すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

飲食品・菓子

[ リスト | 詳細 ]

お店で見つけた気になる飲食品のレビューを中心に書いています。
甘いモノ系乳飲料がとっても多いような気が…^^;

http://x7.hatiju-hatiya.com/bin/ll?095487709
記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

数日前、ある方に夕食をご馳走になりました。場所は居能町にある「すすめ!ヴァイキング宇部店」で、市内ながら今まで一度も行ったことがありませんでした。日頃はあまり肉食しないせいか、赤身の牛肉をガシガシと食べてかなり満足しました。

その後、また牛肉を食べたくなったのでちょっとネットで調べてみたところ「食べログ」にこの店の情報が載っていました。

食べログ|すすめ!ヴァイキング宇部店

前回行ったのはディナーコースでしたが、平日の昼間にランチタイムコースというのをやっています。しかも連休を除いて7月中旬までランチタイムコースでは通常90分制限のところを午後4時まで無制限で食べられるそうな…

さて、今は食事してかえってきたばかりでお腹一杯です。食べログにレビューを書けば良さそうなものですが、そこには「投稿
されている口コミは、ユーザーが実際に食事をした際の主観的な感想・意見」と書かれています。ある程度主観が入るのは仕方ないことですが、単に「美味しかった」や「雰囲気が今ひとつだった」のような情報では、ハッキリ言ってレビューとして全く役に立たないし利用するにあたっての参考にもなりません。

そこで、可能な限り客観的な情報提供を意識してここに詳細報告を書いてみることにしました。他の店を利用する場合にもある程度は参考になるかも知れません。

《 立地 》

食べログのマップにある通り、国道190号のかつて厚東川バイパスと呼ばれていた4車線区間沿いにあります。市街地からだと県下一交通量の多い藤山交差点の先左側になります。写真は歩道から撮った店舗入り口です。

イメージ 1


市街地から近く便利がよさそうですが、車で訪れる場合に問題があります。中央分離帯のない4車線道路なので市街地から入る場合は左折ですぐ入店できますが、市街地方面へ帰る場合の右折退出は交通量の少ない夜間以外非常に困難です。逆に厚南方面から入店する場合は追い越しレーンから右折する以外ありませんが、右折レーンは急ぐ車が飛ばしているので、早めにウインカーを出さないと非常に危険です。合図が遅いと後続車から非難の意味を込めてクラクションを鳴らされることがあります。これは当該店舗の問題ではなく沿線に店舗を構えるすべての事業者に共通する宿命ですが、立地は良くないと言わざるを得ない状況です。

もっとも今回のランチタイムコースでは平日の昼間に私一人が自転車で行ったので何の問題もありませんでした。

《 メニュー 》

食べログにある通りです。今回は飲み放題はつけずに食べ放題のみを選択しました。バイキングの店なので配膳はすべてセルフサービスです。飲み放題のときはカップが配られますが、そうでない場合は水・湯・お茶の出るサーバからコップを取ってきて自分で注ぎます。このサーバのある位置は、案内される座席によってはちょっと分かりづらいかも知れない。

第一回目の配膳状態。
皿に肉や野菜を取ってきて、お椀にはカレーライスを準備しました。肉を焼くトングや箸はテーブルに備わっています。

イメージ 2


肉につけるたれもテーブルにありますが、大根おろしやにんにくすり下ろしが欲しければ肉と一緒に調達しておく必要があります。

ディナーコースとランチタイムコースでは一部メニューが異なることが食べログでも書かれています。例えば「熟成やわらか牛さがり醤油だれ」は、前回食べて大変に美味しく感じたのですが、ディナーコースにしかないことが分かっていました。だから諦めて赤身ばかり食べようと思ってたんだけど、見当違いがありました。

共通メニューの肉もディナーコースとランチタイムコースでは質が異なる?

