すた・ばにら

すたは現実世界の私、ばにらは気ままに野山を駆けめぐる野ウサギ…

ホームページ情報

[ リスト | 詳細 ]

ローカルなコアネタを収録する ホームページ の製作裏話や詳細情報です。

(旧書庫名:「趣味のもの」)

http://x7.hatiju-hatiya.com/bin/ll?09548770j
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

※ 同じ内容をFacebookページ側で配信しています。

昨日あたりから当サイトのホームページ(http://ubemaniacs.main.jp/)へアクセスなさった方は、次のようなエラーで表示されず当惑なさったことと思います。

403 Error

現在、このページへのアクセスは禁止されています。
サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。


これは、当サイトが利用しているホームページスペース運営会社への利用料支払いがなかったため、退会とみなされアカウント停止されたことによるものです。昨日のこと「入金がないためアカウントを停止しました」のメールを受信することで初めて気付きました。

当サイトは運営会社と年単位で契約しており、契約更新期が近づくと案内メールでお知らせが届きます。去年まではその案内で契約期限切れ前に2度ほど更新手続きを行っています。しかし今年は何故か案内メールが届かずいきなりアカウントを停止されました。

調査したところ、運営会社側は期限切れの前日まで案内メールを配信していたものの、メールソフトの不具合でそのすべてを勝手に迷惑メールへ仕分けされたため気付くことが出来なかったのが原因と判明しました。何故か契約解除の通知メールだけが正常に配信されたため、慌てることとなりました。

イメージ 1


当サイトを終了する意図など毛頭ないので、案内にしたがってただちに契約更新手続きを行いました。それでも入金確認できるまでは(郵便の電信手続き上)数日かかるため、暫く閲覧できない状態が続くと思われます。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

同一会社からの配信なのに案内メールがスパム扱いされ、契約解除通知のみ正常受信される理由がまったく分からず、現在運営会社側にも調査依頼しています。

なお、使用しているメールソフトは Windows Live Mail の後継となったOutlook ですが、当初から不具合が多いのが気になっていました。送信した筈のメールが相手に届いていない、設定変更を行っていないのに今まで受信できていたメールをスパム判定して迷惑メール分類するといった報告もあり、利用なさっている方は注意が必要と思います。

---

FBページはこのブログどころではない閲覧数があるので穏当に書いたが、契約更新のような重要メールの受信をOutlook如きに任せたのがそもそもの誤りだったと断言したい。これは近年ないほどに酷く出来の悪いソフトであり、以前から告発記事を書こうと思っていた。後で詳細を記事化する予定である。

開く コメント(0)

既に旧サイトでは何度か案内していましたが、4年間にわたって運営してきた geocities のホームページ「宇部マニアックス」を閉鎖し、新しいサイトへ移転しました。新サイトのURLは以下の通りです。必要に応じてブックマークの変更をお願いします。

「宇部マニアックス」
http://ubemaniacs.main.jp/

URL に含まれる main.jp は GMO INTERNET GROUP の運営する「ロリポップ!」なるレンタルサーバーに所属するドメインの一つで、アカウント ubemaniacs はホームページ名に応じて作成しました。以前より短く覚えやすいURLとなっています。

「ロリポップ!」では目的に応じて複数のプランがあり、一番安いプランでは初期費用1,500円、月々100円でバナーなし、保存容量10GBのホームページスペースが利用可能です。先月既に半年分の契約料を入金済みです。

有償ホームページスペースの提供は平成初期からありました。かつてはあまりに安いところはサーバ落ちが目立ったりサポートがないなど質もそれなりでしたが、今や過去の話です。有償ホームページスペース提供会社としては、今一番勢いがあるところのように思います。使用感はいずれここでレビューを書こうと思いますが、既に構築されたホームページがあり、バナー付きの無償サイトから有償サイトへの移転を検討なさっている方にはお勧めです。

長いことバナー付きの無償サイトで引っ張ってきたのにいきなり有償サイトへ移転することとなったのは、背中を後押しする事件がありました。既にこのカテゴリでも記事を書いた OneDrive の画像参照変更事件です。

geocities は使用容量の上限が50MB しかなく、[1] 画像をたくさん使った記事を掲載するとすぐ満杯になってしまいます。そこで旧サイトはドキュメントのみ geocities に置き、かさばる画像や動画は OneDrive や YouTube に置いてリモート参照していました。 ところが以前お伝えした通り OneDrive が画像のリンク仕様を恣意的に変更し、実質的にホームページなど他サーバからの参照を禁止する措置をとったので、画像埋め込み記事を作成できなくなりました。これは以前から当サイトのもっとも深刻な脆弱性と認識されていて、もしこの事態が起きたならホームページを閉鎖すると当初からアナウンスしていました。もっとも懸念された仕様変更を、Microsoft はいとも簡単にやってのけてくれました。

