キリスト者として今を生きる

風は冷たいけれど春の訪れを感じます。。。

全体表示

[ リスト ]

私は創価学会学会員の方々にシンパシーを抱いています。時折雑誌などで知る、その社会や人間に注ぐまなざしにも共感するところが多いです。下の記事は2001年(5年前です)5月23日の朝日新聞に載った池田大作創価学会名誉会長の発言です。(13面「私の視点」)池田先生はこんなことを発言しているのに、なぜ今創価学会員は、公明党を支持し、自民党と組んで教育基本法「改正」を推進しようとしているのですか。どこでどう変わったのですか。創価学会員のねねばばさん、せっかく記事を書いてくださったのに訪問が遅れてごめんなさい。遅ればせながら、この記事をもって「対話」の端緒とさせていただきます。


教育基本法 見直すより大いに生かせ  池田大作

 「艱難に勝る教育なし」-----ギリシャの箴言と記憶している。
 教育は観念ではない。頭脳だけでもない。実践であり正義である。「人格の向上」と「社会の繁栄」と「世界の平和」の源泉こそ、教育の本義であると私は思う。
 かつて内村鑑三は、近代日本の教育が”艱難を避ける方法”を授け、才子ばかりをつくっていると嘆いた。本来、教育は”艱難に打ち勝つ力”を育むものでなければならない。
 昨今、教育改革が政治日程に上るなか、小泉政権の下でも「教育基本法」の見直しが論議されている。
 私自身は、拙速は慎むべきであると考える。基本法の眼目である「人格の完成」など、そこに掲げられた普遍的な理念は、教育の本義に則ったものであり、新しい世紀にも、十分、通用するからだ。
 たしかに、基本法がうたう「人格」や「個性」は抽象的だという指摘もある。しかし、憲法に準ずる基本法の性格を考えれば、抽象性ゆえの普遍性は、むしろメリットとして、大いに生かせるのではなかろうか。
 第一に、「グローバリゼーション(地球一体化)」は、とどめようのない時流である。そこでは、国益と同時に人類益への目配りが欠かせない。普遍的かつ世界市民的な視野を養うことが、ますます重要になる。
 第二に、「教育勅語」に盛られたような具体的な徳目は、基本法の性格になじまないと思う。法文化されれば、必然的に権威主義的な色彩を帯びてしまうからだ。
 現代は、あらゆる既成の権威が色あせ、家族という人類最古の共同体までも”ゆらぎ”に直面してい
る。その底流を直視せずに、教訓的な徳目を並べても、復古調の押しつけとして反発されるだけだ。
 もとより私は、日本の歴史や伝統文化を軽んずるのではない。逆である。
 軍部権力と対決して獄死した、ある卓越した教育者は「慈愛、好意、友誼、親切、真摯、質朴等の高尚なる心情の涵養は、郷里を外にして容易に得ることはできない」と述べた。地域や郷土に根ざした固有の文化や伝統を尊重してこそ、豊かな人格の土台も築かれる。
 ただ、そうした心情の涵養、人格の形成は、外からの「押しつけ」ではなく、徹して「内発的」に成されるべきである。
 周知のように、基本法は、アメリカのデューイの教育哲学と親近している。デューイも内発的な精神性を重視し、それを引き出すものこそ教育であり、「人間は、教育によって人間となる」と断じた。「内発」こそキーワードでなければなるまい。
 私自身、教育を生涯の事業として取り組んできた。すべての子どもの生命にある「伸びゆく力」と「想像力」を開花させるのは、やはり教育の現場、また家庭や地域における、人格と人格の触発以外にない。
 目指すべきは「教育のための社会」である。社会のために教育があるのではない。教育のために社会があり、国家がある。発想を大きく転換して、21世紀こそ、子どもたちが「生きる歓び」に輝く世紀としていきたい。
 大胆に改革を提唱する小泉純一郎首相も、教育に関する発言は、まだ少ないのではないかという印象を国民は受けている。
 未来のために最も重要であり、世界の平和と文化の創造の根本であり、人間が人間として幸福になるための真髄である教育を、ぜひ、忘れないでいただきたい。

