キリスト者として今を生きる

風は冷たいけれど春の訪れを感じます。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

ある言葉をウソ臭い、そらぞらしいと感じることがある。ある言葉にハッすることがあり、真実の響きを感じることがある。

ある出来事について正反対の意見が存在する場合、けっきょくのところ「何が真実か」を判断する決め手となるのは、その言葉に「力」と「魂」と「思い」を感じ取ることができるかどうかなのではないだろうか。

その判断を「主観的」とよぶ人はいるだろうけれど、この判断を行う「アンテナ」は、「私」のこれまでの人生経験だとか、無数の人々との出会いと対話だとかを一瞬のうちに総動員した感性なのであって、自分のこの感性を信じなかったのならば、文章を綴ることもできない。

沖縄・摩文仁の平和祈念資料館で読んだ沖縄戦経験者の手記を、私のアンテナは「捏造だ」などと片付けることはできない。

沖縄戦での住民の集団自決は日本軍の強制であった、という記述が教科書検定で削除された。沖縄の人々は怒り、抗議した。そして文科省は、この抗議を受けて、削除を撤回し、記述を復活させる方向で検討しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000094-jij-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000015-ryu-oki

このニュースは海外にも伝えられた。
http://www.iht.com/articles/ap/2007/10/02/asia/AS-GEN-Japan-Forced-Suicide.php
見出し:Japan government officials hint at WWII textbook change following mass protest
「日本政府閣僚、大衆の抗議を受けて、第二次大戦についての教科書記述変更を示唆」

抗議することは政府を動かすのだ。
イメージ 1

マイケル・ムーア監督の話題映画『シッコ』を観た。

アメリカとフランスの医療保険サービスのちがいが描き出されたあと、フランス人のこんなセリフが紹介される。
「この国の政府は国民を怖れているのよ。だから、国民を大切にするの。でないと革命が起こるわ。」

そしてムーアは解説する。「フランスでは政府が国民を怖れている。でもアメリカでは国民が政府を怖れている。」



米軍の侵攻を目の当たりにした日本軍は手榴弾を沖縄住民に配り、「アメリカに降伏するくらいだったら自決せよ」としきりに勧めた。

この「事実」を後世に伝えるか葬り去るかは、人々の「声」にかかっているのですね。

開く トラックバック(4)

学力低下

イメージ 1

学力低下は「ゆとり教育」のせいだとして、また学習指導要領が変わる。「ゆとり教育」の目玉だった「総合」の時間が減らされ、それ以上に授業時間が増やされる。
http://news.livedoor.com/article/detail/3314029/

たしかに今の子どもたち、若者たちの学力の低さには唖然とすることがある。高校で社会科を教えていたとき、時事問題を討論する前段階として、新聞記事を音読させていて、気がついた。高校3年生。新聞が読めないのだ。漢字が読めない、読み方を教えてあげてもその言葉の意味を知らない。「小泉ワイドショー政治」が圧勝するワケがわかった。新聞が読めないのなら、テレビだけが情報源になる。テレビもニュースは語彙がわからないから、みのもんたが怒ったり感激したりしながら一言で要約してくれるワイドショーだけが頼りになる。「郵政民営化はアメリカの年次改革要望書に従って行われ、簡保が外資に流れ、結果として日本はアメリカ資本に従属するようになる」なんてぜったいわかんない。「自民党をぶっつぶす!」「感動した!」なんかのほうがわかりやすい。ってかそれしかわかんない。


その次に教えたのは東大に毎年何人か行く中高一貫のお嬢さん学校だったけど、高校生のなかには「アウシュヴィッツ」を知らない子が何人かいた。中学生に「終戦は1945年8月15日です」と言ったら、「え〜っ?!日にちまで覚えるのー?!年代だけじゃダメなの?!」とさわいだ。


学力と人間性は関係ないって言うけど、ホントにそうか?

「知性」と「人格の陶冶」は?(あっ「とうや」って読める大学生どのくらいいるかな?)


だからといって、授業時間を増やせば「学力」が向上するとは思わない。モンダイの根本はもっと深いところにあるんじゃないかとひそかに思っている。


ここで問題です。

1. 亀梨和也の所属するグループは何でしょう。
2. ダルビッシュ有選手の結婚相手は誰でしょう。

2問とも知らないって言ったら、生徒にめっちゃバカにされ、あきれられた。「アウシュヴィッツ」を知らないのと「KAT−TUN」を知らないのとでは、どちらが恥ずかしいのか。


「え〜?!知らないのお?」と生徒にオドロき呆れられながらフト思った。情報化社会の中で、もしかしたら若者たちの中では「アウシュヴィッツ」も「KAT−TUN」も等価な「情報」なのではないか。大学受験で無意味と思える年号や人名をただひたすら覚える作業の中で、若者たちにとっては、ある「情報」だけが選別されて「覚えるべき」とされることの意味がわからないのではないだろうか。


