うことをお勧めします。また、原液を手に付けてしまうとヌルヌルする(皮膚の表面が溶けている)ので、ただちに大量の水で洗い流す必要があります。

開く コメント(0)

ラサーナを使ってみた

※ この記事は販売元から依頼を受けて作成されたものではなく、商品を実際に使用してみた上でのまったくの自発的なレポートです。

ラサーナと言えば女性なら殆ど知っているヘアケア関連のブランドです。(株)ヤマサキが取り扱っていて、価格はかなり高いものの満足度の高い製品として知られます。特に洗い流さないトリートメントという分野では過去に売上げナンバーワンを記録しています。

既にいくつか関連記事を書いているように、私は数年前からロン毛路線を歩み始めて今や肩にかかるどころじゃない長さになっています。

イメージ 6


伸ばすからにはキチンとしたい気持ちがあったので、美髪は無理にしても早い段階から”今以上に傷ませないヘアケア”に取り組んできました。

イメージ 7


しかし何しろ既に年齢が年齢なので、若い頃と同様にはいきません。願わくば20代や30代から始めればもっと面白いことになっていたと思いますが、その頃は会社勤めでしたから男性の長髪自体が受け入れられなかったでしょう。今や時代が違うし、私自身も自営業者ですから、誰も何も言いません。何を言われようがやりたいようにやれるのが精神衛生上も重要なことは以前にも書きました。

行きつけのドラッグストアで買い物すると、しばしば渡されるレジ袋の中にいろんな試供品が入っています。野菜汁とか高麗人参茶あたり定番ですが、ヘアケア製品のサンプルも女性向けにはよく配られます。

さて、その中で最近レジ袋の中に入っていたサンプルがこれ。
ラサーナの洗い流さないトリートメントです。

イメージ 1


ラサーナはヘアケア重視の女性には定番です。しかし男性は殆ど知らないし、それ以前にサンプルを貰うことも稀でしょう。私の場合傍目にも長髪だし、お店で関連商品を何度か買っているので、ヘアケアに関心ありそうという目で見られたのでしょう。

この商品に興味をもち、別の店でサンプルをもらってきたので、洗い流さないトリートメントの試供品がいくつか溜まりました。

イメージ 2


初めてトリートメントを買ったとき、何が良いか分からないのでお店の人に尋ねたことがありました。店の方は迷わず「ラサーナがお勧めですけどちょっと高いんですね」と言われました。確かに店頭で実物を見ても他のものとは値段が違います。そのときは手頃なものを買いましたが、ラサーナがネット上のレビューで評価が高いことは知っていました。

サンプルがいくつか溜まったので、ラサーナの洗い流さないトリートメント試供品を実際に使ってみることにしました。男性で使ったことがある人ってかなりレアなのでは…そこでイメージや雰囲気に流されない客観的レポートを書いてみました。

使い方は試供品に付属するパンフレットに書かれています。
お風呂上がりの濡れた髪に毛先から馴染ませ、ドライヤーで乾かすとあります。

イメージ 3


うちにはドライヤーがありません。共同浴場へ行ったときには備え付けの物を使うものの家では常にタオルドライです。この目的で吸水性の良いマイクロファイバーのタオルを髪専用にあてています。髪が長くても女性ほどボリュームがないので、タオルドライだけで充分に乾きます。

洗髪はいつも通りに行いました。シャンプーやコンディショナーはパンテーンを使っています。これは洗髪時の香りを愉しむのと個人的嗜好の問題で、市販の一般的な価格帯のものはどれも概ね大差はないと思います。むしろ洗い方と自分の髪の地肌に合っているかの問題でしょう。
男性は女性に比べて皮脂が多いのでシャンプーは男性用を使った方が良い

髪はシャンプーだけして風呂から上がります。びしょ濡れだとトリートメントが浸透しづらくなるし頭皮が急に冷えて頭痛の元となるので、身体を拭いていつものように専用のタオルを使って髪の水分をあらかた取りました。服は着ていますが髪はまだ生乾きです。この状態で洗面所でサンプルを開封しました。

ちょっと中身を出してみたところ。
無色透明でやや粘り気のある無臭の液体です。

イメージ 4


この無臭というのはちょっと意外でした。大抵はリッチな気持ちに浸らせてくれるような香料が添加されているものだからです。香りがしないのは味気ないように思えて重要なことと思います。シャンプー・コンデ・トリートメントのメーカーがバラバラで香りもまったく異なるものをセットではとても使えないのと同じです。香りがしなければ、他のどんなシャンプーを使っていても合わせられます。

毛先から少しずつ根元へ向かって伸ばすように指先で広げました。指には体温があるので、何度も手ぐしを通してトリートメント剤を拡げている間にも乾いていきます。髪全体が完全に乾いてから暫くすると、違いが分かってきました。

・髪全体がかなりふっくらする。

これは現在使っているトリートメント(洗い流すもの・流さないもの共に)でも同様のことは起きます。度合いはやや違うかも知れない。

・髪に触ったときの風合いがかなり良くなる。

これは既に使っていたトリートメントよりもかなり明白な違いとして感じました。サンプルでもらっていたものはしっとりタイプとなっていますが、実際そのままで確かに以前よりも水分を保持しているような感触があります。元々が油状なのでベタつきそうに思えて、そんな感じはありません。あんず油を持っていて実際何度か使いましたが、それとは全く違う手触りです。ゴワゴワ感が以前より少なくなり、髪全体が改質されたかのように感じます。男性の私でもその変化を明確に感じたので、女性だったらもしかするといつまでも自分の髪を触っていたくなるかも知れない。

