すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
久し振りに記事でも書いてみますかな。
最近はFBとホームページばかりなんだけど、このネタをFBに書いたらまた疑心暗鬼を生む原因になりかねないので。
言うまでもなくどなたか特定の方を意図している等ということはありませんので

---

LINEというツールがあります。名前を知っているだけで私は使っていないし、今のところは使う予定もありません。案外、自分の意向に沿った強力なツールかも知れないのですが、今は記事制作に忙しく、これ以上自分の時間を取られるものに手を出すわけにはいかないので。

LINEに対するイメージは、正直私の中では良くありません。そもそもアッチの国の人々が開発したツールって話があり、それだけでもうセキュリティー大丈夫なのだろうかって思ってしまいます。ましてここ最近あがってくるニュースときたら、ざっと読むだけでもう「気持ち悪い」と思えてくるものが目立ちます。

その代表格が例えばこのニュース記事です。

“既読スルー”ってご存じ? LINEの“既読”機能が生む悩みと回避ワザ

既読スルーは、早い話「相手が書いたものを読むだけで何も反応しない」という態度で、およそ想像される通りユーザーからは否定的なとらえ方をされています。大抵は「残念だけどまあしょうがない(ネットとはそういうものだ)」という考え方ですが、中には「冷たい」「トモダチ甲斐がない」「言語道断だ」なんて意見もあるようです。

永くネットに関わり、他のサービスを利用したことのある方なら、ピンと来るものがある筈です:「またあの問題か…」

そう、あの問題なのです。
mixiの読み逃げ。(あしあとだけ着けて何も反応しない)

mixiの場合、記事を読んだという証拠(あしあと)が残ってしまうのが諸悪の根源とみなされ、利用者の声を受けて「あしあと」機能を利用者サイドでコントロールできるよう改定された経緯があります。すると今度はあしあとを頼りにしていた利用者が「これじゃあ、私の気になるあのヒトが記事を読んでくれたかどうか分からないわ」みたいなことになり、結局すべてのユーザーを納得させることが出来ないまま現在に至っています。

早い話、LINEという新しいツールでまた古い同じ問題が蒸し返されている状況です。「あしあと」に対応する既読マークが出てしまうのを避けるために、ステルス状態で記事だけ読もうとする裏技ってことです。

mixiのときでも「あしあとは必要だ」「必要ない」に二分され答が出なかったのですから、LINEも同じ顛末を辿るのは明白です。既読マークに軽く対処する人と、神経質になってコントロールしたいって人に分かれるでしょう。だからLINEの仕様で既読マークをどのように扱うことになっても、賛否両論分かれると思います。

むしろ問題なのは、どうして自分の記事が読まれたか、そしてトモダチからの反応を気にするのかという点です。コメントなどがなければ、伝わる情報は「(取りあえず)表示させた」という一点のみです。書いた記事に興味があったのかつまらないのかはもちろん、ちゃんと読んだかどうかさえ伝わりません。

LINEの場合はある程度の親密度を持ったコミュニティーですから、多くの場合、記事の書き手はトモダチの反応を期待しています。コメントがなければ「見た」しか伝わらず、往々にして書き手が期待する反応とのギャップが生じます。しかも不十分な情報しか与えられなかった環境では、多くの人が悪い方に傾いて考えがちです。私の書いた記事がよっぽどつまらなかった、あの人は私に関心を持ってくれていない、もうどうでもいいんだ、等々…

そんな不十分な情報しか物理的に伝わりようがないネットオンリーの世界で、あの人はどうとかこうとか…妄想もいいところです。そんな儚いものに心血を注ぎ一喜一憂するなんて、私に言わせればまったく愚かしいことです。あなたのネット上のトモダチは、あなたが考えているほどあなたのことを大事には思っていません。大抵の場合、単なる生活の一部で、ほんの暇潰しくらいにしか考えていないものです。

だから私自身、別の記事でも書いているのですが、ネット上限定のトモダチなんて儚い消耗品です。よりハッキリ冷たく言えば、使い捨て同然の存在です。あくまでも「トモダチ」であって、絶対に「友達」ではない…何故なら、望む望まないにかかわらず、その関係は「アカウント停止」という、たった一つの操作で繋がっていた手は容易に離れ、相互が広大なネットの海に放り出されてしまうからです。