さて、新しいサイトでは容量が10GBあるので、ドキュメントと画像を同一サーバに置いて相対参照しています。だからドキュメントが正常に読み込める限り画像の表示は保証されます。ただし YouTube は以前からのリモート参照仕様がそのまま使えますし、OneDrive の前身である SkyDrive 時代に作成したリモート参照は今のところすべて有効なので、新規作成記事のみ新しい方法を適用しています。[2]

上限の10GBを超過しそうなら、上のプランに移行します。今のところこのサイトが運営費を稼ぎ出しているわけではありませんが、将来に向けての投資とも考えて年間一万円以下ならサイト維持費としての通常範囲と考えています。このサイトの創設によって金銭以外での大きな収穫があったし、これからも見込めるので。

なお、旧サイトはトップページに新サイトのリダイレクトファイルのみ存置してその他の記事は検索の障害になるのですべて削除しています。当カテゴリのトップやその他の主要な記事では新サイトへURLを書き換えていますが、過去の個別記事では旧サイト上の記事URLを掲示しているので、リンク切れが生じます。

ただし geocities のサイト自体は削除することなく、将来的にはバナー付きでも足りる程度に重要性の低いデータや郷土関連記事以外のものを置くサイトへ流用する予定があります。アカウントそのままの「すた・ばにら」に戻すかも知れません。

---

1. その後上限が100MBまで拡張されたようです。
2.
リモート参照されている画像はすべて新方式に変えるべきと考えています。埋め込まれた Yahoo!地図やルートラボ、地理院地図データなど、他サーバのデータ参照を要する記述も当該サイトが移転すれば表示されなくなるので、これも将来的に対処すべき問題と認識しています。

開く コメント(0)

運営しているホームページ「宇部マニアックス」に関する報告です。

最近 Yahoo! ブログがすっかり放置状態になっています。前回は OneDrive 問題で新規の画像埋め込み記事が作成できなくなってしまったと報告しました。

完全に固定された情報を発信するならいざ知らず、次々と新しい情報を発信することを旨となすサイトにとって新規の記事作成や編集追記が不可能になることは、そのままホームページの死を意味します。「できなくなりました」で済まされる筈もなく、別の画像を無料で保存できる場所(具体的にはFacebookのアルバム機能)から参照する姑息的手法で切り抜けていました。

11月入りして過去のある記事を参照したとき、上記の方法で埋め込まれた画像が軒並み表示されなくなっていることに気づきました。更に調べたところ、前述の姑息的手法では作成して暫くは画像が正常に表示されるものの、概ね4ヶ月を経過すれば画像リンクが無効になってしまう現象を確認しました。画像が削除されたわけではなくリンクが期限切れとなっただけなので、再度リンクを取得し更新すれば再び表示されるようになります。しかし4ヶ月経てばまた元の木阿弥…この手法による記事を増やしたなら、そのすべてについて4ヶ月経つ前にリンクを更新してやらなければならず、先行き破綻するのは明らかです。

ちなみに OneDrive の画像リンクが期限切れになる問題も結局そのままで何のアナウンスもありません。この他に Google Drive もアカウントを取得し試したのですが、画像を別サイトの記事へ埋め込み表示させること自体が不可能でした。時代は今やクラウドとは言え、そこに保存されたコンテンツを別サーバから恒久的に参照し続けるような使い方は世界的に出来なくしてしまう動きとなっているようです。

そもそも画像や動画を無償スペースに保存してメインとなる別サイトに埋め込み表示させるというトリッキーな手法に頼ったのも、大量の画像や動画を余裕で受け入れてくれるホームページスペースを提供するサービスがなかったからです。ホームページ開設時からGB単位でサーバを貸してくれる有償サービスはありましたが、年間数十万円、ものによっては更にゼロが一つ多くなるオーダーで、とても個人の道楽で利用できる状況ではありませんでした。

さて、いよいよ切羽詰まった状況になったので、姑息的手法が破綻したことに気づいた時点で改めてホームページスペースを提供する有償サービスを調べました。現実的なコストでなければ運用できないので、まず独自ドメイン取得という条件を一時的に外し、保存容量も無制限から50GB程度まで緩めて探してみました。そこまで譲歩すれば、年間数千円レベルで条件に見合うサービスを見つけることができました。