私はカロリー制限をしているので、肉は脂身を極力取り除いています。前回行ったときは赤身があったので、殆どそればかり食べていました。ところが…今日のランチタイムコースで並んでいた牛肉は脂身が多いものばかり。

2回目に取ってきた肉類です。カルビだから脂身が多いのはある程度仕方ないとして、特に左側のレモン塩味付けのカルビは全体の7割方が脂身。

イメージ 3


こんな肉を適当に焼いて大量に食べていたら動物性油脂の摂り過ぎで、大変身体に悪い。ディナーコースでは殆ど脂身がない肉が並んでいたので、味はともかく同等の赤身があるものと思っていました。個人的にはこれが今回ランチタイムコースの最大のがっかり要因でした。極端な話、スーパーで買ってきた冷凍肉の安いやつでいいから赤身を置いて欲しかった。この状況が分かっていたら始めからランチタイムコースには行かなかったくらい。家でも買ってきた肉についている脂身の部分は、可能な限り取り除き捨てている位なので。

ただしこれは個人的な好みであって、脂の滴るくらいのカルビを大量に食べたいという人には悪くないかも知れません。脂身が多いので堅さはなく、カルビとして充分に美味しく食べられるレベルです。これにはたれの味付けの良さも貢献しています。個人的にはレアな焼き加減が好きなのですが、それだと絶対に牛脂分の摂り過ぎになると思ったので、結局充分に焼いて脂を焼き落として食べました。

カルビ以外なら赤身の多い部位がありましたが、不慣れなので2切れだけ取ってきていました。案の定固くてとても食べられませんでした。固い部位を食べやすく加工したようで、ところどころにナイフ類による切り込みが入っていました。それでも一部はどうしても噛みきれずペーパーに受けて残しました。これも個人的嗜好の問題で、日頃からこの種の肉を食べ慣れている人ならこなせるかも。

ちなみに、食べたかったのはとにかく牛肉の赤身だけだったので、豚肉やホルモンなどは一切手をつけていません。この辺りも好みの問題なので評価を保留します。こんなのでは本来の肉好きじゃないと言われるかも知れませんが、とにかく赤身を食べたい客も居るんです。ディナーコースでは実現できているんだから、ランチタイムコースでも何とか対応して欲しかった。私の場合、赤身の肉食が栄養上必要だからというのがそもそもの来店モチベーションでした。

《 環境 》

入店したのは午後2時で、そのときは半数くらい席が埋まっていました。客層は女性がやや多く、高齢者も見受けられました。余計なことだけど食べ放題なだけあって肥満気味な人が殆どで、店員が異様にスリムに見えるほどでした。たまに行くならまだしも、常に食べたいだけの食事をしていれば太るのは当然のことですが。

平日の昼間なので子供の姿はありません。騒々しい感じはない代わりにムードもありません。それってのも音楽がまったくランダムに流れていて、1970年代の「世界の国からこんにちは」が出てきたり「一年生になったら」の歌が流れたりって感じで如何にもセンスがない。これはもうちょっとどうにかして欲しい。歌じゃなくただのBGMにした方がもっと気が利いています。

肉を焼くグリルはきわめて火力が強く、これは評価できます。短時間に強火でサッと焼かなければ肉汁が流れ出て美味しくなくなるし固くなるからです。個人レベルでは火力の強いグリルを持っていないことが多く、それだけで評価に値します。ただし、これほど火力が強いのなら牛肉の脂身は配膳前にある程度取り除いておかなければ危険と思います。滴り落ちる脂に着火し、グリルの上が何度も大火事になりました。周囲にハンカチを置いたり、長袖ヒラヒラさせた状態で焼いてると危い。

ランチタイムコース終了の午後4時近くまで居ましたが、その頃には店内には殆ど自分だけになっていました。通常は90分というので、それだとある程度ペースを上げなければならないかも。私は2時間近く居たので、ガツガツせずのんびりと食べたいだけ食べられる環境でした。

《 肉以外のメニュー 》

これも食べログに書かれています。肉以外は概ねランチタイムコースとディナーコースは同じと思います。ただし野菜はそれほど多くの種類を置いていません。
ご飯類はもちろんうどんや麺類もあります。もっともこれらはカロリーばかり高くすぐお腹一杯になるので、最初にカレーライスを一杯食べただけで後はパスしました。

