キリスト者として今を生きる

風は冷たいけれど春の訪れを感じます。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

言葉が熟するまで

イメージ 1

読書感想文とか作文とかいうものが子供の頃は好きではなかった。書きたいことなどまったく心に浮かばず、なるべく句読点を多くして原稿用紙の規定枚数に達するよう腐心していた。今は「書け」とも言われないのにブログ記事を書いてるのに(笑)。

「それでも君は子供の頃作文や感想文を強制的に書かされたから、今こうして自分の感じることを言葉にできるようになったのだよ」と言われればはっきりと反論はできない。自分がどうして大人になったのかをはっきりとは説明できないように。

中学校という場所に私は戸惑っている。中学校では学期の初めに「学年目標」や「生活目標」を作り、画用紙や模造紙に書いて廊下や教室に貼り出す。行事のたびに「振り返り」(反省)を書かせ、学期の終わりには勉強態度や生活態度全般に対する反省を書かせる。ビデオを観ても「道徳」で短いお話を読んでもその都度「感想」を書かせる。生徒たちも書かされることに慣れっこになっているので、誰も異議を唱えない。しかし私はひとりひそかに辟易するのだ。

言葉が熟するまでには、言葉にならない思いを「時が来るまで」抱え続けていなければならないのではないか。時には何年も。言葉にならない思いを私はことあるごとに反芻し、別の経験を重ね、しだいに思いのありかを突きとめていく。そして「時」が来たとき、思いは言葉に結晶する。子供たちを取り巻く大人がしなければならないことは、子供たちが「言葉にならない思い」を長い時間抱え続けていけるように、言葉にならないその思いを受けとめ、黙って見守ることではないかと思うのだ。

「言葉にならない思い」を抱えた子供にむりやり何かを書かせるならば、「大人の期待する言葉」を自分の思いとして作文や感想文や「反省」に綴るだろう。そのように仕向けることで、教師たちはたくさんの「言葉」を殺しているように感じられてならない。また子供自身がほんとうに感じていること考えていることが脇へ押しのけられ、忘れ去られてしまうように。

だから本を読んだら、即座に読書感想文など書かずに、その読書の余韻に浸っていればいいのではないかと思うのだ。心を漂わせる時間、余韻を味わう時間を今の子供たちはどれだけ持っていることだろう。本を読んだら感想文、ゲーム、ケータイメール、部活、塾、テレビ。

ただ野山を歩いたり、風に吹かれたり、風の匂いをかいだり、雲の動いていくのを眺めたり、星を見上げたりしているうちに、言葉は「時」に向かって熟していく。(あるいは言葉にしなくたって別にいいじゃないか。)

言葉が熟するのをたすける静かな時間。心をただよわせる時間。無為の時間。

以前数年間働いていた東北の片田舎の小さな高校では、宗教や思想の書物の言葉を教師は黙ってただ黒板に書いていった。生徒たちは黒板に書かれた言葉をひたすらノートに書き写していった。解説も何もない、それだけの授業である。私が勤めはじめたのより数十年前のコピー機もまだなかった時代のことである。教師のよけいな解説に邪魔されず、生徒たちはひたすらノートに書き写す時間の中で、魂をただよわせ、書き写す「言葉」と一人で向き合っていただろう。黒板にチョークを持って立つこの高い志の教師が逝って、この授業を継ぐ者はいなくなった。黒板に黙ってただ思索と祈りの言葉を書き、ひたすら書き写す生徒の魂をめざめさせる教師は、テクニックや熱意を超えた深みを持つ人でなければならないからだ。

便利な世の中になり、コピー機もパワーポイントもビデオも利用できるようになって、授業はより多様に、工夫を凝らしたものになっていったけれど、沢山のプリントや沢山のグループワークや沢山の研修はなんだか教師がバタバタ動いているだけのように感じられる。

静かな、シンプルな、素朴な「味わう」ということに渇くあわただしい中学校の教室で。

開く コメント(63)

開く トラックバック(1)

過剰な敬語

職場帰りにかじりながら食べるために一口サイズのパンプキン・パイを3つ買った。計98円也。ちょっとオシャレなビニール袋に詰めてくれて、ちょっとオシャレな針金が通った紙紐で結んでくれる。