オトナの側も深く省みてみなくてはならないのではないだろうか。なぜ「KAT−TUN」より「和気清麻呂」のほうが重要人物なのか、「朝青龍の帰国」より「アウシュヴィッツ」の方が重要事項なのか。


「無教養であること」は今の若者にとって、べつに恥ずかしいことでもなんでもない。むしろ「教養」なんてものをたいしたものであるかのように振りかざすヤツの人間性の方がモンダイなのだ。



学力がなぜ低下したか。大学全入時代で大学に努力しなくても入れるようになったから、とか「いい大学に入ればいい会社に入れる、いい会社に入ったら一生安泰」という保障がなくなったから、とか色々ある。そして久しくつづいた「学歴社会批判」「詰め込み教育批判」の中で、「学力と人間性は別だ」ってマスコミも世間も言い切ってきたのではなかったかな。「ありのままのキミでいいんだよ」ってやさしいオトナは語り続けてきたのではなかったかな。「ありのままでいい」ってどんなことかの定義もなしに。「キミは何も知らない。人間や人生のことについてはまだ何も知らないのだ。思い上がるな。キミは学ばなくてはならない」と語りかけた「ヤなオトナ」はいたのかな。


「真実」に背を向けない勇気

日本人ジャーナリストがまたしても犠牲に…。
反政府デモが続くミャンマーの首都ヤンゴンで27日、AFP通信社の日本人フリージャーナリスト長井健司さん(50)がミャンマー軍の狙撃を受け、同日死去した。当初は流れ弾に当たったとされていたが、FNNが同日夜に配信した映像には、長井さんがミャンマー軍兵士に狙い撃ちされ倒れるショッキングな映像が流れていた。
**********************************************************************
またしても日本人ジャーナリストが犠牲となった。2004(平成16)年5月にイラクでテロ攻撃により死亡した橋田信介さんに続く悲報。その2人共がフリーのジャーナリストであった。彼らは大手通信社に安い値段で雇われ、かつ世界でもっとも不安定な場所に取材へ向かわせられる。記事一本のギャラも低い。TBSラジオ「バトルトークラジオ・アクセス」に出演した金曜パーソナリティの二木弘孝氏は「彼らは決して裕福ではない。誤解してはいけない。」と何度も訴えた。
**********************************************************************
そんな思いをして、なぜ彼らは取材をして伝えようとするのだろうか?。
橋田さんや長井さんは「真実」に背を向けない気持ちが強かったのだろうか。
橋田さんは山口県宇部市出身。高校卒業後に郵便局員となるが、後に法政大学二部文学部を卒業後に、日本電波ニュース社の記者に。その後はふるさと宇部へ帰り、地元紙・宇部日報の記者をしながら諸外国への取材を請け負った。特にイラクでは、戦争の被害で目が不自由な少年の来日運動を支援するなど、今直面する問題を直視して訴え続けた。長井さんもAFP通信社と契約してアフガニスタンやイラクに何度も取材へ出かけていった兵であったと言う。二人がアフガンやイラクで見たものは、日本のニュース映像に写る物より凄惨で絶望感に満ちたものだったろう。それでも「命を掛けて」伝えたかった物とは「真実」その物…今世界で何が起こっているかだろう。命がけで撮ってきたニュースソースを平然と編集し、何事も無かった様に写す日本のマスゴミにジャーナリスムを語る資格など無い。命に替えて伝えようとした尊い二人のジャーナリスト精神は、我々ブロガーの手本であると言えよう。

二人の死に酬いる事は「真実の追求」を辞めない事

私達は、時として権力や社会のしがらみの中で真実を追究しなくなる事がある。真実から目をそむけようとすることがある。幾度と無く筆を折られたジャーナリストも少なくない。我国において、つい最近までジャーナリズムは権力の太古持ちの役割をしてきた。しかし橋田さんや長井さんは、今世の中で何が起きているのかを目をそむけるどころか伝え続け「真実の追究」を辞める事は無かった。その結果、私達はマスコミから限定的ながらも伝えられる「真実」を目の当たりにすることが出来たわけだ。残念ながらその代償として「命を掛ける」事にはなったが、その行動に私達ブロガーは学ぶべきでないだろうか。彼等のように命まで掛ける必要が無いのなら、より「真実の追究」をして少々過激でも「真実を求める声」を出し続けるべきではないだろうか?。
多くのブロガーに、私は訴えたい。

二人を顕彰する報道表彰の新設を

二人のジャーナリストの行動は、如何なる武器や弾圧に対しても屈しない日本人ジャーナリズムの毅然とした態度を世界に示したと言って過言ではない。
もし日本のマスコミに、今回の彼等の勇気ある活動を後世に伝えたい思いがあるなら、橋田さんや長井さんを顕彰するジャーナリストへの表彰制度の新設を求めたい。言わば「日本版ピューリッツア賞」である。何のために命を掛けて訴えたかったのか…二人が真実を求めた願いを後世へ伝えるんべきではないだろうか。

合掌

転載元転載元: 堀端 勤の書くことて何だ!!

