キリスト者として今を生きる

風は冷たいけれど春の訪れを感じます。。。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「闇金ウシジマくん」7巻から9巻、「宇津井シリーズ」は救いがあるのだった。

35歳フリーター宇津井優一はパチスロにはまって借金を重ねる。

実家に居候しているのに、母親を「ババァ」と呼び、時に家庭内暴力。

母親は早期退職した「無計画」な夫と無気力な息子との生活に将来の不安を感じ、内緒で株に手を出したことから闇金のカモになる。

母親の借金から宇津井家は持ち家を失うことになり、公団に移った両親にも拒絶され、優一はホームレスに転落する。

ここで宇津井は非行少年のホームレス狩に遭い、死んだかのように見える。

しかし宇津井はこの死の淵から這い上がり、更生するのだ。

「こんなオレでも雇ってくれる人手不足の介護の現場」に就き、訪問介護先の老人たちに慕われる存在となる。

おばあさんにもらった鶏肉で、貧しい公団で鍋を囲む宇津井家は幸せそうである。

自己破産した上、ウシジマの「慈悲」で月々5万円づつ一年間払えば借金がチャラになるという光明もあってのことだ。

「宇津井はなおひどい貧困の中にいるだろう!」という指摘も読んだ。
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/ushijima9.html

ワーキングプアの問題が宇津井シリーズのラストで解決されたとは思わない。



それでも、宇津井の物語からは、人がこの社会でまっとうに幸せに生きていくとはどういうことなのかを考えさせられるのだ。(「まっとう」とか言うと途端に反発するヒトもいそうだけど。)

「まっとう」という言い方が気に入らないなら「しあわせ」でもいいけど、

しあわせになるために必要なのは、金でも能力でもポストでもないと思うのだ。

宇津井はたしかにカネがなくて、闇金に追われて「不幸」になったかのようだけど、

彼の不幸せは、まず第一に母親を「ババア」と呼んだ時点から始まったと思う。

親に寄生しているクセに、親を軽蔑している。

同じように派遣先の上司も同僚もすれ違う通行人も、すべての他者を宇津井は尊大に見下ろしている。

「この宇津井様がな、」と。

宇津井がパチスロと闇金にハマっていくのは、「他者」が存在しないためである。(「他者」を黙殺しているためである。)

他者は私たちの自由を制限するものとして現れ、私たちに限界を知らせる者として存在する。

それは不愉快なことにはちがいないが、この不愉快を引き受けることなしに、大人になっていくことはできないのだ。

宇津井を「ホームレス狩り」する非行少年は、そういう意味で宇津井の過去の姿であり、非行少年たちの行く末は彼らが痛めつけているホームレスの宇津井である。

非行少年たちはホームレスの宇津井を「存在しない者」にしようとするけれども、もし宇津井という他者をしっかり見つめるならば、自分たち自身の現在の立ち位置を認識させられたことだろう。

そこに「不幸」から「しあわせ」への扉があったはずなのだ。

尊大な者は他者の存在を認めない。

他者の存在を認めない者は、他者を鏡にして自分の立ち位置を知ることができない。

(今日は何だか説教くさい記事になってしまったけど、「ババア」なんて呼んじゃいけない。)

「闇金ウシジマくん」にはさまざまな不幸な人々が描かれているけれど、

彼らの共通点は「他者への想像力を持たない」ということだと思う。

「思いやり」とまでは言わない。「想像力」である。

風俗嬢に騙されたストーカー男にウシジマは言う。

「相手を思いやる想像力がねェーから、テメェーは風俗嬢に騙されンだ!!」

たしかに「思いやり」とは「相手の立場に立って考える」ことだけれど、

「相手の立場に立って考える」ことが、「相手の腑に落ちない言動」を見抜く洞察力にもつながる。



他者は時に「うざい」ものだけど、存在論的に有難いものなのかもしれないのだ。いや、きっと。

閉じる コメント(31)

顔アイコン

プリンプリンさん、>「あんなヤツら、存在する価値もない・・・」なんて、思っていると、その思いは、何かの瞬間に自分に戻ってくるのだ…私もそう思います。他者を否定することで一時的に自分のプライドが守れたり、自分を正当化できたとしても、そのツケは後で確実に自分に回ってきて、不幸になるのだと思います。私は「敗残者」であり「不幸」であった宇津井を「ダメ人間」とみなしてそう言っているのではありません。宇津井の中に自分を見ます。「他者の中に自己をみる」ことによってしか、人は自分をみることができないのではないでしょうか。

