全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全364ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新鏡筒

今度の土曜日は、子供たちを集めての観望会
観望会にはいつもED115Sを持って行きましたが、SD改造化のために手元にありません。
観望会が終わってからは観測所整備に行くつもりなので重厚なFSQを持って行く気にもなれません。
そこで、新鏡筒を用意しました。
イメージ 1

長らく眠っていた割には、レンズもカビが生えておらず綺麗
イメージ 2

このA80Mfは入門用として買い易い値段(ポルタとセットで47,520円)なので、親御さんにも勧めやすい鏡筒です。
この鏡筒で星を見た事が無いので、どの程度見えるのかわかりません。
今夜あたり星が出ないかなぁ?

新鏡筒の題名で、FSQ130EDやCCA250を連想した方 ごめんなさいね。

この記事に

開く コメント(11)[NEW]

ロケハン

軽井沢のモカのパパさんの別荘に招待されて行って来ました。
ダメ元と思いながらも機材を載せて、7時半に出発
ナビの到着時間は、東名-圏央道-関越道-上越道回りで12時30分
私はナビに従わず、金谷ICから新東名-52号線-中部横断道-中央道長坂IC経由をチョイス
長坂ICを降りたら雨、野辺山はガス
軽井沢到着は、蕎麦屋に寄ったので13時ちょい過ぎ
イメージ 1
ひと口 食べてから写真を撮ったので海苔が少なくなってます。

流石に避暑地 軽井沢
雨のためスカッとしてはいませんが涼しい。

ちょっと休憩してロケハンに出掛けました。
まずは、嬬恋村の愛妻の丘
イメージ 2
矢印の松の木が南に傾いています。
北風の強さを物語っています。

駐車場
イメージ 3
舗装されてサークルが書かれていました。
春には浅間山にアーチする天の川が撮れそうです。
この駐車場の北側は道路
あまり車が通るとは思えませんが、道路がカーブしているので北からハイビーム照射されそうです。

次はスキー場の駐車場
入り口にゲートが無かったのでオールシーズンで入れそう。
こちらが北
イメージ 4
ホテルの照明が、どの程度か気になります。

こちらが南
南側に浅間山が見えます。
標高は1500m
イメージ 5
東から南は暗そうです。

ロケハンを済ませたあとは、バラキ湖や白糸の滝などを観光
最後は温泉に入って、まったり
別荘に戻ってきたからは酒を酌み交わせつつ天文談義
本当なら撮影したかったですが、この天気ではしょうがありませんでした。

翌日は美ヶ原へ
牧場駐車場 こちらが南
ここの標高は2000m
南に障害物がないので、晴れたらサソリの尻尾がクッキリ見えそうです。
イメージ 6

宿もあって、望遠鏡も置いてありました。
お客さん相手にスターウォッチングもやっているようなので、駐車場の使用は問題なしのようです。
イメージ 7

こちらは美ヶ原高原美術館の駐車場
ここはタイムラプスの聖地 というポスターも見かけました。
イメージ 8
こちらは北方面
イメージ 9
たぶん松本市だと思いますが、眼下に街が見えました。
ただ、ここは入り口にゲートがあったので、夜間入れるかは不明です。
どなたか知っている方が居ましたら教えてください。

軽井沢から、ここまで1時間半
帰りは早朝の下りなので、1時間で戻れると思います。

ほかにも近くをロケハンして、12時半頃にモカのパパさんとお別れ
モカのパパさんの帰りのナビは中部横断道の佐久南IC
私のナビは長野自動車道の岡谷IC
信州方面に拠点が出来たので再会を約束して、帰路につきました。

私は岡谷ジャンクションから中央道を南下
駒ケ岳SAで休憩
飯田近くに来て、しらびそ方面に雲がなかったら行ってみようと思いましたが、やはりガスに覆われていました。
飯田山本から三遠南信道で天竜峡まで行き、コスモスの湯で遅い昼食と温泉
(あまりにお腹が空いていたので写真なし)
休憩してコスモスの湯を出たのが、15時10分
それから、151号線-三遠南信道-新東名浜北IC経由で家に到着したのが、17時25分(途中休憩10分含む)
なんと天竜峡から、2時間半弱(前の車について行っただけなのに)

