全体表示

[ リスト ]

一カ月以上間を開けましたが、久しぶりのレビューは最近作ったEXモデル ヒルドルブです!





ヒルドルブ
タンク形態
イメージ 1

イメージ 2

UC0077年に完成した試作モビルタンク。
元々は超弩級戦車として開発がスタートしましたが、後に登場するMS開発の影響を受け、上半身を変形可能な構造にしMSと同様の腕を装備するなど、コンセプトが2転3転したまさに試作機といった経緯を持つ機体です。

開発自体はMS登場以前のUC0072年からスタートしたという事で、各部にはMSらしさと従来の戦車や重機っぽさが絶妙にMIXされた、独特のデザインをしています。


人目を引く巨大な主砲・30cm砲はメガ粒子砲の登場により一線を退いた戦艦の主砲を転用したもの。
戦局に応じて各種弾頭を選択することができ、射程も32〜35kmと距離があるため、地上戦で十分に威力を発揮できる武器となっています。







キットはまさに「巨大な戦車」という、コンセプトそのまんまのイメージが伝わってきますw
ちなみに主砲は前方向きに固定されており、旋回はモビル形態時のみに限られています。









大きさ比較のため、同スケールのザクスナイパーと
イメージ 3

普通のザク兇浪罎家にはなかったのでw
前後に非常に長く、大きい事がわかります。












キットは差し替えでモビル形態へと変形が可能。

イメージ 4

変形時は一旦、各ユニットをばらします。




イメージ 5

中央のブロックを差し替え、手首パーツを追加して組みなおす事で、モビル形態が完成します。













ヒルドルブ
モビル形態
イメージ 6

イメージ 7

独特の頭部と巨大なキャタピラという、ガンタンクとはまた一味違う半人型兵器が完成。
右手にはザクマシンガンを装備しており、マニュピレーターによりその他各種MS用兵器も取り扱う事が可能な仕様となっています。







各部アップ

頭部
イメージ 8

独特の形状をした頭部は、細いスリットからモノアイが見えています。
モノアイは透明クリアパーツで再現されており、塗装が必要です。

ちなみにキットでは、モノアイは固定で正面のみを向く仕様となっています。






腹部
イメージ 9

変形を彷彿とさせる複雑な形状が再現されています。









キャタピラ
イメージ 10

軟質素材で再現されたキャタピラは、非常に細かな造型となっています。
キット素組みでは非可動ですが、少し改造してやればキャタピラを回転させられるようにもできそうです。








装甲等
イメージ 11

全身の装甲等はEXモデルならではの細かなモールドが施され、より実機としてのリアリティを感じる事が出来ます。







腕部
イメージ 12

ザク兇里發里鯲用したという設定の腕部。
上腕部は簡易な構造となっており、「後付け」感も味わえるデザインとなっていますw








予備マシンガン
イメージ 13

機体後方には予備のマシンガンを装備。
こちらも取り外し、手に持たせることが可能です。















可動等


主砲
イメージ 14

イメージ 15

ポリキャップ接続により上下に向きを変えることができます。
タンク形態でも同様に向きを変えられます。







腕と腰

イメージ 16

腕は肩・上腕の伸縮・肘・手首および上腕と肘のロールが可能。
ただ、ちょっと軸が細めなのか固定が甘く、保持力にはやや不安があります(^^;
また、肩の外側に付いている装甲板もポリ軸接続で動かせるので、可動の妨げにはなりません。


腰は基部でボールジョイント接続により旋回が可能。









アーム
イメージ 17

両肩のショベルアームは展開可能。
ショベルアームの関節は全てプラ軸のため、動かしすぎるとヘタりそうなので注意しましょう(^^;










左手首
イメージ 18

左手首は握り手・武器持ち手の選択式。(右は武器持ち手のみ)
別売りのHGUCザク等の武器を持たせることができます。
写真ではザクスナイパー付属のマシンガンを持たせてみました^^











なんとなく長距離射撃部隊
イメージ 19

どちらも表舞台には登場しないMSですがw
この主砲の巨大さはやはり圧巻ですね!