しかもそうなった原因は殆どの場合、永遠に分かりません。あなたがトモダチを激怒させるに足りる地雷を踏んでしまったからか、それとも単に相手がログインパスワードを失念し、どうしても思い出せないので放置しているからか…私はそんな儚い土台の上に成り立つ人間関係に心血を注ぐ人々の気持ちがまったく理解できません。偉大なる時間の無駄と思っています。

人間、本人同士会ってなんぼのもの…どうしても手を離したくない相手なら、普通はちゃんとリアルで対面し、脳内イメージにある姿と本人の実像が一致することを自身の目で確かめるものです。この過程を経て「トモダチ」が真に「友達」となると信じています。
このことは、ネット上の軽いトモダチ関係を否定するものではありません。ネット上オンリーの場合なら、残念かも知れないけどいつ相互の手が離れることになってもいいや…と思える程度の関係を構築するのがお互い幸せと言えるでしょう。

開く コメント(0)

disり系ネタなので、あちらで書かずここで書きます。「地元の事なのに批判する積もりか?」と問われれば、遺憾ながら「はい、そうです」と答えます。正しいか否かの問題ではなく、人それぞれの受け止め方において「私はこう思う」ということです。妨害工作を謀っているなどと否定的な受け止め方をなさらないようお願いします。

---

うちの市に限らず、全国何処の自治体でも地元興しに躍起になっている。知恵を絞り、様々なアイデアを出し合うことで斬新な企画が生まれ、それが起爆剤になる可能性を秘めている。そのこと自体は大いに推奨するし、私自身、今後地方が中央を頼らず独立してやっていける鍵はそこにしかないと考えている。

巷では「くまモン」が大ブレークしている。いわゆる「ゆるキャラ」で、彦根のひこにゃん、奈良のせんとくんを嚆矢として全国さまざまなキャラクタが誕生している。そのどれもが評判になり、未だ衰える気配はない。実際、くまモンが誕生したのはゆるキャラの中でも後発でありながら、くまモンブランドの商品は今や本家だけでなく全国的に拡がり、高く評価されている。

この流れを見て「ゆるキャラブームはまだ続く、まだまだ行ける」と考える向きもあるだろう。個人的にはもう些か食傷気味なのだが、現にくまモンの事例があるから、大方の意見は「まだまだ行ける」なのだろう。

さて、うちの市は他の自治体にもありがちな衰退期を経験したアーケード街を抱えている。すぐに分かるからここでは特に名前を出さない。アーケード街は2つあり、一つは最悪期を脱して盛り返している。人通りは結構あるし、8割方の店が営業している。一頃に比べて確かに活気が戻りつつある。

他方、もう一つのアーケード街は遺憾ながら「今も救い難いほど酷い状況」だ。営業している店舗が少なく、殆どが長期に閉店・撤収したシャッター通りである。
写真は3年前の撮影だが現在も状況はそれほど変わっていない

イメージ 1


この傍目にも酷い方のアーケード街で、このたびある企画が提示された。「あなたの考えたゆるキャラでアーケード街を救おう!」と銘打って、イメージキャラクタ(ゆるキャラ)のデザインや名称を募集する、というものである。FBで私のTLにも募集に関する情報が流れてきた。

実を言うと最初にその企画を聞いただけでかなり脱力してしまった。それはゆるキャラに関して食傷気味であるという私の個人的な反応なのだが、これに追い打ちを掛けたのは、募集のされ方だった。
プロ・アマを問わず誰でも応募できるものの、この種の公募にはありがちなことに提出された作品は返却しない応募の費用は自己負担でお願いしたい、提出された作品の著作権は企画者に帰属する…というものだった。報酬はもちろんない。ただ、応募して採用された暁には考案者の名前かペンネームが出るというだけだ。

素直にこう思った。

一体、どんな人が応募するんだろう…
誰がこの企画を考えたんだろう…

やることが如何にもお役所仕事だ。募集要項を見る限り、ゆるキャラ人気があるから募集元は何もしなくても大勢の人が応募してくれるだろう…という考えが透けて見える。そのことをさて措いても、私があのアーケード街の状況を正しく把握しているという仮定で、率直にこう言いたい:

やるべきことの優先順位が間違っている。

この企画で晴れて一つのゆるキャラが誕生するとしよう。さて、そのキャラを使って一体、どうやってアーケード街を活性化すると言うのだろうか。現状8割方のお店がシャッターを下ろしているのに、ゆるキャラだけ擁して何をするのだろう?

