キリスト者として今を生きる

風は冷たいけれど春の訪れを感じます。。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

中国餃子の事件

「中国製餃子の事件」について、以前の上司からコメントが届いた。下記のように転載する。

qisensun君

元気でご活躍していると思うが、このようなニュースを見ると、いつも考え込むqisensun君は、また眠れなくなるじゃないの?!

今回の中国餃子事件は、単なる農薬による食中毒事件でないことは、ほぼ明らかだ。実に不思議な事件で、次の2点で常識から外れている。


1. 中国野菜が危ないという非常識

日本の食卓は中国野菜抜きには成り立たない状態が10年近く続いている。もし、餃子に含まれた野菜に農薬が残っていたために中毒になったとするなら、もっと以前に大量の中毒症状を訴える人が大勢出たはずだ。


2. 事件の発生が不自然で、ニュースの展開も不自然

ニュースになっている中毒の発生現場は3つある。そのうちの2つは千葉県で、一つが市川市で起きた。1月22日にCO・OPの冷凍食品「手作り餃子40個入り」を一家5人が食べたところ、全員が中毒症状を訴え、そのうち5歳になる女の子が一時重体となった。

千葉県のもう一つの現場は千葉市稲毛区で去年の12月28日に購入したやはりCO・OPの冷凍食品「手作り餃子」を食べた母親と女の子が嘔吐と下痢の症状を起こした。購入したその日に食べたようだ。

もう一つは兵庫県の高砂市で、1月5日にやはりCO・OPの冷凍食品「中華deごちそう ひとくち餃子」(20個入り)を食べた夫婦と息子が同様に発症し、10日間から2週間入院した。(以上1月30日16:06と17:30のMSN産経ニュース及び1月31日付日経新聞、同読売新聞記事よりまとめた)

千葉県警と兵庫県警ではそれぞれ餃子を鑑定したところ、有機リン系薬物「メタミドホス」が検出された。これらCO・OPの冷凍食品は商社の「双日食品」が中国の食品工場に発注し、「ジェイティフーズ」が輸入したもの。その生産工場が同一で、しかも生産単位番号も同一だったことから、このバラバラに起きた食中毒が一つの事件となって警察から発表になった。

この時点の報道では、千葉県警では餃子から「メタミドホス」が検出されたとし、兵庫県警では餃子のパッケージから「メタミドホス」が検出されたとなっていた。ともに包装に穴が開けられた形跡がないとしていた。(同産経ニュース)。

ところが、本日(2月1日)13:23のMSN産経ニュースでは兵庫県警の科学捜査研究所がさらに詳しく調べたら、31日夜に餃子のパッケージに長さ約3ミリの穴と、トレーにも約1ミリの穴が見つかったというのだ。

さらに、同じ報道で、兵庫県の夫婦と息子で食べた20個入りの餃子は、食中毒を起こす前にもその息子がそこから5個を食べたが異常はなかったという。

一方、千葉市稲毛区で起きた餃子からは高濃度のメタミドホスが検出されたと、本日の夕刊で報道された。

3か所で起きた事件の一番最初は千葉市稲毛区の12月28日だ。次が高砂市の1月5日、次が市川市の1月22日。発生時期が違う食中毒があたかも一気に起きたように1月30日にニュースとなった。

ニュースとなった時点で、そういえば自分もおかしかったと全国で400件以上の通報が新聞社などにあった。あっという間にジェイティフーズが輸入した先で作られた冷凍食品全部がスーパーの店頭から姿を消し、その翌日には被害件数がさらに伸び、スーパーからは作られた工場の品だけでなく、中国製の冷凍食品がどんどん店頭から引き揚げられた。

どんどん姿を変えるニュースになっているが、この手のニュースは第一報が正確だったりすることが多い。鍵は、兵庫県の中毒では餃子本体ではなくパッケージにメタミドホスが発見された点、千葉県の中毒では餃子本体から検出されたことになっていた。これだけでは解明できないが、ここからわかることは2つ。

ひとつは、原因は中国野菜である可能性が低く、包装段階か出荷後にメタミドホスが混入された可能性が高いということ。

もう一つは、兵庫県警と千葉県警では早くから中毒の原因究明手法が違っていたということ。兵庫県警はメタミドホスの注入を問題視し、千葉県警は食品中毒を問題視した可能性が高い。両県警で見方が分かれていたために長いことニュースにならなかったのではないか。恐らく、そのままニュースにならなかったことも十分考えられる。それなのにニュースになったのはなぜなのか。この点はよく分からないのだ。兵庫県警が発表したのか、それとも県警を統括する警察庁がしたのか、はたまた保健所サイドからの情報で厚生労働省が動いたのか。

中国の生産工場に非難が集中しているが、どうしてそんなことがいえるのか、どうも中国バッシングが一番ニュースになるという観点でニュースが独り歩きしている感は否めない。

日本でひとつの食品をマーケットの軌道に乗せるには大変な努力と資金が必要だ。今回の中国餃子も同様のはず。それが、一夜にしてマーケットから放り出され、さらに関係のない中国商品までもが追い出しを食らうというのだから日本のマーケットは異常と言える。

同時に、報道機関を操れば、日本全国を一夜にして塗り替えることができるという事を証明する出来事になった。この事件は意外な方向に進むのではないだろうか。

転載元転載元: 友情の架け橋

開く コメント(30)

開く トラックバック(3)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事