最初の一週間程度はお試し期間となっており、この記事を書いている現時点では未だお試し状態です。一番下のランクで10GBというのがあり、足りなくなったら一つ上の50GBランクに変更可能です。既にアカウントを取得し現在運営しているのと同一内容をミラーリングしています。アップロードは当該運営会社の提供する会員向けページからログインして行えるし、FTPソフトに個別設定して行うこともできます。コストが安く済むことの他に、サイトのURLが非常に分かりやすいものとなるのが魅力です。今の geocities よりずっと分かりやすい。

移転作業については、実のところ8割方終了しています。何もしなければ今年の7月から11月までにかけて新規公開した記事から画像が表示されなくなるので、早く期限切れを迎えそうな記事から対処しています。それは geocities に直接画像ファイルを置いて参照する方法なので、いずれ割り当て容量の50MBを越えてしまいます。そうなった後は遺憾ながら geocities 側のリンク更新は行いません。それまでに新しいサイトを案内し、必要であればブックマークの変更をお願いすることになります。

ネット上に重複した記事ファイルが存在するのは宜しくないので、姑息的手法で作成された画像参照を含む記事が期限切れを迎える4ヶ月先までは閲覧を保証しますが、将来的には geocities はトップページに新しいサイトへのリダイレクトのみ置いて他のファイルはすべて削除される予定です。詳細は追ってまた報告いたします。

開く コメント(0)

運営している主力ホームページ「宇部マニアックス」に関する報告です。

当サイトでは、OneDrive(以前のSkyDrive)に画像をアップロードし、geocities に作成されたファイルから画像を参照する形式で記事を作成しています。
不具合か仕様変更によるものか不明ですが、今月の10日頃以降、直近にアップロードされた画像が一定時間経過後まったく表示されなくなる異変が発生しています。

画像のアップロードは正常に行えていて、OneDrive から画像ファイルを閲覧することはできます。HPの記事ファイルでも画像をアップロードした直後は正常に表示されます。しかし数時間経過した後、記事ファイルを開くと最近アップロードした画像は軒並み×印が表示され、画像ファイルが存在していない扱いになっています。

OneDrive で当該画像を確認すると、ちゃんとアップロードされています。しかしその画像に割り当てられたURLが当初のものと違っています。即ちHP側から参照しているURLが無効化され、別のURLが割り当てられています。
そこでHP側の画像参照部分を新たに有効なURLに置換すると、そのときは正しく表示されます。しかし数時間するとやはり表示できなくなり、当該画像にはまた別のURLが割り当てられている…といった塩梅です。

画像が表示できない問題は、以前にも何度か経験しています。それらはログインしていなかったり、新たに作成したフォルダに閲覧範囲の設定をしていなかったのが原因で、いずれも解決できました。今回の問題はそのいずれでもありません。

常盤公園のしょうぶ園に咲く花菖蒲ギャラリーのページを去年作成していて、このたび新たな品種を撮影してきたので画像を追加しました。アップロードと記事の編集は10日頃行い、当初はすべて正常に表示できていました。
ところが最近、別の記事でアップロードした画像が×印で表示される現象に気づきました。改めてアップロードし直してURLを割り当てても同じです。更に調査したところ、花菖蒲ギャラリーを含めて10日頃以降画像をアップロードしてURLを埋め込んだ分が軒並み無効になっていることに気づきました。

不思議なことに、以前からアップロードしている画像は正常に機能しています。花菖蒲ギャラリーでは記事に埋め込まれた画像をクリックするとズーム写真が表示される設計にしていますが、以前の分は埋め込み画像・ズーム画像ともに正しく機能します。10日以降追加した分だけ埋め込み画像が表示されません。同一フォルダに画像を保存しているので、閲覧範囲の設定の問題でないことだけは明らかです。
当初はズーム写真の方も「ファイルがありません」になることがあった

10日以降 OneDrive、PC側、ブラウザ側に何の設定変更も行った覚えがないので、遺憾ながら OneDrive 側の不具合か動作変更が疑われます。HP記事への埋め込み表示だけができないので、OneDrive にアップロードした画像を他サイトから埋め込み参照する使い方を禁止する設定が行われた可能性がありそうです。

あるサイトから別のサイトに保存した画像を埋め込み表示する使い方は、多くのサーバで制限がかかっています。無料サイトの場合、画像だけ参照されるとサーバ負荷がかかる割に広告表示されずメリットがないからです。しかし geocities にあるのは画像ではなく参照元となるテキストファイルで、参照先が OneDrive です。以前の画像は正常に表示されるので、geocities の問題ではなさそうです。