デザートは小さな器にゼリーが数種類とチーズケーキ、白玉、ヨーグルト、カットパイン、ぜんざいなど多数ありました。私は器に入ったゼリーを3種選びました。

イメージ 4


カップにちょこっとしか入ってないように見えるけど、これで良いと思います。沢山欲しければ何個か器を持って行けば済むからです。沢山だと多分飽きて残します。

個人的にはコーヒーゼリーのトッピングに使われている練乳クリームが殊の外美味しく感じました。どうやって作っているんだろう…加糖練乳をホイップでちょっと緩くしたような感じです。このトッピングはデザート作りの参考になりそう。カロリーは間違いなく高いでしょうけど、コーヒーゼリーだけトッピング載せて3杯おかわりしました。

ちなみに、私は食べていませんがにぎり寿司が殊の外人気がないようです。食べログでもあまり良い評価が書かれていないし、実際現地でもウィンドウに並んでいるにぎり寿司は種類が少ないし、数が減っていないように見受けられました。長いことウィンドウに置かれた状態なら美味しくなくなるのは当然で、利用動向をチェックした上で他のメニューに差し替えた方が良いと思います。例えばお椀にそばやうどんなどを半玉セッティングし、後からだしをかけるミニ麺類なんてのがあれば良いのでは。

《 会計 》

食べログにはクーポンが表示されていて、印刷し持って行けば割引が効くようになっています。アジトにはプリンタがなくクーポン印刷ができなかったのですが、ダメ元でクーポン画面をデジカメで撮影し、最初にテーブルで注文を聞かれるときに「食べログで見た」と言って画面を提示すれば、クーポンとして処理してもらえました。

テーブル上に置かれた会計前の伝票。
100円引きと手書きされています。

イメージ 5


このことからクーポンを印刷して持参する以外にも、スマホで食べログ画面を表示するなど現在来ている店舗の情報を閲覧した証拠があれば足りるようです。会計に対して結構な割引になるので、知っておけば得する情報です。

《 主観的総合評価 》

今回のランチタイムコースは、通常90分のところを時間無制限で更に100円引きという条件で利用しています。それにしてもひとたびディナーコースを経験しているので、ランチタイムコースの肉質の見劣りが気になります。個人的にはランチタイムコースのリピートは考えていません。今回と同一条件の場合、再訪を考えても良い値段は税込み1,000円以下です。ディナーコースと同様に赤身の肉をたんまり置いてくれるのなら同じ値段で行こうとは思いますけど。

他方、ディナーコースは値段が結構するものの柔らかくて赤身の美味しい肉をガシガシ食べられるのは魅力です。一人ではまず行きませんが、友達やグループなら思う存分肉を喰らえるスポットとして覚えておけば利用価値は高いかも。

開く コメント(0)

安いなりにも相応な味わいだったサンガリアのミルクセーキが全然異なる味となり、百均もそれに追随したわけですが、百均の店そのものの魅了まで失われたわけではありません。

百均には食品だけでなく他にいろいろな商品があり、インスピレーションを与えてくれるアイデア商品が数多くみられます。買わなくても眺めて歩いているだけでも楽しく、挙げ句には結局いくつか買ってしまいます。

昨日は久しぶり百均のメジャーであるダイソーに行ってきました。シャワーキャップを買いに行く目的だったんですが、ついでに店内あれこれ見ていてお菓子のところで面白いものを見つけました。

パイナップルマシュマロです。
パイナップル色をしているだけじゃなく、ジャムも入っているそうな。

イメージ 1


マシュマロ自体は別に珍しくないお菓子です。しかし味はプレーンが基本で、変わり種にしてもいちごジャム入りとかココアを混ぜているくらいのものです。そこへ来てパイナップルとマシュマロの取り合わせが新鮮で、お試しで一つ買ってきました。