必要なのは「8割方のお店が存在しないシャッター通りとなっている」現実を正視し、どうすべきか考えることではないだろうか?


私が知らないだけで、シャッターで閉鎖された殆どの店舗に新たなオーナーが入ることが既に確定しており、あとは人の流れさえ作れば良い…という状況までなっているのなら、今までの批判は当を得ておらず撤回する。ゆるキャラの助けを借りて活性化を推進するというのなら、私も大いに賛同したい。

しかし現状とてもそうなるとは思えない。上の写真は3年前だが、このアーケード街は先週も自転車で通った。実際殆ど何も変わっていない。相変わらずシャッター通りだし、一部の店舗のシャッターはスプレーのマーキングで荒らされている。既に店舗自体が解かれ、更地になってアーケードが歯抜けになっている場所もある。
このような状況だから、私は世代交代を待って一旦アーケード街を全撤去し区画整理を行うのだろう…と想像していた。大方の他の市民も同じ筈だ。実際、このアーケード街の北西側は平成期の土地区画整理で一新されている。

アーケード街のシャッター通りが今後どうなるか殆どの市民は把握していないのに、ゆるキャラだけ先行して誕生させるのは、如何にも順序が違う。必要なのは、まずあのアーケード街復興のシナリオを市民に広く提示することだ。その道筋も明確でないままにゆるキャラを募集するのは、人気に便乗して市民に無償でアイデアを拠出させる地域興しに名を借りた欺瞞である。ましてこのアーケード街の場合、今回が初めてではない。以前、商標問題で一悶着あり、メディアが寄って集ってニュース記事で全国配信し晒された経緯があるのを忘れていない筈だ。

今の状況だと、鳴り物入りでゆるキャラが誕生し名前を与えられ、その時は大いに盛り上がるが、それっきりで終わり…となる公算が強い。後が続かない…続くわけがないだろう。
その理由は「アーケード街とは一体何をしに行く場所なのか?」を考えれば答は自ずから明らかだ。もっともシャッター通り状態を容認したまま、全体をアミューズメント通路のように改造するというのなら話は別だが…

開く コメント(0)

Yahoo!ブログの保存容量を2.0GBから2.5GBに拡大したようです。

「ブログの容量を2.5GBにしました」
http://blogs.yahoo.co.jp/y_j_blog/33054456.html

特段の制約もなく容量のみを拡大する措置なので、ユーザーにとってはメリットであるだけに今のところ公式ブログの記事では歓迎するコメントが目立ちます。
来春には更に容量を拡大することも示唆されています。25GBとか無制限という案が考えられそうですが、その場合さすがに無償というわけにはいかないかも。

ただ、現状をみるに分かりづらい点が若干あります。

(1) 現在、自分がどれだけの容量を使っているのか確認できない。
(2) ブログの容量が何を指すのか明確でない。(画像のみかテキストや書式情報も含むのか)

特に(1)は、他のユーザーも指摘しています。画像をたくさん貼り付ける利用者にとってはいつ満杯になって「これ以上投稿できません。不要な画像を削除してください」のようなメッセージが出るのだろうと不安材料かも知れません。

しかし適正にリサイズした画像を掲載するなら、殆どの場合容量の上限超過を心配する必要はない筈です。

現在、ホームページ用の画像ストレージに SkyDriveを利用しています。既に700近い記事に平均20枚の画像(リサイズしない原典画像を含む)を埋め込んでいる状態で使用容量はまだ2.1GBです。だからよほど原典画像を大量に掲載し続けない限り、2.0GB上限に達することは稀でしょう。むしろ2.0GB制限が危うくなる使い方をしている利用者なら、2.5GBに拡大された程度では満杯状態が少し先に伸びただけで、あまり効果はないかも知れないと思います。