店員さん「手提げ袋をお付けしてよろしいですか」
私「あっ結構です」
店員さん「ありがとうございます」

この丁寧語おかしくないでしょうか。

イメージ 1



ビニール袋で十分な大きさ。バッグの中に軽々入ってしまう。手提げ袋はふつう必要ない。そして手提げ袋は「店の都合」ではなく「客の都合」で「あえて付けてもらう」ものである。店から客へのサービスである。そしてタダである。

「サービスをタダでさせていただいてよろしいでしょうか」と言うのは人と人との関係性においておかしい。

「手提げ袋お付けしましょうか」ではどうしてダメなのだろうか。
「手提げ袋つけてあげましょうか」「手提げつけてさしあげましょうか」はきっと「サービスをしてあげてるんだぞ」というニュアンスが感じられて反発する客がいるのだろう。「手提げ袋お付けしましょうか」もその延長線上でダメ。
「手提げ袋ご入用ですか」も「手提げ袋つけるのはアナタの都合だよ」ということを感じさせて反発をよぶのだろう。

手提げ袋はコストの上からも環境の上からも節約したいし、かといって手提げ袋をつけないで渡すと「手提げ袋もつけてくれないのね」と文句を言う客がいるかもしれない。そこでほしい客には渡すつもりで訊くのだけれど、客の反感を買ってはいけないと思って、「手提げ袋をお付けしてよろしいでしょうか」になるのだろう。

これはきっと応対した店員が敬語の使い方を知らなかったわけではないだろうとニラんでいる。なぜならこれに似た違和感のある丁寧語を何度かスーパーやお店で聞いたことがあるからだ。店員教育で教えられるマニュアル語なのだと思う。

言葉が狂っているのは人と人との関係性が狂っているからだと思う。客は「買ってやってる」のだから店員が一方的感謝すべきで恩着せがましいことは微塵も言ってはならない。

本当は客だってお店のおかげで手に入れられるのだからお店の人に「ありがとう」と言って当然なのに、そういう気持ちをちょっとでも持って買い物する人がそれだけ少なくなったということなのだろうか。

私はやっぱりきちんとした言葉を使いたいし、聞きたいし、ペコペコされるよりきちんとした人間関係をたとえ一時の買い物においても結びたいと願うのである。ちっちゃなことだけど。

ペコペコさせてしまってごめん。
客を代表して謝ります、お菓子屋さん。

開く コメント(25)

クリスマスの食事

主の食卓を囲み 命のパンを頂き
救いの杯を飲み 主にあって我らは一つ

マラナタ マラナタ 主の御国が来ますように
マラナタ マラナタ 主の御国が来ますように

待降節第一週です。私はカトリックなんだけど、今日は浅草の聖公会の教会へ行きました。聖公会はその昔、離婚して好きな女の人と結婚したかったヘンリー8世が、カトリックだと離婚できないのでカトリックを辞めて作ったイギリス国教会が基になってて、「離婚して再婚したかった」ということだけが動機なんで、プロテスタントなんだけど「礼拝はどっからどうみてもカトリック」です。だけどイチオウ宗派はちがうので、聖体拝領(ってキリストの肉であるパンと血であるぶどう酒をいただく儀式です)は「聖公会の洗礼と堅信」を受けてない私はしちゃいけなかったのかもしれないけど、「ここでどうしても聖体拝領受けたい」と思ったので、やっちゃいました。これって罪?なワケない、と確信しているstarです。


で、前に「上野公園でみたホームレスの礼拝」について記事を書いたんだけど、http://blogs.yahoo.co.jp/starstory60/37487400.html
浅草っていえば近くに山谷があって、ホームレス(野宿生活者)の人々が大勢いるのです。で、この教会では7年間のあいだ毎週日曜日に炊き出しを行なっているんだって。礼拝が終わって教会を出るとホームレスの人たちがズラーっと教会の入り口に並んでいました。炊き込みご飯が300食出たそうです。つまり300人。今週は少ない方なんだそう。