パッケージの裏側。
一袋90g入りで、全部食べると301kcal です。全部食べたら絶対多いな…

イメージ 2


開封したところ。
何処にでも見かけるふわふわなマシュマロで、確かに中にジャムが入っています。

イメージ 3


拡大写真。
ジャムの量はそんなに多くはないけど、ケチってるわけでもない妥当な量です。

イメージ 4


カロリーの高さから推察されるように、代用糖ではなく水飴や砂糖といったオーソドックスな甘みを使用しています。薄黄色は着色料、パイナップルらしい香りは香料でしょうけど、これで良いと思います。百均だから高価な菓子など期待していないし、かと言ってお菓子らしい素朴な甘みは必須です。食べて一度に数粒なので、カロリーの高さなど気にしない…と言うか、カロリー云々言うなら始めから買わないものです。

ふわふわと軽いマシュマロなので、結構な量があります。十数粒くらい入っているかな。いちいち数えはしませんでしたが。

イメージ 5


香料を除けば直球勝負のマシュマロなので、この種の菓子が好きな人にはいいかも知れません。私自身はマシュマロはハマッてしまうほど好きな訳じゃないので、何回かに分けて一袋を食べきったらもう満足かな。

マシュマロはありきたりなお菓子。パイナップルもありきたりな果物。しかしこの両者をコラボさせたお菓子という発想とその安さを評価します。パイナップルマシュマロ。ありそうで普通のスーパーでは見かけないので、巧く商品開発したと思います。

開く コメント(0)

サンガリアと言えば、清涼飲料系の会社として知られます。超大手メーカーではありませんが、独自性ある商品開発に強みがあり、他社にはない飲み物を安価で世に送り出すパイオニア的存在といった印象があります。

いわゆる百円ショップ系に滅法強く、直球勝負の商品から駄菓子的な感覚の商品まで幅広く取り揃えています。ワンコインという気軽さあって私も結構お世話になっています。

主力商品かどうか分かりませんが、サンガリアのかなり著名な商品にペットボトル入りのミルクセーキがあります。500ml入り100円(税別)なので高級喫茶店で飲むミルクセーキとは比べられないものの、値段の割に結構ミルクセーキの感覚を愉しませてくれるいい感じの味と香りを出していました。

しかし…
残念なことに、サンガリアはリピーターには慣れ親しんでいた筈のミルクセーキの味を変えてしまいました。それもハッキリ言って大幅な質的ダウングレードという形をとって。

これが以前売られていたミルクセーキ。
正確には「おいしいミルクセーキ」といった名称でしょうか。

イメージ 1


上記の商品に取って代わり、最近店頭に並び始めたミルクセーキ。
「こだわりのミルクセーキ」となっています。

イメージ 2


両者を並べたところ。
どちらも百円ショップでは同じ値段で、内容量も同じ500mlです。

イメージ 3


現在、百均を含めて私の知る限りの販売店で売られているのは新しい方の「こだわりのミルクセーキ」です。MaxValueでも扱っていましたが、先週に旧タイプ「おいしいミルクセーキ」を見たのが最後で、今は新タイプだけが並んでいます。

パッと見たところは包装を変えただけのように思えます。ところが実際に飲んでみると…その違いは明らか。味覚に鈍感な人でもすぐ分かる。この違いを一言で説明するなら、

やたら甘さと香りがしつこく、味に深みがない。

私自身、最初はパッケージが変わっただけと思っていました。久し振り百均に行ってサンガリアのミルクセーキを見つけたので2本買って帰りました。そのうちの一本を開封して一口すすった瞬間、何じゃこれは?といった印象。

原因はすぐ分かりました。原材料が全然違っていたのです。

これが従来のミルクセーキの成分表。
牛乳、砂糖、卵の順に並び、それから香料や乳化剤、酸化防止剤に着色料となっています。

イメージ 4


そしてこれが最近売られるようになったミルクセーキ。
これは酷い。パッケージそのままで殆ど中身総替えと言っても構わない。

イメージ 5


まず、砂糖と牛乳の順序が逆転しています。成分表は重量順に表記することとなっているので、砂糖の方が多くなっています。新たに全粉乳が加わっている理由はほぼ明らかで、牛乳を使うべきところを置き換えたのでしょう。デキストリンと塩化ナトリウムの使用理由はよく分かりませんが、液体の喉越し効果や隠し味でしょうか。

