すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

もう一つ、残念ながらこれは海上なので観るだけだ。現地へ行くことはできない。
しかしこれは航空映像で観ると結構な驚きを誘うだろう。
 
これは下関市大字六連島周辺の地図である。
長州出島付近を眺めている最中に気が付いた
地図では何もないただの海なので、航空映像モードに切り替えて拡大して欲しい。
すると…
 
 
 
何と、沈没船が映し出されている!!
 
 
地図の縮尺で調べる限り船は結構大きなもので、全長は50m以上ある。
舳先を下にして半分、沈みかけている。
 
驚くべきことだ。県内でもこうして半ば沈没している船が曳航されることなく、静かに朽ち果てていくのを待つ場所があったのだ。
Yahoo!航空映像は、現地へ行けないこういう場所であっても家に居ながらにして興味深い映像を提供してくれる…
 
 
 
…と、ここまで読んで、何の疑念も抱かなかった方がいらして別にいけない訳ではないのだが、もしかすると今少しの洞察力が必要なのかも知れない。
 
どういうことかと言うと…
 
”沈没船”の南側(地図では下側)に航行中の船が写っているのが見えるだろう。よく見ると、この沈没船に瓜二つなのだ。それもサイズや船の仕様が同じというレベルではなく、甲板に写っているものから船の角度まで何もかも一緒だ。
 
お気づきになっただろうか。
 
このことから推測されるに、これは真の沈没船ではなく、Yahoo!航空映像の処理過程で、現に航行している船が二重写りで処理された幻影と見るのが妥当だろう。海面と二重写りになっているので、恰も沈没船がそこにあるように見えるのである。
 
その証拠に、航空映像モードのまま北東側(地図では右上側)を表示させてみよう。そこにも2隻の船が航行中で、それを平行移動しコピーしたような沈没船っぽい映像が海中にうっすらと表示されている。まさかこれも全部沈没船という筈がない。画像処理上のダブリだろう。
 
残念だった。ちょっとガッカリしてしまっただろうか。
 
もっとも、国内でもよく探せば海上に一部の姿を露呈させているホンモノの沈没船が航空映像モードで観られる場所があるかも知れない。
あったら教えてね♪
 

開く コメント(2)

ホームページ執筆作業に明け暮れるあまり、コッチがかなりご無沙汰になっている。
そこでブログ向きな軽いローカルなネタを振ってみることにしよう。
 
---
 
踏査ネタに尽きて困っているとき、地図や航空映像は強力な助っ人になってくれる。自分で行けそうな範囲の場所を地図で適当にグリグリと表示させていると、奇妙な地形や構造物が上空から見えることがある。
その正体が全く想像つかない場合、そこに一体何があるのか?という素朴な疑問が生まれる。実際、この手法で数多くの興味深い物件が洗い出された。
 
Yahoo!の航空映像は現在から概ね10年程度のタイムラグがあることが知られているため、必ずしも航空映像の通りの光景が観られるとは限らない。工事や自然災害で改変され、全くの空振りに終わることもある。
 
そのリスクを承知で、私は興味深い航空映像を見つけたら、その場所をブックマークしている。同じ方面へ行く用事ができたとき、要調査物件として踏査コースに組み入れるためである。
 
概ね他愛ないものが多いのだが、これは山口市滝町近辺の地図である。
 
 
 
地図を航空映像モードに切り替えると、中心付近に横向きになったこんなものが観察できるだろう:
 
 
次回山口市方面へ向かった折には、この近くにある一の坂ダムを踏査候補地に考えていた。これに先立ち現地周辺の航空映像を眺めていて偶然見つけた。この「横向きな凸」は、山口県庁の東側を流れる五十鈴川の上流にある名前が分からない溜め池の堰堤直下に存在する。
場所柄、恐らく水利関連の設備ポンプ室か沈砂池など)と思われる。天端に何か塗られているのか、撮影条件の兼ね合いで縁が太く白く見えるのだろう。
 
現地へ行ったとして、例えば溜め池の堰堤部からも「凸」の字が確認できたなら、それはそれで面白い題材になるだろう。もっとも、それを確認する単一の目的だけで踏査してみようとまでは思わない。あくまでも「山口市方面に向かう用事が出来て、なおかつ時間が確保できそうなら」の話だ。
 
あるいはこの情報を元に、誰か抜け駆けで踏査する人があるかも知れない?
ないナイ…w
 

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事