開く トラックバック(1)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/51/47/tocka_jikkoi/folder/1078840/img_1078840_51583729_0?20070930065743

ビルマ情勢を憂慮される日本の皆さん、
そして在日ビルマ人のみなさん、

ビルマ(ミャンマー)では、長い軍事政権の下で民主主義、人権が守られない状況が続いてきました。ノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー氏がのべ十年以上の自宅軟禁となっているのもこうした状況のあらわれです。

本年8月以来、民主主義を求める反政府デモが各地で起こりまじめました。こうした反政府デモは、9月後半に入り、同国で深く尊敬される仏教僧侶が積極的に加わったため、加速度的拡がっていきました。

こういった情勢のなかで、心配されていたとおりのことが起こりました。9月26日の午後、十万人以上になった反政府デモに対して、軍事政権は催涙弾の発射や無差別逮捕などの弾圧を加え、少なくとも、数人の死者が出ていると伝えられています。

わたしたちはこういった事態を深く憂慮するとともに、以下のことを呼びかけます。 

 .咼襯涵霎に関心を持ち、お知り合いの方たちと情報を共有してください。 
 ∈瀑ビルマ人と協力し、抗議行動に参加してください。
  
私たちは同じビルマで起こった1988年の民主化運動に対し軍事政権が残虐な弾圧を加え、多数の死者を出したことを忘れてはいません。今回の状況の中で88年のような事態は絶対に避けなければなりません。

アメリカのブッシュ大統領は国連の演説の中でビルマの軍事政権を強く批判しました。また、イギリスのブラウン首相は、「今回の事態を解決するために即刻国連安全保障理事会を開くべきだ」と強く主張しました(いずれも26日の報道より)

こうした国際社会の動きと、私たち一人一人の小さな働きかけが、ビルマ国内の人々を少しでも励まし、事態を好転させるだろう、と信じています。

一番恐ろしく、またビルマの軍事政権を利するのは、私たちビルマ国外にいるものの無関心なのです。この事態を看過することなく、どんな方法でも行動を起こそう、と強く呼びかけます。

   2007年9月28日
   アムネスティ・インターナショナル日本  ビルマチーム
   (連絡先)090−7182−5594、 
【AML】http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-September/015448.html
【LNJ】http://www.labornetjp.org/news/2007/0927myan/
【アムネスティ・アップデート】http://blog.mag2.com/m/log/0000209623/108997867.html
【緊急行動】http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1465
【緊急署名】http://www.avaaz.org/en/stand_with_burma/f.php
【ビルマ情報ネット】http://www.burmainfo.org/politics/88GSG_200708.html
【今日のビルマニュース】http://d.hatena.ne.jp/burmainfo/

転載・TB歓迎

転載元転載元: ロシア・CIS・チェチェン

むだ使い?

イメージ 1

かつて数年間住んだことのある山形を久しぶりに訪れた。

収穫を待つ田んぼ、一面のススキにオニヤンマ。東北はもう秋。

でも電車の接続はますます悪くなった。ローカル線から他線への乗り換えに2時間以上待たなくてはならない。電車の本数がさらに減らされたから。


東京23区より大きな面積の土地にたった一つだけある県立高校が、廃校になる。

何十年にいっぺんの水害に備えて立派なダムができ、ダム建設のために新たに道路ができ、ダムで沈む位置にある家は、移転させられ「ダム御殿」といわれる立派な家をかわりにあてがわれた。


田んぼは緑色から黄金色に色づきかけ、収穫を待っている。

巨額の金を投じたダムはもうすぐ完成する。



けれどこの田んぼを引き継ぎ、お米を作りつづける若い人は残るのだろうか。

そして巨額を投じたこのダムによって水害を免れる家々に残る人々はいるのだろうか。


田舎を抱えていくのは「ぜいたく」で、「税金のムダ使い」ですか。

車通りも少ないだだっ広い道路、たった数戸のために繰り出される除雪車。



田舎をつぶしてしまったほうが、「経済的」でしょうか。

青々とした田んぼは打ち棄てて。



すでにそうやって打ち棄てられた部落はある。

たった数戸のために除雪車は出せないと言われて、

除雪車が来なくなり、

豪雪地帯の人々は部落を棄てた。


お米なんて外国から輸入すればいい。日本は競争力のある分野で国際競争をすればよい。

田舎なんて棄てておけ!

そういう決断をしようとしているのだろう最近のニッポン。。。

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事