すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
巻き上げ機のある遺構から少し沢を下ったところに、前回気付いていながらも接近できなかった気になるものがあった。
 
これは去年の11月の状況である。
沢まで急斜面になっていて、足元は灌木やらツタ系の雑草やらに埋め尽くされているのでとても降りられる状態ではなかった。 
 
イメージ 11
 
 
今回も斜面を直接降りることはできなかったものの、入口の近くに見つけた正八角形の井戸の前から迂回して沢へ降りるスロープを見つけていた。
 
このスロープも前回踏査時は藪に隠されていて存在すら窺えなかった。
今なら労せずして沢へ降りることができる。ダストが敷き詰められているので、国道側のバリケードさえなければ四輪での進攻すらできそうだ。
 
イメージ 1
 
 
スロープを経て沢に降り振り返ると、先ほどの遺構が正面に見える。
 
イメージ 2
 
 
それは平坦に続いている沢の一番奥で、削られなかった岩がそのままになっている。その一部を抱き込むようにコンクリート構造物が見えていた。
 
イメージ 3
 
 
コンクリートの平面部が見えていたので、かつて何かがそこにあったことは推測できた。しかし去年はこの沢へ降りるのもイバラの中を漕ぐ必要があり、断念していたのだった。
 
接近すると、沢の上から眺めていた前回では気付かなかったものが見えてきた。
上部のコンクリートに穿たれた正方形の通路らしきものである。
 
イメージ 4
 
 
溜まり水の存在も沢の上から見ただけでは分からなかった。
薄緑色をしていて、雨でも降らない限り水の入れ替わりがないらしい。もちろん生物はおらず、水生の植物すら生えていなかった。
 
イメージ 5
 
 
コンクリート構造物は完全に大岩と密着して造られていた。
その両方にアンカーが打ち込まれていた。どうやらこの岩の部分は当初から削られる予定はなかったようだ。
 
イメージ 6
 
 
錆び付いたアンカーの先端は、焼き切られたような痕が見える。かつては岩を穿孔して何かの鋼構造物の支えをここに求めていたようだ。
アンカーに結わえられている橙色のホースも去年見たのと同じままだった。
 
イメージ 7
 
 
コンクリート構造物は2段になっており、その最上段に正方形の開口部があった。その壁面にも上部にも鋼製構造物の脚らしき残骸が見えていた。
 
イメージ 8
 
 
当然ながら、あの四角い開口部が気になった。
 
あの中はどうなっているのだろう…
坑道になっているなんてこと、ないよね?
 
多分、それはないだろう。
金など特定の鉱物を採取するなら坑道もアリだろうが、単純な採石所である。もっともコストの安い露天掘りだった筈で坑道を造る意味がない。
 
目測でここからの高さは5〜6m程度。
元がどういう構造だったか分からないが、手前に一部が欠けたコンクリート塀のようなものがあり、その上を伝えば開口部の前まで接近できそうに思われた。
 
イメージ 9
 
 
溜まり水を避けてあのコンクリート塀の前まで行くことはできたし、実際その上に両手を置いてみた。
しかし実際に登攀を開始するまでもなく即座に判断したことは、
 
到達不可能。
 
塀の高さは1m以上あって、まずその上に身を置くことから困難に思えたし、至る所欠けまくってヒビも入っている塀の上を歩くことに不安があった。その先はあの開口部へ伸びているものの、途中で灌木が覆い被さっているし、最後の段差がどの程度あるか見当がつかない。
何よりも強引に開口部の先まで到達できても、内部をくぐるかその上の高台に脱出できなければ降りる手段がない。いや、開口部まで到達できなくとも塀の上に登ってしまっただけで、抜き差しならぬ状況に陥りそうな気がしたのだ。
 
 
到達を諦め、下から開口部をズームする。
目測で1m角くらいの穴に見える。
 
イメージ 10
 
 
推測だが、恐らくここに入口でバリケード代わりにされているコンベアが設置されていたのではないかと思う。
この開口部から内部に置いて資材を水平運搬していたか、沢からあの開口部まで斜路を運搬していたかだろう。
 
更に想像すれば、この上部の平地に固定式の発動機があり、かつてはクラッシャーを駆動させていた…噛み砕かれた石はコンベアで運ばれ、この沢地に山積みされていた…あるいは逆にここから採取された石を搬入していた…
 
前回、巻き上げ機のところまで踏み込んだとき、あの開口部が地表部に現れている場所はなかった。恐らく既に土砂が流れ込んで閉塞しているのだろう。敢えて確認したいなら、沢の下から危険を冒して登攀せずとも、藪の勢いがおさまった時期を見計らって巻き上げ機の平地から接近できる筈だ。
 