以上、EXモデル 1/144 ヒルドルブでした。

これまでEXモデルは「動かない・色がない・高い」というイメージを持っていて、ほとんど作った事がありませんでした。
このヒルドルブは(元の色が少ない事もあって)色分けもそこそこ再現されており、各部もポリ接続で可動する等、値段以外は良い出来で個人的には満足できるキットでした。
HGUCで出すとなれば、そこそこ高額になりそうな上に需要がそこまである機体でもなさそうなので、やはりEXモデルとして出すのが妥当なんでしょうね(^^;

MSイグルーという映像作品は未見ですが、ヅダやこのヒルドルブ等、独特のデザインの機体が登場するという点で、模型的には面白そうだなぁと思います。

お金に余裕のあるタンク好きならば、買ってみて損はないキットだと思いましたw
今月にはザク驚肋綫錺札奪箸盧独任気譴襪澆燭い覆里如一緒に買って並べてみるとより楽しめそうな気がしますw

この記事に

閉じる コメント(9)

ディテの細かさに関しては、さすがEXモデルといったところですね〜

ヒルドルブって、もうチョット大きい印象があったんですが・・・そうでもないんですね。

2011/7/5(火) 午前 0:03 イェーガー 返信する

顔アイコン

実際にはガンダムと戦った事無いけど、戦ったらアムロでも苦戦しそう。それにしてもモビル形態だとかなりの威圧感があるな。

2011/7/5(火) 午前 0:34 [ max ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
「くら屋」に立ち寄ってくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願いします<(_ _)>
ヒルドルブはモノアイ周辺が独特の形状をしていて大好きです

2011/7/5(火) 午前 4:19 [ くらっち ] 返信する

自分の出会いはGジェネからですが、痺れるほどの良デザだと思います。HGUCで出ると完全変形で2000円強くらいでしょうかねー?

2011/7/5(火) 午後 8:11 nov6628 返信する

顔アイコン

こんにちは!まぅと申します♪
IGLOO機体はどれも好きなのですが、ヒルドルブは本当に痺れるデザインですよね♪
ザメルやライノサラスに通じる無骨さがあります♪
ヒルドルブは好きなのですが、EXモデルは持っていないので、自前のナノブロックで組んで喜んでおります(笑
ポチ☆

2011/7/6(水) 午前 8:45 [ ― まぅ ― ] 返信する

顔アイコン

別方向から見ればガチタン。レイヴン・リンクスの性は抜けんなぁw
EXの売りは、某変態企業ばりの造形とマニアックな選択だと思っております。HGではハブられそうな機体後方スペースのディテールが良いですね。戦車という事で力の入り方が違う感じですw そういう意味ではEXで正解な一品ですね。ただ、完全変形でHGUC化というのも捨てがたい・・・。

2011/7/14(木) 午後 1:37 [ ヘタガラス ] 返信する

戦車で射程が35キロって凄いね。

戦艦大和で最大射程が45〜50キロだからね。

2011/7/17(日) 午後 11:32 [ akk*y_1*3* ] 返信する

顔アイコン

>みなさま
またしてもお返事が遅くなり申し訳ないです・・・激謝!!



>イェーガーさん
腕なんかはザクの流用なので、実は思っている程は大きくないのかもしれませんね。

この緻密な情報量はEXモデルならでは、ですね^^





>maxさん
実際にガンダムと戦って勝てるかはともかく、主砲の威力は脅威になりそうですね。
モビル形態はその異形なシルエットと相まって、相手は委縮してしまいそうですね

2011/7/22(金) 午後 2:14 ソラ 返信する

顔アイコン

>くらっちさん
こちらこそ初めまして。
この見えるような見えないような細いスリットのモノアイ、前ににゅっと突き出た頭部形状など、他のMSとは違う雰囲気が漂ってますよね^^




>まぅさん
はじめまして。
ナノブロックのヒルドルブ、拝見しました。SD体形へのアレンジや変形の再現など、かなり凝った出来に驚きました。
また、他のブロック製MSたちも良い出来で凄いですね〜^^
ポチ、ありがとうございます!





>ヘタガラスさん
確かに、ACの世界観にも合いそうなシルエットですねw

完全変形のHGUC化はアツイですねw
ただ、胸部周りの変形は結構複雑なので、完全変形となると強度がちょっと不安です。最近のB社の傾向からいっても、おそらく差し替え変形で片づけられてしまいそうなのが残念ですね。






>あっきー殿
この主砲は戦艦からパクッたものだからねw
戦車に戦艦の主砲を乗せようとすると・・・こんな巨大な戦車になってしまったんだろうねw

2011/7/22(金) 午後 2:14 ソラ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事