で、私がいいなあと思ったのは、上野公園でみたようにお食事の前に説教を聴くことなんか条件にしないでご飯を渡してること、それから順番待ちの列の数箇所に灰皿が置いてあったこと。教会(特にプロテスタント)は酒タバコに眉をしかめるところが多いんだけど、ホームレスの人々の中には煙草を吸いたい人多いよね、それで灰皿を行列の間に置いてるっていうのが「いいなあ」と思った。


こういうことを毎週している教会っていうのは生きてる教会って感じがして、私がカトリック教会で大ッキライな「主の平和」って言って隣近所の席の人と笑顔(これがまた作り笑顔にみえるのだ)で挨拶を交わす儀式もここではとってもよかった。「主の平和」って言って握手を交し合うのがとってもよかった。上の「マラナタ」の聖歌も聖餐式も、目の前のホームレスの人々と食事を分かち合ってこそ初めて生きてくる。


「クリスマス・パーティー」が私は大っ嫌いだ(大ッキライなものが多いワガママ者)。トンガリ帽子をかぶってクラッカー鳴らして、クリスマスケーキやチキンを食べてシャンパン飲んで、「メリー・クリスマース!」なんて騒ぐのが大っきらい。クリスマスのご馳走っていうのも嫌いです。

でも「一緒に食べて飲むこと」はキリスト教ではとても重要なことなのです。ミサの中心である「聖体拝領」はキリストの身体と血を信徒みんなで分け合っていただくことだし。「共にお食事をすること」の中に神さまもいると思います。

クリスマスの一日だけ、日本人みんながホームレスの人々と一緒に食卓を囲むことにしたら、世界的にも歴史的にも忘れられないクリスマスになると思う。炊き出しみたいに次々に渡して帰すのではなく、金持ちも貧乏人も一緒にお鍋でも囲むことができたら素敵だと思う。できればいつも寒気にこごえているホームレスの人々の方の空間で、ベツレヘムの星の下、暖かい焚き火をパチパチと燃やして。それは「恵んであげる」のではなくて私たちの魂にいつまでも残る糧を与えられる食事のように想像するのです。

クリスマスにそんな食事ができたら、すごくすごくステキなのに。。。

イメージ 1



※本当はホームレスの人々が自立できる雇用を創出できたらそれが一番いいのだと思う。

[ビッグ・イシュー]という雑誌は、東京や大阪などの首都圏の路上で、ホームレスの人々からしか買えない雑誌。政府も草取りやペンキ塗りなどの雇用を創出していて、新聞によると日給5800円くらいになるそうだけど、働き口にたいしてホームレスの人々の数が多すぎるので、一人当たりにするとひと月1万5千円くらいにしかならないそうです。

開く コメント(24)

「若者による戦争待望論」を、華々しく「美しい国」にふさわしいキャッチ・コピーを喧伝している

赤木氏のことを聞きました。朝日新聞社「論座」上だそうです。

一方で、アベ氏とかいう元首相とその一派が、動き始めた、と聞こえてきます。

美しい国=美国=アメリカ合州国属国ブームを盛り返そうと、いうことです。



1.戦争はとても儲かる。

★70年ほど前、真珠湾攻撃があって以来、当時、最低だったアメリカの景気はうなぎのぼりに活況を呈し始めたのだそうです。軍需景気です。

★日本の戦後の好景気は、朝鮮動乱による軍需景気、ベトナム戦争による軍需景気、に結びついています。
日本はコイズミ首相時までグンタイは出してきませんでしたが、戦争の恩恵には、じゃぶじゃぶ浴してきました。
いわゆる、日本の戦後の復興が奇跡的という背景には、この「言われざる事実」があります。

戦後、朝鮮動乱が始まるまでの5年間、日本経済がどん底でした。生きていけるのがやっとで、実は、

上野では孤児が、毎日のように餓死していた、と書いてあります。日本は戦争で、財産を使い果たしてし

まったのです。戦後の日本の繁栄は、ケッシテ戦争に行った兵士の上にあるのではありません。

戦争に行った兵士の後に残されたのは、大勢の孤児とその餓死ダッタ。

戦後日本の繁栄は、何の上に築かれたか、ソウデス。

朝鮮とベトナムの孤児たちの上に築カレタノデス。


9.11が起こったとき、株をする人たちがまず頭に浮かんだのは、

「儲かる。とてつもないビッグチャンス」ということだったそうです。(映画「ザ・コーポレーション」より)