OneDrive はもともとファイルストレージが主要用途のサイトで、アップロードした自分の画像ファイルを他の場所から参照することは普通に行われています。仮にこの使い方がいけないとなれば、うちのサイトは「商売あがったり」です。当初から OneDrive の画像を参照する設計なので、これでは画像を含む新規記事が作成できません。本当にそうなら今後作成する記事の画像表示設計を全面的に見直さなければならず、容易に解決できる問題ではありません。特に既存の記事もいずれリンクが無効化されるなら、当初からお約束していたようにサイトを一旦閉鎖いたします。一面が×印になっているサイトなど何の価値もないので。

現在、OneDrive 側に問い合わせを行っています。24時間以内に回答を頂けることになっているので、原因が判明し肯定的な解決に向かえることを願っています。
HPに掲載される物件は、どういうものが何処にあるかを明確に示す必要があるので地図情報が必須となります。
Yahoo!では以前から地図機能が提供されており、Yahoo!ブログへの埋め込みだけでなく一般のブログやHPにも埋め込むことができます。溜め池や橋などの一次元情報の案内ではこの機能だけで足りますが、道路のように二次元要素を持つ対象を案内するときには不十分です。

以前は起点と終点をポイントしたリンク情報を案内していました。しかしこれでは能動的にリンクを展開する必要があるし、経路が複雑かつ長い市道では起点と終点だけの情報では途中のルートが分かりづらい難点がありました。

位置情報と言えば、電子国土は当初から高い機能を提供していました。等高線のある分かりやすい地図に自ら作成した経路を上載せ表示でHPに埋め込む機能は大変重宝していました。しかしどうしたことか、一昨年のこと電子国土から現在の地理院地図へリニューアルする際この機能が一方的に全廃され、苦労して作成した上載せ情報が完全に失われてしまいました。しかも新しい地理院地図では上載せ情報はたった30日間しかサーバに保存されません。[1] 当サイトでは恒久的な閲覧を前提としているので、こんなことではまったく使い物になりません。
こうした遺恨があるので今後は地理院地図の埋め込み機能は使用しません

経路を示した地図を確実に埋め込む機能を探していたところ、Yahoo!のルートラボを見つけました。これは地図上の2点間のルートを明示するのみならずアニメーションで実際の移動を見ることができます。縦断図が表示されることで経路上の登り坂・下り坂や標高が分かるのは地理院地図にはない優れた機能です。
 
今後、道路関連の経路図はルートラボで示すことにします。
以下は市道神原町沼線のルートです。
 
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=640&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,33.94731,131.25789,33.94908,131.25897,33.94917,131.25903,33.94989,131.25947,33.95058,131.25992,33.95106,131.26022,33.95106,131.26025,33.95108,131.26031,33.95200,131.26061,33.95222,131.26067,33.95242,131.26086,33.95256,131.26103,33.95283,131.26150,33.95289,131.26169,33.95292,131.26186,33.95292,131.26200,33.95306,131.26247,33.95306,131.26250,33.95322,131.26269,33.95333,131.26292,33.95356,131.26306,33.95364,131.26308,33.95375,131.26328,33.95386,131.26347,33.95406,131.26383,33.95411,131.26411,33.95431,131.26408,33.95467,131.26406,33.95539,131.26400,33.95589,131.26406,33.95608,131.26408,33.95628,131.26411,33.95644,131.26414,33.95653,131.26408,33.95664,131.26403,33.95675,131.26428,33.95683,131.26444,33.95717,131.26528,33.95739,131.26547,33.95797,131.26569&pins=33.94731,131.25789,,blue&ping=33.95797,131.26569,,red&mode=map
 

上記画像は静止画を埋め込んでいますが、HP記事では再生ボタンを押すことで起点から終点まで経路を辿るアニメーションの埋め込みを予定しています。これはスクリプトで提供されており、HP記事へ埋め込むのは容易でもYahoo!ブログにはスクリプトを埋め込む簡単な機能が用意されていないためです。
同じYahoo!による運営なのにこの連携のなさはどうしたことだろうって気がする

Yahoo!は地理院地図とは異なり民間企業であり、しかも今までYahoo!アバターやプロフィールなど、廃止されたり今後の廃止が予定されているサービスを数多く提供している”実績”があります。ルートラボの導入はいいとして、また「経費がかかるので廃止します」なんてことにならないことを願います。

---

1.「地理院地図|お問い合わせ」には、
「メールやチャット用リンクを取得」や「ウェブサイトに埋め込み」の作図情報は30日間しか保存されない旨の断り書きがある。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事