・2日目も同様の状態が継続する。

頭皮は脂が出るものなので、毎日シャンプーしています。私の場合トリートメントは週に2〜3回です。それで翌日はシャンプー&コンデだけ行いました。これで昨日までの効果は洗い流されると思ったのですが、前日とほぼ同じサラサラ・しっとり感が継続しました。3〜4日目あたりでこの大きな変化は分からなくなりました。

2週間くらい従来の方法でヘアケアしていましたが、昨日のこと試供品を使ってもう一度同じ方法でトリートメントしてみました。そして前回と同じ変化を感じ取ることができました。

このことから、通常のトリートメントの頻度を間引いてヘアケアを行い、ここ一番ってところでラサーナを使うという方法もできそうです。男性の目から見れば、普段は使い慣れているシャンプー&コンデとトリートメントで維持し、デートの前日にラサーナを使って勝負ヘアーなんてのもお勧めでしょうか。無頓着な男性は別として、私なら初デートのお相手の女性がロングでこんな風合いの髪だったらもうそれだけで参った参ったになってしまいそうです。

販売されている商品は、25ml入りで1,000円(税別)です。今使っている洗い流さないトリートメントは100ml入りで同じくらいの金額なので、確かにかなり高く感じます。しかし一般にはトリートメント自体毎日することもないし、更に回数を間引いて使うなら2ヶ月以上もちます。髪に現れる変化を考慮すれば、これはブランド自体で高いのではなく実力派商品と言えると思います。

というわけで、同じ商品を買ってきました。
ドラッグストア Wants でシャンプー&コンデの試供品つきです。

イメージ 5


「いいトシした男性の身で何ヘアケアにうつつ抜かしているんだ?」ってなりそうですね。まあ、殆どの男性には縁が無い商品ですので、この商品が気になっている女性向けに男性視点からレポートしてみました。

ちなみに冒頭でも書きましたように、私はリベートを受け取って記事を書いているのではなく、美容関連の仕事もまったくしておりません。純粋な消費者です。ただ、元からレビューを書くことは好きだし、今はいろんなジャンルに関して記事を作成することを生業の一つとしているので、考えをまとめる課題として書いてみました。

開く コメント(0)

市上下水道局モニターの水源涵養事業イベントで秋芳台を訪ねました。午前中保全活動を行って午後からは秋芳洞の見学でした。

秋芳洞は小学生時代以来、数十年振りです。入洞料が高くなって足が遠のいていました。秋芳洞商店街側から入洞し、エレベーターで秋吉台に出るか黒谷支洞へ出るコースが一般的です。黒谷
支洞出入口は、私の学童期はコンクリート巻き立ての素っ気ない隧道でした。今回訪れたとき、この単調な壁面が地球誕生から現在に至るまでの流れをアニメ調の描写で表現した学習空間になっていました。

黒谷
支洞出入口です。写真は帰り際に撮影しています。

イメージ 1


洞内見物を終えてタイムトンネルを歩いているところ。
マグマ煮えたぎる地球創世期から現代へ向かって辿っていく演出になっています。

イメージ 2


さて、ここまで記事の表題と全然無関係なことを書いているようですが、壁の描写を眺めて歩いているうちにそのものズバリな部分がありました。

ヒトが誕生した後、一定の居住を持つようになった時代の描写です。アニメ調に描かれているもののイメージは伝わってきます。これは家族のようですね。

イメージ 3


さて、上の絵にはお父さんが描かれていません。どうやら狩猟に出かけていたようで、次の一コマに登場していました。その絵柄を見るや、一緒に行動していたメンバーから私に向かってこんな指摘が…

「おい、お前が描かれてるぞ(微笑)」

イメージ 4


如何にも…長髪は分かるとして描写は まるでポニーテール♪

人類の歴史からすれば、男女の別なく髪を伸ばしていた時期の方が圧倒的に長いことが知られています。「男性は短く切り、女性は長く伸ばし…」が一般的になったのは近世以降のことです。
アニメの男性は長髪なのは分かるにしても、ちょっと綺麗過ぎ。髪を束ねていたのは想像つくけど、まるでシュシュで飾っているみたい。

さて、弥生人として描かれていたと言われたホンモノの私です。
ちなみに乗せられてこんな格好してるだけで、普段はおとなしめに装っています。

イメージ 5


さすがに顔の方は見せられませんが、ヒゲは伸ばさず毎日ちゃんと剃っています。髪の方は自分で毛先カットする程度です。この状態になるまで概ね4〜5年かかります。上の写真は8月の撮影なので、今はもう少し伸びています。

身体の一部なので邪魔と思ったことは一度もありませんが、実のところ手入れはかなり大変…トリートメントは当然として、日差しの強いときの外出時にはUVカット成分が配合されたスタイリングムースを使っていました。女性からヘアケアについて尋ねられたことも…

そう言えば今や Yahoo! ブログもアバターが無くなってしまったんですが、ブログトップには今でも長髪へのとっかかりとなった長髪アバターが表示されています。アバターのようなブリーチをやってみたいし止める人は誰も居ませんが、髪が傷むのが明白なので自重しています。若い女性ならまだしも、何しろもう年齢が年齢なので…ダメージ修復なんてことよりも今より傷ませないようにするヘアケアです。

開く コメント(0)

全266ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事