アメリカの産業は、ITは、インドに食われているし、もうすでに、軍需産業しかありません。

アメリカが、好況をめざそうとすれば、戦争をおこすしか、ない。しかし、自分で戦争をおこすのは、自

国内の世論がうるさくてダメ。だから、いいカモを見つけて、代理戦争をさせるのが唯一の経済政策。

日本の経団連の会長 御手洗氏は、(「おてあらい」と読まずに「みたらい」と読むようですね!)

キャノンから、出ていますが、キャノンは、アメリカの外資50%の会社だそうです。

ここで、「?」と思いませんか?

どうして、日本の経団連の会長を、アメリカ外資本の(半分以上の)会社の人がするんダベ?





若い人の戦争待望論

以上を踏まえて下記を読む必要があると思います。

「丸山眞男」を引っぱたきたい
 http://www7.vis.ne.jp/~t-job/base/maruyama.html


著者の赤木氏は、実に計算がうまい人だと思います。私は、かれに太宰治的な才能を感じます。

「丸山真男を引っぱたきたい」というコピーは、岩波文化人への『持たざる者』からのメッセージでしょ

う。「丸山は、ただの特権階級じゃないか、知性になんの意味があるか」という訳で、

1.日本の文化人が知的であるだけで、ココロ的でないことに怒ってイル。その批判は痛烈。

それを、読ませる力はたいしたものですなー。(内容があるわけではないけれど)

2.彼の主張する『ワーキング・シアせずに若年労働者を、後から来たという理由で

きちんとした待遇での職にありつかせないで、放置するオトナ社会の精神的レィジネス《怠惰》=心理的

幼児性=エゴ』への攻撃は、社会的ムーブメントになってしかるべきです。彼の主張は当然です。

みんな大賛成。(ひとことアドバイス、労働格差は、実は、年金問題において、国税庁が企業にかぶせようとし、企業がその負担を避けようとするところから始まっています。そこを見ると初めて、問題の根っこが見えるように思います。)

(すごい才能のある赤木氏には、このリーズナブルな方向性で、もっと論理的にとことん詰めてジャーナリスティックな評論家になってほしいです!!この点で、このすばらしい才能が運用されますように、心から応援します!

人は、善のために働くときに、だんだん、シアワセになっていくのです、ワカモノよ、大切にね。)



ところが、
3.「戦争は物事を流動的にするから、大賛成。弱者にもチャンスがある」という彼の論は、

実に甘ったれていて魅力的です、理性を捨てたアブナイ感じが、破滅的ロック的な喜び

かもしだします。花火のように燃えてしまえ!という絶望の中の希望の幻影が見えます。

    《ミック・ジャガーには他者への愛情があるけれど、赤木氏には、エゴへの愛情しか見えない》


戦地で「「「あの丸山真男を」」」プア階級が、いじめ「る環境が与えられ」たこと、その事実が

赤木という人のココロの奥底の抑圧を取り外し、爆発的快感を与えたのかなぁ、と推定します。

「丸山」への大いなる羨望が見うけられます。おそらく、ココロの中のライバルなのでしょうね。

ヒトラーを動かしたのも、こういう羨望であったかもしれない、と思います。ヒトラーは、絵描きになっ

て名をあげたかった。しかし社会の貧困が原因で.....