2008/2/3(日) 午後 8:59 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

めいきょさん、雪の中、教会へ行ってきました。一時教会から遠ざかっていたのですが、この頃は礼拝に出ないと、一週間持たないのです(笑)。

2008/2/3(日) 午後 9:03 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

うみさん、私の祖父なんて子沢山の貧しい農家の8男坊で、子供のころに奉公に出され、寒くて障子を外して薄い布団の上にかけて寝たそうです。祖父の貧困と現代の貧困、明らかに質がちがうように思えます。

2008/2/3(日) 午後 9:11 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

CKさん、下の「洋二郎」といかいうヤツのコメントもみてください。「自動巡回装置」っていうやつで片っ端から色んなブログに貼り付けてるんでしょう、おヨソのブログでも同じのを見ました。しかしこれをクリックする人がいるんでしょうか。いるから貼り付けるんでしょうね。「これをクリックする奴がいる」ということの方に現代の闇を感じます。クリックする人は「騎乗位してあげただけで万札くれる」と「半信」、つまり半分でも信じるのだろうか。だとすれば他者への想像力がなさすぎだ。つまり「洋二郎」はなぜこの「情報」を自動巡回装置まで使っていたるところに流すのかということを想像してみる力。「洋二郎」もついでなので、ブログの一部として残しときます(笑)。

2008/2/3(日) 午後 9:21 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

(CKさんへ続き)「なるべくヘンなオッサン・オバサンが寄ってこなくて、お金がなるべくたくさん入ってくるようなところに就職したい」というのはわからなくはないけど、それはそれで面白くなさそう(笑)。限られた人生なんですから、どうせなんだったら「ヘンなオッサン、オバサン」と付き合って観察したほうが面白いです。人生勉強になるしさ。私も「ヘンな子供」と日々付き合ってます。面白いよ。

2008/2/3(日) 午後 9:25 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

すたあびれさん、そうです、「想像力がキーワード」と思います。今の子供は想像力が生きる力になるとは思わないんでしょうね。「自分が同じことをされたらどう感じる?」と教師はよく訊くことがあるけれど、そのことを尋ねられるまで自問してみないのは、「他人がどう感じるか」なんて考えなくても生きていける、むしろその方がスムーズに快適に生きていけると思っているのじゃないかな。「もし自分がクラスの友達にいじめられたらどう感じる?」…「ボクはそんな立場にならないもん。そんな立場に置かれないように、強い友達と仲良くして、そしてボクにさからう奴には徹底的にイジワルしてやるんだ」のように。本を読まなくなったから想像力が育たないというのも真実だと思うのですが、一方で「生きるって何だろう」という疑問を持たなくなったことも、本を読もうというモチベーションの低下につながっているような気がします。

2008/2/3(日) 午後 9:33 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

白雪さん、「うざい」とか「キモイ」とか「テメー、死ね!」とか、他者を否定する言葉に満ち満ちている中学校の教室です。そうやって自分の「力」を誇示することで、自分の立場を守っているように錯覚しているのでしょうけれど、「力」に依り頼んでも結局自分を守ることはできないのだと思います。十字架の上で死んだキリストの弱さこそが私たちを守り支える力です。

2008/2/3(日) 午後 9:39 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

思いやりとまでは言わない「想像力」というのは重要ですよね。自己が肥大化し、自分の内世界が外世界をものみこんで唯一のものになってしまった時、他者との回路も断たれ、不幸が始まるのかもしれませんね。

2008/2/3(日) 午後 10:07 カッツー 返信する

顔アイコン

介護職の時給、驚く程安いです。
介護報酬改正のあおりをうけて、どこも正社員をなるべくとらず、パートを安い賃金で回しています。ヘタすると時給700円位。
この計算でいくと、生活保護より低い生活しかできないはずです。しかも、勤務はハードなので、掛け持ちバイトも厳しいでしょう。若い人も腰を悪くしても病院にもかかれない状態。
現実の世界の方がずっと残酷です。宇津井クンのどんでん返しが期待できるホームレスってどの位いるんだろう。。。。

