ここから本文です
おれの工具を見ろ!
ダメ人間には良い工具を。

書庫全体表示

Hazet650タイヤレバー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

hazet工具の中でも比較的知名度の高い名品ですね。KTCやTONEなど国産工具を破格値で持って来てくれる馴染みの部品商から購入したものです、レースメカを辞め副業として2輪も触る様になった時に初めて購入した自前のレバー第一号です。「汎用性の高い物を一組欲しい。」とのボクの要望で部品屋さんが持ってきたものがコレでした。「値は少々張りますがとても良いですよ、世界一のタイヤレバーと言ってもまず間違いないでしょう。」そう言って手渡されたものがhazet工具だったので少々驚きました、そもそもタイヤレバーに詳しく無く興味も無かったので国産の定番品のようなものが来ると思っていたのでした。しかも大好きなHazet社のレバーが「世界一」なんて言われちゃったもんだから気分がよくなって、、、


え?

え?

なんすか?

Hazetそんなに良いんすか?

フムフム、なに?そんなに硬い?

え、世界一の鍛造技術?まじ?

うんうん、どれだけ凄いかもっと詳し、、

やっぱり違うんだぁ〜、え、なに、薄い?

スッっと入るんだ?薄いから、

薄くても強、ああ、高い鍛造技術がね〜ほえ〜

ん〜?、少し高いの?

な〜に、問題ナイ問題ナイ

高いのは当然っしょ、だってアレでしょ?

えっと何だっけ?

ん〜〜?

あ、ゴメンちょっと良く聞こえなかたもう一回、

ん?そうそうそれ!世界一!









はい、上の回想シーンがキモくて気分を害されたかたはごめんなさい、でも実話www

この頃は特にHazetに入れ込んでいまして、正確には某S社以外の実力メーカーに必要以上に肩入れしていた時代でした。

契約満了しチームからの継続の打診を蹴った事で周りが騒々しくなり、同時に工具提供スポンサーだったS社の手のひら返しに辟易していた頃でした、何かにつけてS社の粗を探し、S社以外のメーカーを過大評価していましたね。今思えば大事な新しい門出の時に後ろばかり見て何やってんだかって笑けてしまいますが。まぁ、ガキだったから仕方ないかw






今は特に思うところも無く、S社だろうがライバル?M社だろうがフラットな目でお付き合いさせて頂いているつもりです。





おっと、タイヤレバーですね。
感想もなにも、ほとんどコレしか使ってないので相対的な感想は言えませんw誰かが3軍工具箱に捨てていった無名のレバーとは比べようもないのは確かです。一応、グリップ付のPBの物も所有していますがグリップの恩恵をイマイチ感じられずHazetばかりを使用しています。タイヤ触る時って軍手か背抜きのゴム手袋なんで握りの形状なんてどうでもいいと思っています。薄さと剛性感でこれです。最近仲良くさせて頂いているマジキチ工具屋H氏曰わくstahlwilleのレバーが超キテるとの事、興味はあるけどでも1本6kは高杉だよなぁ〜。そうだH氏の店の値札に細工してレジに持って行こう!彼アホだからきっと600円で売ってくれるだろうw




あ、S社の話はフィクションですよ。ウソウソw































 

  • 顔アイコン

    「世界最強」良いですねそのフレーズ。
    最高に憧れちゃいます。
    「地上最強」みたいな感じで!

    Hazetの血が流れる、タイヤレバー…いいじゃないですかー!
    あれっ、でもそういや僕、タイヤレバーって持ってない…。
    薄いプライバーとして購入したくなってしまいました。

    [ Sential ]

    2014/6/3(火) 午後 11:05

    返信する
  • Sentialさんおかえりー!

    hazetの血が滴るレバーを生で食べられるお店が減ったのは寂しい限りですね(´・ω・`)

    4輪整備は分業化が進んでいるのでタイヤレバーを持っていない4輪専門のメカニックさんは珍しくないと思いますよ。プライバーとしては曲がりが足りなくて使いにくかったりします、それにグリップがないので縦向きに(↓)使うと疲労度がハンパないっすw

    [ ヒゲーン ]

    2014/6/4(水) 午前 6:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事