自分の不幸の原因を100%社会的要因に結びつけると、怨恨のカタマリになります。

多くの犯罪がそこから生まれます。社会的不平等が、犯罪の温床であることは定説。

ここでは、ワカモノにとって、戦争は、合法的犯罪の場として、

やけっぱちなココロの発散の場として、大いに待望されている状況が読み取れます



実際、戦争に行って「楽しくてしょうがなかった」と言っていた職人さんがいたと本に書いてありました。

《チャンコロと呼ばれる》《一般)人を好きなだけ殺して、普段食べられなかった、お肉や白米も
(好きなだけ強奪して)腹いっぱい食べて、あんなに楽しいことはなかった

と、町でその職人さんが子供たちに吹聴していたのを幼い僕は聞いた、ということでした。《必要なら、どこで読んだか調べます)人間のなかにはモラルが欠如した人も、モラルがある人もいる、ということですね。


『はじめから何も持たない僕は、戦争で失うモノは何もない』すごいキャッチ・コピーですね。

戦争で大もうけする人たちが、どれだけこれを聞いて喜ぶか!欣喜雀躍とはこのこと。



不幸の原因は与えられた社会的要因だけではない」という精神文化が今の世の中の教養から脱落しています。
40年前には、社会はもっともっと貧乏でしたが、みんなが貧しい仕事をシアして(3Kの仕事ー農業ー米作りが全盛でした。)いました。農業で、ぎりぎりでも誇り高く生きていく選択肢もあります。
今の日本は、歪んだ唯物主義・消費文明に浸りきって、その歪みのまま、どうにかしうようとしています。知的認知力や精神性そして想像力と創造力が、点と線であって、ビジョンを形成していきません。



いまは資本主義経済の終焉期です

このことについいて、いま論じる暇がないのですが、資本主義経済が円熟して、腐敗して、

いま、大変なことになっていることについて、日本ではあまり注目されていないですね。

アメリカ経済がもたらした『作為的土地バブル』の破裂は、まだまだ今から影響がでてきます。

そればかりでなくて、ITマネーの問題、貨幣信用性自体が崩れようとしている事態。

そして消費経済の結果として必然的にもたらされ、危機的状況になってもちっとも改善されない

環境問題。

赤木氏の問題提起は正しいし有効ですが、今の経済体制が基盤になって論じられています。

しかし、この体制自体がもう麻痺しています。マネーが、危機的状況で信用を失いつつ、各所で

暴力を働いています。その暴力が環境を破壊し、軍隊を操り、人の心も勝手にあやつり。

ここの中でいくらあがいても、イジメあいになるだけ。むこうに有利につくられた土俵で、勝つことはできない、ならば、戦争で平等になろう、というのは、あなたからみれば、決闘を申し込んだつもりでしょう。人は自分の人生を選ぶ自由があります。

しかし、この土俵事態が、もう揺れて、そのうち、崩れる。時期はわかりませんが、これは確実です。

大体、このままでは地球温暖化で生命環境が、もたないのですよ。




しかし、今の日本の若年労働層への(職の面でも、社会基盤としての文化の面でも)

社会的ネグレクト→→→若年労働者の奴隷化→→→むしろ「自ら」戦争に向かう

は、作為的筋書き上にあり、アベや経団連の御手洗カイチョウのオモウツボ以上です。

戦争に行けば、グリーンカードをあげる、とか条件をださずとも、自ら望んでくれるなんて、

アメリカン・フォースとしては夢のようないい話。

アメリカの国防省と、防衛省と、そして、経済省は大笑い、してますね。冗談ではなくて、本当です。


転載元転載元: 《いじめ大国日本》 仏教の好きなキリスト者の立場から

開く コメント(23)

開く トラックバック(2)

元タレント「そのまんま東」の宮崎県知事東国原知事が、発言。「若者にビシっと規律を教えるために徴兵制を導入すべきだ」。http://kyusyu.nikkansports.com/news/f-kn-tp6-20071128-288966.html

徴兵制って教育目的で導入するもんなんスか。

わたし、少年院を見学したことあります。

「非行少年」たちが刑務官の号令で一糸乱れず行進してました。

これって教育なんスすか?

「場の論理」で権力(力)のある者に従うっての、非行の行動原理とたいして変わらないと思うんだけど。

軍隊にはイジメもありますよね。それでも「規律」って言うんだね。

で、大量破壊兵器があるなんて言って人を何千人も何万人も殺したあとに、「あっそう、なかったんだあ、でもフセインが悪者であることには変わんないでしょ」なんてホザくのも「規律ある国際カンケイ」なんだな?

開く コメント(47)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事