キリスト者として今を生きる

風は冷たいけれど春の訪れを感じます。。。

どれでもない記事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

皆さま、これまで有難うございました。

自分が日常生活で感じたこと、政治や社会について思うこと、キリストとともに生きるということ、さまざまに思うことをブログに綴ってきました。

それを読んで受け止めてくださる方がいるということ、いろんな意見交換ができるということ、

ブログは貴重な交流の場でした。

その思いは変わらないのですが、この度、思うところがあってブログを閉鎖することに致しました。


starはブログをやめてもリアル世界でいろんなことを感じながら生きています。


そうそう、電子ピアノを買いました。歌は好きなのですけれど、ピアノは子供の頃挫折して以来、少ししか弾けないのです。でも大人になって練習すると楽しいの。バッハやモーツァルトって、どうしてあんなに美しいのに、やさしい指使いでも弾けるような曲を作れたのかしら。聖歌や賛美歌の伴奏くらいは弾けるようになりたいな。

学校も。学校での出来事についてはブログにいくつか綴ってきましたが、「私」という一人称からみたかぎりでの「現実」を綴ることに限界を感じたことは事実です。政治について書くことは比較的やさしかった。しかしより身近な「学校」での出来事は、読者がその場に居合わせていないだけに、「私のとらえた現実」だけを一方的に書き、読者は多かれ少なかれ割り引いたうえでもそれを「学校における現実」ととらえる。そのことの問題点を指摘されたら、何も書けなくなりました。

私は「客観的なこと」よりも「私にとっての現実」を綴ることのほうに興味があるのですが、「私にとっての現実」を絶対視しているわけではありません。それは「他者にとっての現実」とイーヴン(等価)です。

もし私に小説家としての才能があったら、「他者の視点」を小説に織り交ぜて書いたかもしれない。

でもそんなヒマもエネルギーもないので、書くこと自体を当分やめようと思っています。書くのをやめたからといって、感じることをやめるわけでも、他者や現実とかかわることをやめるわけでもないのですから。

二年近く続けてきたブログの最後の記事が転載記事というのもナンなので(笑)、1つ記事をアップしてから去ります(笑)。

しばらくしたら書庫を全部閉じるつもりでいます。
(加筆訂正…書庫を閉じたら記事も自動的に全部閉じられるのかと思ったら、そうではないんですね。いちいち全部の記事を「非公開」に修正するのもメンドーなので、このまま置いておくことになりそうです。管理できないので、荒らされると困るのですが、仕方ないか。。。)


どうか元気でいて下さい。これまでホントにありがとうね。

なぜブログをするか

イメージ 1

ブログを始めて1年半になります。ブログは私の生活の一部になって、忙しくて睡眠時間を圧迫することも多かったけれど、たのしみながら続けてきました。なぜブログをやるのか。政治記事、社会問題の記事、教育問題の記事などアップしてきたけど、「社会運動のため」「政治運動のため」かというと、それはちがう、と思います。テレビも新聞も追放した生活を送る上で「情報収集と情報交換のツール」という側面はあるけど、大きな理由はそれでもありません。またこんなことを言うと真面目なクリスチャンの方からお叱りを受けるかもしれませんが、「キリスト教伝道のため」ですらありません。

心惹かれるブログはいくつかあって、るるどさんのブログもその一つ。実際お会いしたこともないるるどさんと交流できることもブログの楽しみの一つ。るるどさんが次のような記事を書いてらした。「ああ、私がブログをやる理由はこれなんだなあ」と共感しました。了解をいただいたので、記事を紹介させていただきますね。

                 小さな経験の積み重ね

いくら儲けたとか、こんな役職に付いたとか、有名になったとか、大きな家を建てたとか、いい車に乗っているとか、資産家と結婚したとか、整形して美人になったとか、子供がいい学校に入学したとか、有名な会社に就職したとか、そんなことではなくて・・・。

自分の小さな体験や経験を語る相手を持ち、自分の経験を自分だけのものにとどめておかず、大きな生命の営みの中に位置づけ、意味あるものにしていく。そんな一つ一つのちいさな経験を積み上げていく、そして自分の成長の糧にしていく、周りの人たちの成長につなげていく・・・そんなことにこそ価値があるんだろうと特に最近感じる。そしてそこにこそ本物が、無限の価値のある宝物があるんだと思う。

るるどさんのブログのURLhttp://tabunka.blog41.fc2.com/

私のささやかな日常と小さな経験。るるどさんのささやかな日常と小さな経験。どこに住んでいるかもわからず、顔も名前も知らず、私とは年齢も生活環境もちがうであろうるるどさん。けれど共感できるということの不思議さ。この不思議さにこそ生きていることの意味と素晴らしさがあるのだと思う。そのような共感をるるどさんの他にも多くのブロガーの方々とのあいだに交わすことができて、私はしあわせです。

政治や社会について語ることも、私の小さな経験が「より大きな生命の営み」の中に位置づいているのだと感じるからこそです。「プライベート」と「パブリック」が分離してしまったら、どんなにセレブな生活を送ろうとも、私たちの生活はどこか根本的に貧しいものになってしまうと感じます。


2007年、皆さまありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。よいお年をお迎え下さい。

開く コメント(49)

女とユーモア

佐藤愛子がこんなことを書いている。
まことに女とは常に一生けんめい、一心不乱、必死のもので、そこに女のユーモアが生まれる。つまり、女はマジメゆえにユーモラスになるのであって、それゆえしばしば女はユーモアを解する人ではなく、ユーモアの題材となるのである。