2008/2/3(日) 午後 11:13 しろかに 返信する

顔アイコン

宇津井くんは曲がりなりにも「更生」できる見込みが立ったからいいけど、尊大な自我と現実の境遇とのギャップを抱えたままルサンチマンを募らせて年を重ねていく人も現実には多いことでしょう。小さな頃から「消費者」として扱われて育っていれば、その折り合いを付ける機会を失って、結果的に「下流」と呼ばれるコースをたどることになるのかもしれません。

2008/2/4(月) 午前 0:22 Jinne Lou 返信する

「優しさは 想像力」という言葉を思い出しました。
相手の思いに自分の心を寄り添わせる。それができないと 本当の豊かな人生は難しいように思います。

中学生の頃 高瀬舟の感想文に「主人公は幸せを感じる感性があるぶん幸せだと思う」と書いたら、国語の担任の先生は 「この程度のことに幸せを感じぜざるを得ない人生は幸せでしょうか」と赤ペンで書いてきました。今でも時に思い出しますが、私の中で結論は出ません。。
やはり本人の感性で幸せは決まるし、感性のない人は欲望にまみれた人生を送って不幸なのではないか(他人からはお金持ちであこがれられても、です)というのが今の私の思いです。あるいは恵まれた暮らししか知らないおばさんのたわごとか、とも思うのですが・・

2008/2/4(月) 午前 10:45 ぱーぷるふぃんがー 返信する

他者がいなければ、自分という存在は成り立たない、ということでしょうね。だんだんウシジマ君がいい人に思えてきました。
ところで、スターさんのブログにも「洋二郎」さんが出没していますね。私はこの人のブログを削除していますが、あえて残すなんてスターさんらしい。昔、この手のアドレスをクリックしたとたん、「あなたは登録されました」という表示があって、慌てふためいたことを思い出しました(^_^;)。

2008/2/4(月) 午後 8:16 うしどし 返信する

顔アイコン

ナイス害さん、そう考えると「打たれること」「砕かれること」は幸いなのかもしれませんね。(キリスト教的我田引水…笑)宇津井も自分の努力で謙虚になったのではないんですね。ホームレスまで転落したから。

2008/2/4(月) 午後 9:53 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

白カニさん、上にURLを貼り付けた「宇津井はなおワーキングプアだ」は現実なのですね。私も姑の末期、老人ばかりの入院病棟で、終日おしめを取り替えて下さる介護職の方々に頭が下がりました。あの方たちの時給は900円だと聞きました。看護士さんとはちがう職なのですね。驚くほどの低賃金です。介護となれば腰も痛めますし。腰を痛めた宇津井にはムリですね。

2008/2/4(月) 午後 9:56 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

Jinneさん、物心つくやいなや「消費者」「お子様」として遇されるということは不幸なことなのかもしれませんね。ルサンチマンが妙なナショナリズムに吸引される不気味さも。。。

2008/2/4(月) 午後 10:00 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

ぱーぷるさん、その国語の先生、生徒の心にずっと消えない違和感を残すコメントを赤ペンでつけたのですね。私でも違和感を感じたと思います。高瀬舟って「安寿と厨子王」でしたっけ。お母さんが乞食となって「安寿恋しやホーヤレホ、厨子王恋しやホーヤレホ」と歌っているのを聞いて、「お母さん!」と厨子王が飛びつくのじゃなかったかしら。小さいころ絵本で読んだのですが。やっぱり「しあわせなラスト」だと思います。

2008/2/4(月) 午後 10:04 sta*sto*y60 返信する

うしどしさん、ウシジマは「アンチヒーロー」ですって。ま、漫画を読むかぎり、とっても「いい人」には思えないんですけど。でもウシジマがいなければ登場人物は幸せになるのかっていうとそうじゃない気はしますね。

「洋二郎」、削除したほうがいいのかしら。事故防止のために。。。

2008/2/4(月) 午後 10:07 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

8巻まで読みましたので、これからトラバして記事を書かせてもらいます!

2008/2/11(月) 午後 5:45 CK 返信する

顔アイコン

トラバありがとうございます。伺いますね。しかし8巻一気に読んだのですか。さすがですね(何がだ?)

2008/2/12(火) 午後 7:40 sta*sto*y60 返信する

この記事のリンクをありがとうございます。
あなたが私のゲスブに(ウシジマ君を引用して)コメントしたものにもレスを返しておりますので、気が向いたらお読み下さい。
人間の尊厳についてです。

2010/5/12(水) 午後 3:11 Bianchi (ex gaar) 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事