来春以降、保存領域の上限が更に5〜25GB程度まで拡大されるとすれば、大量の画像を日々掲載し続けているYahoo!ブロガーの中には、利用料を払ってでも利用したい人が居るかも知れません。
もし保存領域の拡大に合わせて部分的に有償制を導入するなら、その折りにはぜひプレミアムユーザーはバナー表示の対象外にすることも検討して欲しいと思います。容量は拡大しなくて構わないから、利用料を払ってでも広告を非表示にしたいユーザーは多い筈なので。
換言すればYahoo!ブログのバナー広告ってそれほど嫌われているんですが…

開く コメント(2)

目標体重へ到達し、カロリー過剰摂取に注意しているとは言っても、甘いパンなどはそこそこ食べています。
相変わらずチョコレートやクリーム系のパンは好きですが、実のところあんパンは滅多に買いません。つぶあん系を買うなら、パンとのコラボではなく桜餅とかおはぎで食べたいので。

ところが最近のこと、見たこともないタイプと思われるあんパンを陳列棚に見つけ、殆ど衝動買いしてしまいました。

これが実物です。
お断りしておきますが、作為的なことはいっさいしていません。本当に売られていたときのままの状態です。

イメージ 1


最初、これを陳列棚に見つけたとき、思わず

うぉおぉおぉおおーーーーっ!!

…って、なっちゃいました。

一体、どんな味のパン?

イメージ 2


冷静になればすぐ分かるけど、最初見たときは「みそ汁の具に最適なあの二枚貝が入っているあんパン」と思ったんです。

まったくの偶然なんだろうけど、

値札を貼る位置が絶妙に過ぎた。

で、気付いた後にもこれほどお客の目を留まらせたということで、あんパン好きでもないのに買ってしまいました。だって、ブログネタになるやんか…^^;

さて、実際に食べてみたところ…

普通のあんパンだった。

イメージ 3


上に黒ごまが乗って、中身は薄味系なつぶあん入り。
確かにあさりした味でした♪

開く コメント(0)

あっちで書いたら、無関係な人を巻き込んで傷つけてしまうかも知れないので、こちらで書きます。もっとも、元から特定の人を意図した意見ではありませんので…

---

長いことネットをやっていると、いろんな事例を見聞して経験値が増していきます。多くの人の興味を惹いたり、大量の賛同を獲得したり、逆にわざと嫌悪感を抱かれるような事をしでかすには何をすれば良いかは、先駆者(反面教師的な事例も含めて)のしたことを慎重に観察すれば分かります。
この仮定で殆どの人は、ネット上の顔が見えない事実を隠れ蓑にした「仮面を被った善意」の存在に気付きます。絶対数は決して多くはないのですが、以前書いたこの記事のような事例です。

「『人生最後のお願いを聞いて頂けますか?』だってさw」
http://blogs.yahoo.co.jp/sta_vanilla/64174985.html


何度もこのような事例に接してくれば、たとえ悪意がなかったとしても、この種の詐欺メールに近い内容をもつコンテンツには、自然と拒絶反応を示すようになります。ストレートに信じることができず、必ず何か裏がある…という見方に傾きます。

Facebook(以下FBと略記)をやっていると、設定によってはタイムライン(TL)に怪しいネタのようなシェア記事が流れてきます。それがまた面白いほど判で押したようにパターンが決まっています。ペットの可愛い写真だとか、人を勇気づける感動的な話とか、お涙頂戴的な実話だとか…そして最後に「お約束の文言」が添えられているのです。

前もって断りますが、それらシェア記事のすべてが悪と言っているのではありません。素晴らしい話に接して友達にも教えてあげたいという気持ちが働くのは自然です。その「自然である」という一般大衆の心理を知れば、これを道具に使ってビジネスを展開させてやろう…という考えを起こす人もいるでしょう。許容できるのはここまでです。悪辣な業者は、記事に「釣り餌」を仕掛けておき、シェアで広範囲に拡散され閲覧者が増えることで、確率的に獲物がかかってくるのを待ち受けています。

その中で一つの判定材料とせざるを得ないかも知れないのが、FBの場合において末尾に添えられているこの「お約束の言葉」です:

「シェアお願いしますね。」

少なくとも私は、どんな素晴らしい内容の投稿でも末尾にこの一言が添えてあったら、良くて話は3割引き、悪くて発信者は信頼できない人かも知れないと思い、最悪では語られている内容は実は作り話で、単にアクセス稼ぎが目的かも知れないと考えます。それほど素晴らしい話なら、シェアを呼びかけなくても口コミで拡がるのが自然だからです。シェアを呼びかける理由がありません。

じゃあ、何故に「シェアお願いしますね」なんて書くのか…と考えます。「いい話で広く人に教えてあげたいと思ったから」と考えるのはネット性善説に基づく考え方です。それがネットの望ましい姿ですが、事実は生憎そうではありません。往々にしてその裏にスケベ心があります。いい話を広範囲に教えてあげることで注目されたい、人気者になりたいという気持ちは誰にも少なからずあるし、それはスケベ心とも言えない肯定されるべき動機です。
しかし、いい話を拡げるというのがお題目で、注目される事によって
アクセスを得たい、ページビューを沢山稼ぎたい、そうしてアフィリエイトでお小遣い稼ぎしたい…となるなら、それこそがスケベ心です。これは悪辣な業者がやっていること - 手段を選ばず多くの利用者にクリックさせて罠にかかる確率を上げること - の予備軍的な発想と手段です。

個人的にはシェアされた記事でも、読んだ上で共感できればいいね!を言います。しかし上のような事情があるので、長々と書かれた物語の末尾に「シェアお願いします」が書かれていれば、それまで読んだどんな感動話も半分に割り引きます。もちろんいいね!は言いません。いいと思わないものにいいね!を言う筈もなく、これは殆どのFBユーザーに共通する事実です。
更に言えば私はネット上に転がっている安っぽいどんな感動話も信用しない…信頼できる人が語ったことならともかく何処の誰が書いたかも分からない出来すぎた話を何で素直に信用できるのだろう…作られた感動なら私には必要ありません

最近は末尾にシェア願いを伴う記事の書き出しや内容の特徴が分かったので、せっかくTLに載っけてくれた方には申し訳ないんですが、端からまったく読んでいません。あまりに多くて鬱陶しいと思ったら、FBの機能を使って同種の記事をTLに取り込まないよう設定し直しています。TLは私にとっては有限なリソースなので。

この振る舞いは極端かも知れませんが、最近ではどうかすると公的機関にも関係する発信情報ですら、シェアを推奨する文言がくっついていてウンザリさせられます。傍目にもそんなにアクセス稼いで何になるんだろうと思うと滑稽だし、一歩間違えばチェーンメールと同次元です。まあ、何でも初期のうちは「やった者勝ち」だから、問題が起きない今のうちにやっておいた方が…という考え方も可能ですが。

もっと極端な例になると、劈頭いきなり【拡散希望】と書かれていたりします。ここまで来ると、もう形振り構わないという必死さが見えてきます。特にバカ発見機としてあまりにも有名な(?)Twitterで目立ち、FBでも最近結構見かけます。

Twitter限定で言えば、私が当初から「先生!こんなバカな生徒が居ます!」という密告に擬えているRT(ReTweet)機能があります。RTのすべてが悪というわけではありませんが、RT専門ユーザーの大半は、自分の意見は一切言わず、「おい。こんな事言ってる奴がいるけど、これってどうよ?」と、一般大衆に向かって燃料投下するしか能がないゆとりです。何故RTだけ反復するかと言うと、答は簡単で、自分の言葉で語る能力を持たないからです。いわゆる「RT(リツイート)バカ」で、このRT機能の乱用(しかもRTを非表示にはできないという救い難い仕様の不備)がTwitterを「馬鹿発見機」に貶めている一要素とも言えます。

Twitterは今やゴミ捨て場同然に利用しているので、正直どうでもいいです。だけどFBの拡散希望やシェアお願いは、いい加減堪えて欲しい。本当にシェアに値する記事なら焦って拡げようとする理由がないし、万が一、シェア元の記事がスパムだったら、あなたのやっている行為はチェーンメール伝播の荷担です。結局、拡散を広く呼びかける投稿は、それによって若干拡散速度と範囲が大きくなるものの、信頼性は却って落ちるだけではないでしょうか。


…と書いて、この記事の末尾に「トラックバックお願いします」なんて書いたらギャグだねw

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事