池田大作先生は、この記事の中ではっきりと教育基本法「改正」に反対しています。徳目教育に反対し、「押しつけ」に反対しています。「教育のために社会があり国家がある」のであって、「社会のために教育があるのではない」としています。ということは、財界ののぞむ格差社会のために学校評価性や教育バウチャー制を導入し、教育に市場原理を導入することに、必然的に反対することになるのではないでしょうか。

池田先生が冒頭近くで引用している内村鑑三はキリスト者です。「教育」と「人間」についての深い理解をキリスト者と創価学会員は共有しうることをここに見ます。創価学会員は上の池田先生の発言を今どう受け止めるのか、問いたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(151)

顔アイコン

どの宗教がいいのか判りませんが、歴史は物語っていると思います。宗教も法律も唯の人間が作ったもので自分の都合のいいように解釈してるだけでは無いでしょうか?もう少しちゃんと勉強してからこういう事って書いた方がいいと思います。何が正しいかなんて絶対あり得ないものです、まして貴方は先生なのですか?もしもそうであれば、私が貴方の生徒だったり父兄であれば、教わりたくありませんね!ハッキリ言いましょう、子供に託けて愚痴溢すような記事なんか書いても感動しません 削除

2006/11/24(金) 午前 1:22 [ ゆきずり ] 返信する

顔アイコン

ゆきずり殿、初めまして。寸胴@報道基本法制定委員会です。【今までの法律で旨くいかなくなったから】って、今まで法律を踏み躙って教育現場を弾圧してきたのは誰?【変です!おかしいです!】と感じたなら、何度でも読み返して書き手が伝えようとしていることを内省したら?【もう少しちゃんと勉強してからこういう事って書いた方がいいと】言える様にお勉強しましょうね。【感動しません】お可愛そうに、太い物に巻かれてぺったんこ、そこまで洗脳されてしまうとは。紙のご加護のアラン事を。 削除

2006/11/24(金) 午前 3:06 [ 寸胴 ] 返信する

顔アイコン

>学会員も無批判に公明党を支持したり、とありましたが公明党に一番文句を言っているのは学会員です。議員の年金未納の時なんか現場は大変でしたよ。_______→これはけんか売ってるのか? http://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki/e/6bbb6b7796c57dd7592e90e6bf226491 不愉快です。 削除

2006/11/24(金) 午前 5:44 [ そううそ ] 返信する

創価学会・公明党に物申せば、必ずこうして繰り返し反応があることを知っていて、それでもきちんと対応しているスターさんの真摯な姿に大きな共感と感動を覚えます。教育基本法、凶暴剤に対するスターさんの思いは私と同じです。創価学会・公明党に対して私はあきらめていましたが、スターさんのような努力も必要かもしれません。ゆきずりさんとは違って、私は、こんな先生が学校にたくさんいてほしいと強くおもいます。

2006/11/24(金) 午前 6:21 mis*kac*co* 返信する

顔アイコン

ふじんさん、訪問、コメントありがとうございます。お連れ合い様が教員でいらっしゃるのですね。行なわれようとしている大きな教育の転換、教育基本法「改正」に、現場からの声がほとんど聞かれないのは、それだけ現場が圧力を受けて萎縮しているからだと思います。お連れ合いがどんなふうに感じていらっしゃるのか、機会があったらお聞かせいただけたらうれしいです。

2006/11/24(金) 午前 9:29 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

ゆきずりさん、「今までの法律で旨くいかなくなったから何とかしようと政治が介入する」ことをゆるすのは、歴史をみるかぎりよほど慎重でなければならないと思います。それは権力者の恣意を容認することだからです。権力の掲げる「正義」がいかに美しくみえようともそれがどんな結果をもたらすかは、スターリンやポルポト、あるいは戦前戦中の日本を振り返れば例に枚挙がありません。権力者の恣意にたいする縛りが「基本的人権の尊重」なのです。それを謳った現行教育基本法はなんとしても守らなくてはならないものだと私は考えます。

2006/11/24(金) 午前 9:35 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

(ゆきずりさんへ続き)「宗教も法律も唯の人間が作ったもので自分の都合のいいように解釈してるだけ」というのがどう私の記事やコメントのやりとりに関係しているのか判読できませんが、法律の恣意的適用や「都合のいい解釈」を防止するために、曖昧な規定で禍根を残すであろう共謀罪の創設に反対しているのです。すみません、記事やコメントのどこを指して上のように言われているのかがよく理解できません。