途中のすれ違い困難だった、太和金トンネルも新太和金トンネルと橋が開通
あとは新野峠から阿南町への一部が開通していて狭い区間は数kmのみ
昔は飯田まで4時間以上掛かっていましたが、道が良くなったものです。

しかし、明後日(26日)まで新月期夏休みを取ったのに、天気は戻り梅雨
何処へ遠征してもダメみたいでガッカリです。

この記事に

開く コメント(12)[NEW]

yamatomoさんに分解清掃をお願いしてあったGPD2赤道儀が帰ってきました。
モリブデングリスに交換して貰いました。
イメージ 1

これでガイドがバッチリとなれば言う事ありません。

あとはSD化改造に出しているED115Sの返却待ちです。


それにしても、梅雨明けしたのに晴れませんね。
明日は新月だと言うので、信州方面に遠征を計画しましたがダメかもしれません。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

明日は観望会

明日の夜は、遠州天体写真愛好会の定例観望会&撮影会が、お山で計画されています。

梅雨明け宣言が出されたので、ばんざーいと喜んだものの
太平洋高気圧に、すっぽりと覆われず、こんな予報(矢印のところが遠征先)
イメージ 1

当地は今年も去年の二の舞になるのではと心配です。

26日まで夏休みを取ったので、なんとか晴れて欲しいものです。

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

試運転

昨日から、共同観測所の準備に行って来ました。

まずは、ドーム内の清掃
そして、EM500のバランス調整、システム変更、極軸合わせ、試運転の予定

現地でのシステム変更会議で、トッププレートとベースプレートにアリミゾを取り付けて、会員の望遠鏡を載せることができるように手を加える事にしました。

そのあと、重い冷却CCD(BN-82L)を取り付けて、バランス調整
調整の結果、コードサポートの木の棒が出ている所にバランスウェイトを取り付けられるよう加工することになりました。

ここまでは、3名で汗だくになりながら実施
夕方から小雨がぱらついてきたのでタシロ大佐と惑星連邦さんは帰宅
は恒星追尾で動くか確認するために残りました。

ドームを閉めて恒星追尾確認中
イメージ 1
赤道儀は、しっかり動いているようでした。

1時くらいから星が見えてきたので、カメラをデジカメに替えてピント合わせ
極軸望遠鏡で極軸合わせ(ドリフト法での確認が出来なかったのが残念)
ファインダー調整
ガイドテスト
イメージ 2
どうにかガイドしてくれたようです。

ノーマル60Dによる試写結果(等倍切り出し)
イメージ 3

このε250RCはピント合わせは回転ヘリコイド
ピントを合わせるとカメラの位置が変わるので回転装置で戻さなければいけません。
星が出ている場所が限られていたので高所で行わざるを得ませんでした。
なかなか、ジャスピンがわからず苦労(このあたりも改善したいなぁ)

右側の星像が崩れているのが気になります。
明るい月も出ていたので、ISO400にて3分露出で確認
数枚、試写したところで薄明開始でした。

そして、明るくなってから私のカメラを取り付けて記念撮影
イメージ 4

イメージ 8


テラスのGPDは、こんな感じになりました。(奥はタシロ大佐のJP)
イメージ 5

明るいうちに水平調整
北極星が出てから極軸調整を実施

ブロックをコンクリートボンドで固定したのち、バケツとタイヤカバーで防護しました。
イメージ 6
これで、梅雨明けから運用開始できる準備が整いました。


そして、家に帰ってきたら、こんな物が届いていました。
イメージ 7

しかし、これを取り付ける望遠鏡(ED115S)は、ドローチューブ交換(SD改造)のために旅立ったばかり
こいつとSD改造のため、私のボーナスは使い果たしてしまいました。
以前より効果がないと困ります。


この記事に

開く コメント(19)

全364ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事