それ故に、割れたコンクリート塀の上に登ることも自重して引き返した。
 
 
沢へ降りてきたスロープの先へ来たとき、国道の一部が盛土ではなくカルバート形式になっていることを知った。
元から行き来可能だったのだろうか。
イメージ 12
 
 
入口部分の藪化が酷かったが、さすがに内部まで草木は生えていないようだ。
サッと内部へ入ってみる。
 
イメージ 13
 
 
初回の踏査時には気付かなかったのだが、国道316号はかつて今の場所ではなく厚狭川の右岸を通っていた。元は砕石所だった敷地を用地買収して今の道を通したことが分かっている。
しかし国道を挟んで行き来可能なこういう立体交差があるということは、一般人が通る里道があったか、砕石所側の要請で行き来可能な通路を設けたかのどちらかだろう。
いずれにしても国道の反対側も砕石所の社有地があると推測されるし、何か遺構が藪に眠っているのでは…と思われてカルバートをくぐった次第だった。
 
 
しかし…
ボックスカルバートをくぐり終える前から灌木が進出していて、とても外へ出られる状況ではない。
 
イメージ 14
 
 
国道まで戻り、このボックスカルバートの真上から周囲を眺めてみた。
草木に蹂躙された平地が広がっているだけで、観る限りでは遺構らしきものは見えなかった。
 
イメージ 15
 
 
国道の道路敷に土地を取られたために砕石所の業務が停まってしまったのか、あるいは用地買収前から砕石業務を終了していたかは分からない。
ただ言えることは、今から数十年前、まだ採石所が活動していた頃は厚狭川の左岸一杯に作業所が展開されていた。今でこそ至る所藪や雑木で覆われているが、かつては山のかなり分け入った場所まで木々が刈られ、丸裸だったようだ。
上の写真で一面藪の海になっている箇所も、加工済みの砕石などが積み上げられていたようだ。
 
 
こうして若干の新しい変化を見つけて車に戻った。
 
イメージ 16
 
 
またこの方面へ来ることがあって、草木の勢いが充分に弱まっていたなら、あるいは今回行かなかった巻き上げ機のある遺構へ接近してあの四角い開口部を確かめに行くかも知れない。
 
しかし、敷地内の草刈りをはじめ貯石ヤードの周辺がブルで押土されていたことから、もう少しすれば更に整備され、もう一般人が遺構を求めて気軽に立ち入れる環境ではなくなっているかも知れない。
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

 
この件については、画像掲載システムが改訂されてからはあまり目立たなくなったので、不具合修正されたものと思われていました。
 
前言撤回。
今も修正されていません!
 
今さっき記事を途中まで書きかけ、デジカメ画像を貼り付けていました。
 
災害は忘れた頃にやって来る…
ボタンを押してからのレスポンスが悪いので、とっても嫌な予感がしました。
 
案の定、書きかけテキストが全部消去され、
画像一枚だけ新規の掲載状態になった。
 
ハッキリ言うけど、大手さんなのに情けないよ。
何でこんなしょうもない不具合の一つもちゃんと対処できんの?
うちのローカルSNSもほぼ同じシステムを運営していると思うけど、こんな意味不明で凶悪な不具合なんて一度も起きたことがないんだけど?
 
「タダで使わせてやってんだからグダグダ言うな!」は正論かも知れないけど、そこに無償で使えるシステムがあれば、ユーザーは頼るものです。
今回はあまり大した長さじゃなかったからいいけど、朝から延々と数時間かけてドキュメント作成し、仮保存しないままたった一枚のデジカメ画像を挿入しようとしたばっかりに、全部のテキストが勝手に抹消される事態を想定してみたらいい。物凄い時間と労力、そして記事作成モチベーションの損失です。
 
そういう訳で、他に同じ被害を受けたユーザーが必ずいらっしゃるでしょうから、注意喚起しておくってことで。
対処法は前編の【1】をご覧ください
 
 
いや…
これだからブログは嫌われるんだよね。
信頼性なさ過ぎ。

開く コメント(2)

※ この記事を含む一連の連載モノは、ホームページ向けの下書きを兼ねた期間限定公開記事です。
収録カテゴリが決定次第、移植され本ブログからは削除されます。ご了承ください。
 
---
 
以前からの読者なら、タイトルで何処の物件に関するレポートか想像つくだろう。
 
まさか廃された採石場」の続編を書くことになろうとは思わなかった。
特筆すべき遺構ではないし、最初の訪問が最後だろうと考えていたからだ。
 
先週のこと、毎年秋恒例の行事とも言うべきギンナン拾いで美祢まで行ってきた。目的地は美祢市内の国道316号沿いにあるので、加藤交差点から国道を北上する定番のコースを走っていた。
別に注視する訳でもなく件の場所の前を通過したとき、現場の大きな変化に気付いた。ギンナンを拾いに行くという当初の目的を後回しにする程ではなかったものの、帰りに立ち寄って調査してみたい気持ちになっていた。
 
さて、美祢市街からの帰り道、前回と同様少し広くなっている入り口部分に車を停めた。 
 
イメージ 1
 
 
これは去年の11月上旬、初めて訪れたときほぼ同じ位置から撮った写真である。
これだけでは何処かどう変わったか分からないだろう。
道路の側帯を新たに引き直したようだ…写真を観て初めて気付いた
 
 
 
入口に錆び付いたコンベアの残骸がバリケード代わりに置かれている点に変わりはない。
しかしその内側は、以前とはまるで違う様相を呈していたのだ。
 
すっかり草刈りされている!!
 