2006/11/24(金) 午前 9:40 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

みやきんさん、ありがとうございます。対話を封殺してプロパガンダで世論をなびかせ、重要な法「改正」を強行してしまおうという政府のやり方に危機感を感じています。対話を通じて私たちがより深い思索と広い視野を耕していければいいのですが。

2006/11/24(金) 午前 9:44 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

starさん、はじめまして。TOMさんのページへ飛んでみたらstarさんのコメントに「名案!」が書かれていたので、思いに任せてコメントしてしまいました。改めて感謝いたします。

2006/11/24(金) 午後 0:09 [ mer**29 ] 返信する

顔アイコン

上のゆきずりさんのような考えの方は、まだまだ沢山いるでしょう。でも、私も高2の息子と小6の娘を持つ母として、教育への政治介入は絶対許されるべきものではない!と訴えたい。 法を変えればそれで「何が」良くなるのか?社会の問題は全て「法」によって解決するのか?法の規制によって「人の心が変わる」のであれば、「不幸」などこの世には存在しないでしょう。子供の「心」になにを与えるか・・?それによって未来は良くも悪くもなると思います。

2006/11/24(金) 午後 0:11 [ mer**29 ] 返信する

顔アイコン

また記事を紹介させてもらいました。最近押されっぱなしでちょっと悔しいです。(笑) 削除

2006/11/24(金) 午後 1:48 [ ひげたま ] 返信する

顔アイコン

meruさん、勇気ある発言に心をうたれました。「心」への政治介入を阻止していこうとすることは、「私」自身の心をあらゆる教条、権威、権力から自由な、自律したものとしていくことによってのみ可能なのだと思います。

2006/11/24(金) 午後 8:43 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

ひげたまさん、ありがとうございます。何をおっしゃいますか。私こそひげたまさんのブログに触発されております。

2006/11/24(金) 午後 8:45 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

池田大作氏がこんな文章を書いていたのですか。転載させてください!みなさんのコメントは全部読んでないので、ピントがずれるかもしれませんが、とにかく、「学会員のみなさん、『改正』に反対しなくて、後悔しないの??」と、問いたい!!「愛国心に統治機構が含まれないから大丈夫だ」なんて言う学会員の方がいますが、認識不足ですね。そんな甘いもんじゃない!!TB2つしました。

2006/11/25(土) 午後 5:57 [ どんぐり ] 返信する

顔アイコン

すごいコメント数、議論ですね。今のところ、市民と政党の運動で採決を食い止めることができていますが、与党は今国会での成立を狙っています。公明党議員を含む国会議員へ意見をいうことが大事ではないでしょうか。こちらに議員リストほか、アクション情報を載せていますので、ご参考にしてください。http://kaze.fm/wordpress/?p=62 削除

2006/12/11(月) 午後 0:03 [ ohta ] 返信する

顔アイコン

ohtaさん、アクション情報ありがとうございます。このサイトはすでに知っていたのですが、改めて野党議員と公明党議員に電話をかけました。今国会での採決をなんとかして阻止したいです。

2006/12/11(月) 午後 11:20 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

今さらながら転載させてください。新教育基本法は違憲だと考えます。現憲法が変えられてしまう前に,その違法性を広く訴えたいものです。

2006/12/31(日) 午前 2:44 [ tec**o_bow ] 返信する

顔アイコン

techo bowさん、はじめまして。現憲法は生きています。それなのに教育基本法「改正」や防衛庁の省への昇格と自衛隊の海外任務、明らかな違憲だと思います。こういうことを見逃していると民主主義は蚕食されていきます。私も違憲性を訴えるそのアピールに連なります。転載ありがとうございます。

2006/12/31(日) 午後 8:22 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

TBトラックバックしましたがどうでしょうか? 削除

2007/1/18(木) 午後 6:07 [ そううそ ] 返信する

顔アイコン

そううそさん、TBありがとうございました。訪問してコメントつけさせていただきました。

2007/1/19(金) 午後 10:47 sta*sto*y60 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


みんなの更新記事