そして味の変化の大きな原因となっているのが、代用糖の使用です。これは低カロリー志向や虫歯の原因追放というコンセプトに沿って砂糖から置き換えたと説明されるでしょうが、もっと単純に製造コストの低減が目的でしょう。さもなければわざわざ変える理由が感じられない。

代用糖は使用量が僅かで鋭敏な甘みが得られるのでコスト的には有利でしょうが、残念ながら砂糖とは甘味が異なります。配合比によってかなり砂糖の味覚に近づけることは可能でも、甘みの質や立ち上がりが砂糖とはまったく違います。この変更により従来のリピーターが納得してくれるか否かは判断が分かれます。

残念ながら、私はまったく納得できない部類でした。ハッキリ言って2本も買うんじゃなかったと後悔したし、2本目は殆ど消化試合的な感覚で片付け飲みしました。言うまでもなくリピートはありません。

もっとも、百均のミルクセーキ自体がお遊び的感覚な飲み物だから、そう目くじら立てる程のことかという意見もあるでしょう。以前の味が気に入っていた人も私のように二度目はないという判断ではなく、甘くて香りがそれっぽければ構わないという人もあるでしょう。前の味を知らない人は、初めて飲んでみたらこの味は結構好きだという人もあろうかと思います。

しかし、従来はワンコインで牛乳と砂糖というミルクセーキの原点に相応に近いものを飲むことが出来ていたわけです。傍目にも利益率が厳しいから原材料を安くあげるためにダウングレードさせたという見方しかできません。ここまで酷い味に変えて容量と値段を据え置く位なら、450mlに減らすか120円にでもすれば良かった。

そして遺憾ながらこういった密かなダウングレードとも思える一方的な商品変更により、一部の愛飲者は離れていきます。こういったことが何度か続けば「いっときは勢いがあったけど最近は消費者の欲しい味を供給してくれなくなった…サンガリアも変わったね」という失望からファンを減らすことになると思うのですが、如何でしょうか。

開く コメント(0)

目標体重へ到達し、カロリー過剰摂取に注意しているとは言っても、甘いパンなどはそこそこ食べています。
相変わらずチョコレートやクリーム系のパンは好きですが、実のところあんパンは滅多に買いません。つぶあん系を買うなら、パンとのコラボではなく桜餅とかおはぎで食べたいので。

ところが最近のこと、見たこともないタイプと思われるあんパンを陳列棚に見つけ、殆ど衝動買いしてしまいました。

これが実物です。
お断りしておきますが、作為的なことはいっさいしていません。本当に売られていたときのままの状態です。

イメージ 1


最初、これを陳列棚に見つけたとき、思わず

うぉおぉおぉおおーーーーっ!!

…って、なっちゃいました。

一体、どんな味のパン?

イメージ 2


冷静になればすぐ分かるけど、最初見たときは「みそ汁の具に最適なあの二枚貝が入っているあんパン」と思ったんです。

まったくの偶然なんだろうけど、

値札を貼る位置が絶妙に過ぎた。

で、気付いた後にもこれほどお客の目を留まらせたということで、あんパン好きでもないのに買ってしまいました。だって、ブログネタになるやんか…^^;

さて、実際に食べてみたところ…

普通のあんパンだった。

イメージ 3


上に黒ごまが乗って、中身は薄味系なつぶあん入り。
確かにあさりした味でした♪

開く コメント(0)

ひな祭りの菓子

※ この記事は既に地域SNSで外部公開しています。せっかくのひな祭りなので、こちら側にも同一内容を公開しています。

---


ダラダラと買い物するのが好きで、買うものを決めてスーパーに行ったときでも必ず店内を一通りぐるっと観て回ります。割引シール付き探しが一つの理由ですが、それ以外でも何か面白い商品がないか観るのが楽しみだからです。我ながら買い物がストレス解消になっているようです。
 