女が題材となったユーモアの例。
年老いた男性が、死の床に横たわっていた。
余命数時間しかない彼は、突然、チョコレートクッキーの匂いに気付いた。
彼は、チョコレートクッキーがこの世の何よりも好きだった。
最後の力を振りしぼり、ベッドから出て、部屋を横切り階段まで向かった。
そして階段を下り、台所の中へ入っていった。
そこでは、彼の妻がチョコレートクッキーを焼いていた。
つまみ食いをしようと手を伸ばすと、妻が手にした木製スプーンで手の甲をピシャっと叩かれた。
「取っちゃダメよ!」彼女は言った。「葬式用なんだから!」


女はユーモアの題材となる(ただし男にかなりの度量とゆとりがある場合のみ、である)が、女自身にユーモアはあまりない(場合が多い)。また女にユーモアは求められてもいない。有名人でも一般人でも時折「おもしろいことを言う女」はいるが、女が「おもしろいことを言う」のは、「女を降りる」危険性を孕んでいる。『だめんずうぉーかー』の人気漫画家倉田真由美(くらたま)は、「オトコにモテるためには、おもしろい女になってはいけない」と書いている。だから「面白系」のタレントやエッセイストは、「女を降りた」こと、「モテないこと」を笑いのネタにし、同性の笑いを集めるのである。面白いことを言う女は、同性にとってもはや「ライバル」ではなく、ジェラシーを感じないですむ安心感があり、好感度がアップする。

一方、「面白いことを言う男」は女性にモテモテである。面白いことを言って女を笑わせることさえできればイケメンでなくても、藤原の紀香とだって結婚できるのである。だから女にモテるためにユーモアのセンスを磨け!なんていう講座まである。逆はない。

これは温暖化で南極の氷河が解けるようにいつのまにか消滅したジェンダー差別のさいごの関門ではないノカ。「知的な女」「高学歴の女」がかつてはタブーだったけど、竹下景子とか紺野美佐子とかが「お嫁さんにしたい女優NO.1」になってからは、それもタブーじゃなくなった。高学歴の女は高学歴の男と結婚し、「格差社会」の「強者連合」を構成して、キャリアと家庭を両立させて子供を私立に行かせたりする。男の側が高学歴じゃなくても、成功してしまえば学歴なんてカンケイないので、スポーツ選手が女子アナと結婚したりする。

しかし「面白い女」はタブーである。たまに大竹しのぶみたいに面白い女が明石家さんまとカップルになったりするが、離婚してしまった。陣内智則が面白いことを言ったとき、藤原紀香はすかさずツッコミで切り返したりせず、「ハハハ」とか「フフフ」トカただ笑い転げているんだろう。面白いことを言う男も女にそういう反応を求めているのであって、自分がせっかく入れたツッコミにツッコミ返してくれないから物足りないとかは間違っても思ってない気がする。

では「面白い女」を引き受けるのはどういう男なのか。女がジョークをかまして男が「ははは」とタダ笑い転げている、というカップルを想像してみるが、あんまり(ぜんぜん)回りには実例が見当たらない。笑いは笑わせられる人の姿勢を崩し、無防備にしてしまう。男は女によって姿勢を崩され、無防備にされるのを好まないのではないか。

疲れた一週間の週末は、やさしい静かな微笑みをたたえながら、ベタベタせず、自分にも相手にも距離を置き、ちょっぴり皮肉のまじったユーモアをさらりと話す同性の友人とすごしたい気がする。

イメージ 1

開く コメント(24)

装うということ

イメージ 1

心の憂いを払いたいとき

気分をがらりと変えたいとき

女にはじつに手軽な手段がある

洋服を次々と試着して

「あら、お客様お似合い」などという店員のお世辞に気をよくし

日ごろにはない散財をする
(とはいってもリサイクル品だったり…笑)



こんなときは常日頃は買わないような

穴のあいたジーンズとか

黄緑色のジャケットとかを買いこんでみたりする

美容院へ行って髪を切り

アイシャドウをつけ

まだ収まらないときは

女の気分転換に最適な場所へ出かけて行く



デパートの化粧品売り場

口紅一本買ったら

頬紅とマスカラまで勧められ

販売員のなすままに

まつげをカールさせて、マスカラまでつけてみたりする
(あら、初体験。まつげが重い…笑)


そうして一日もすると

不自然な自分の顔に疲れ

化粧してめかしこんだ自分の美しさよりも

自分の醜さの方に気づかされるようになる


がんばっている女性たち

がんばって歩きづらいヒールの高いミュールを履き

ペディキュアをつけ

爪の空気孔をふさいで

まつげに重い負担をかける




結局のところ

まつげはまっすぐでいいのだし

服はまとわりつく化繊ではなく通気性のいい木綿や麻が一番だし

ぺったんこのサンダルで大地を踏みしめて歩こう


そうしてマスカラで目をぱっちりさせるのではなく

遠いまなざしをもって

醜い自分をも

人々とのかかわりをも

みつめていこう


神さまの遠いまなざし

そのなかに

こんな卑小な自分をも

わたしと周囲の人々とのかかわりをも

解き放っていこう



沈黙すること

遠く離れること

「応答」はその距離と沈黙を超えて

響きあうものだと信じています

イメージ 2

開く コメント(40)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事