イメージ 2
 
 
10月中旬と言えば未だ草木の勢いに衰えがなく、一般には藪漕ぎなど以ての外な時期だ。去年ここを訪れたのは11月上旬だったのに、それでもトゲを隠し持った灌木で進攻には相当悩まされた。
それが今や道路に近い部分は雑草がほぼ刈り尽くされ、一部は整地したような状況になっていたのだ。
 
草刈りのお陰で、前回踏み込めなかった場所へ容易に到達できそうなのはもちろん、以前は気付かなかった新たな遺構も姿を見せていた。美祢市街への往路で車からこの光景が見えたので、帰りに寄ると決めたのだ。
 
 
例の如くデジカメだけ持って踏み込む。
真っ先に興味の対象となったのは、入口から近い場所にある正八角形の井戸みたいな遺構だ。
 
イメージ 3
 
 
コンクリートの壁厚は20cm程度、全体の直径は4mくらい。高さは地表部に現れている部分で50cm程度だろうか。
 
中はすっかり周囲の地面と同化してしまっていた。
どういう用途で使われていたのか推測できない。井戸ではないことは確からしい。何故に正八角形をしているのかは謎だ。
左端に取り出し口らしきものが見えるので貯水槽だったのかも…
 
イメージ 4
 
 
そこから上流側、国道が厚狭川を渡る橋の近くに前回、遠巻きに観察したコンクリート構造物があった。
この周辺だけは草刈りだけでなく、車が入れるようにブルドーザで地面の敷均しも行ったようだ。
背面部分に土砂を盛ってスロープを造っている…以前からこうだったかは分からない
 
イメージ 5
 
 
正面に回り込む。
去年、現地の踏査を終えて最後に藪をかきわけて入っていった先だ。このタグを見て所有者を知ったのだった。
 
 
イメージ 6
 
 
藪越しに眺めるしかなかった採石を分類・貯留するコンクリート構造物。
6基あって、何故か一番右端のセクションだけ酷く壊れていた。
 
イメージ 7
 
 
ちなみにこれが去年の同じ場所の写真である。
藪に阻まれ、全く寄り付きならなかった。微かに取り出し口上部にナンバーが描かれているのが視認できただけだった。
 
 
  
近寄ってみる。
壊れ方の酷い右端の部分に何か置かれている。
 
イメージ 8
 
 
内部には黄色い筒のようなものが散乱していた。配管を保温するグラスウールと思う。採石場とは関係ない資材だから、産業ごみとして仮置きされているのだろう。
 
イメージ 9
 
他にもなにかありそうな雰囲気だったが、中まで踏み込む気が起きなかった。
気持ち悪いのと何だか不潔そうな気がしたからだ。
社有地に入ってまで気持ち悪いと言うのも憚られるのだが…^^;
 
周囲の草を刈り、手間をかけて更地に変えたのには何か理由がある筈だ。せっかくの土地を遊ばせ荒廃させるのは勿体ないからと、ある程度整備して資材置き場にする予定なのかも知れない。
 
 
この構造物の端に、前回は存在すら気付かなかった詰め所跡らしきものを見つけた。
 
イメージ 10
 
 
木造の平屋で、殆ど完全にツタ系植物に蹂躙されていた。
もう窓ガラスもドアもなくなっている。隣の貯石場から錆び付いたパイプが天井付近に伸びているので、ここからホッパを開閉するなどの操作を行っていたのだろうか。
 
イメージ 11
 
 
中に入ってみたい気はしたが、手前のコンクリート壁に阻まれて近寄れなかった。
 
この詰め所の裏手に前回、ピラカンサ様の灌木にトゲ攻撃を受けながら進攻した遺構が見える。そこへ至る進入路までは草刈りされていないので、さすがに分け入ろうという気にはならなかった。
 
イメージ 12
 
 
今しがた眺めた貯石ヤードの上に登る。
山側が高くなっていて容易に登ることができた。
折れ曲がった鉄筋などが剥き出しになっているので注意を要する
 
イメージ 13
 
 
落とし穴の如き正方形の開口部。
ここから少しずつ下の取り出し口に落としていたのだろうか。
 
イメージ 14
 
このような開口部が他にもいくつかあり、口を開けたままのもの、土砂で詰まってしまっているもの、縞鋼板で蓋掛けされているものがあった。
いずれも50cm角くらいの大きさで転落する危険はないが、こんな場所を歩き回っていて不用意に脚を突っ込んだら大怪我になりそうだ。
土砂を被った落とし穴状態の開口部があるかも知れない
 
 
この裏手にあって前回、降りることを断念した沢も奥の方はそのままだった。
まだ10月中旬だから、草木の勢いは去年観た以上に酷い。
 
イメージ 15
 
 
この沢の中腹あたりに興味深いものを見つけた。
それは初回に来たときから気付いていたものの、この沢へ降りることができなかったために見送っていたのだ。
 
幸い、沢の中ほどまでは草刈りされており、迂回すれば接近できそうだ。
藪を回避するために、一旦入口の方まで歩いた。
 
 

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事