今日は野菜の安売りをお目当てにある店に行き、ほうれん草をカゴに入れた後、いつものように店内をうろついていました。
 
今日はひな祭り。お店の一角に特設コーナーがありました。
こないだの節分には恵方巻が並んでいたのに今日はひな祭り向けのお寿司やオードブルに早変わりしています。
商魂逞しいなーと思いながらも、こういうのは嫌じゃありません。モノを売る仕事なんて消費者の琴線に触れてなんぼのものです。買いたい気持ちにさせてくれる商品に出会えれば消費者としても嬉しいわけでして…
 
ひな祭り向けのお菓子コーナーで、思わず買ってしまったものがありました。
袋入りのゼリー菓子セットです。
 
イメージ 1


大きさはこれくらい。
比較のためにマッチ棒を置いています。
 
イメージ 2

 
いろんな菓子が詰まった袋に梅の花の飾りがついていました。
 
イメージ 5

 
当然ながら、アジトにはおひな様なんていらっしゃいません。
「おひ様」ならいらっしゃいます…ここに野ウサギが一匹…^^;
私も特にゼリーが食べたい訳じゃなかったし、カロリー制限しているので菓子類は敬遠気味です。早い話、それほど
食べたい気持ちがないのに買っていました。
 
このゼリーの形が何ともいい。
三色が重なった菱形をしています。
 
イメージ 3

 
どういう訳か「ひな祭り」=「菱形」が連想されます。
お寿司やオードブルの一角を眺めても全てが菱形の容れ物に入っていました。極端な話、何でもかんでも菱形にしてしまえば、それだけでひな祭りをイメージできてしまいます。
だけど何でひな祭りの飾り物って菱形なの?って言われると返答に窮する
 
菱形をしたゼリーなんて型抜きすれば済むから作るのは簡単です。しかし普段はまずお目にかかれません。もうそれだけで「季節のもの」という演出ができています。ひな祭りは一日限りですから、期間限定モノの究極版とも言えますね。
 
決定的に「買うぞ!!」って気持ちにさせられてしまった要因が、これ。
このミニ海苔巻きです。外側はホンモノの海苔が使われているそうな…
 
イメージ 4

 
このミニ海苔巻きの菓子には、幼少期の想い出がありました。
遙か昔…今からX十年くらい前のこと…
 
幼稚園でひな祭りのお菓子セットが配られたことがありました。詳しいことは殆ど覚えていないんだけど、菱形の紙箱に雛あられや飴が入っていて、その中にミニ海苔巻き菓子が入っていました。雛あられや飴はお店でもみるので馴染みがありましたが、海苔巻きの形をしたお菓子は幼少期の自分に強く焼き付いたようです。
今回買ったひな祭り菓子に入っていたのは、大きさといい、中に詰まっている具をイメージした色彩といい、幼稚園のときもらった菓子そのものでした。
もしかすると…作っている会社も昔から同じとか?
 
このミニ海苔巻きを目にしたのは、これが2度目です。幼稚園とき配られたひな祭りの菓子セットで見つけてずっと覚えていたのに、今日これを特設コーナーで再度見つけるまで一度も出会うことがなかったのでした。

袋の底に張られたシール。
菱ゼリーと命名されていました。
実は2割引シールが貼られていた…綺麗に写したいので剥がしました

イメージ 6


特設コーナーにはこの他にもいろんな形の色がついた飴のセットや、これよりも数倍大きい菱形のゼリー詰め合わせがありました。何かもう、見ているだけで夢があると言うかほのぼのしていると言うか…食べるのに持て余すと知りつつ全種類買って帰ろうかなーと思ったくらい。食べなくても机の上に置いて眺めているだけでその華やかさに癒されます。
 
カロリー制限していた一時期、「菓子は栄養価に乏しくカロリーばかり高い厄介な食品」って書いたことがあるけど、身体には余分でも心の栄養になりますね。特にこうやって飾っておく分には、どんだけ眺めてもカロリー摂り過ぎの心配ないし…^^;
 
賞味期限が長いので、暫く飾り物のように眺めた後少しずつ食べようと思います。
半分くらい野山に輸出しようかなとも考え中…^^;

開く コメント(0)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事