P・S・G World

PedalSteelGuitarはオタク楽器です

TAB

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


何回かこのMoのバージョンをライブで弾いたんですが、かなりごまかしてましたので
この際キッチリとコピーしておきたいと思いチャレンジしました。
間奏のわずか8小節ですが、じっくりと画像で確認しました。
残念ながら入りの箇所はカメラがまだSteelをアングルに入れてないのですが、
まぁこんな感じかと。
結構音数が多くて、ポジションも移動が多く、Mikeのようにはスムーズにいきませんが
Gコードの上昇パターンはこんなにフレット移動しなくても音だけなら10フレで解決しますね。
イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

I Love You Because E9th

Emmonsの「I LoveYou Because」、C6thでのJazzバージョンが弾きたくて何回かコピーに
チャレンジしましたが、どうもハードルが高くてものになりません。
そんなわけで、E9thでEmmons風に弾き始めました。
Keyは当然(?)B♭です。
今年から参加してる「寺本幸一&CountryFriends」と言うバンドの前テーマにしました。
Tabでは7thコードを作るためにABペダル+(G#→F#)レバーのスプリットを使ってますが、
スプリットが無ければABだけでも良いでしょう。
サビは少しEmmonsのアドリブフレーズを入れたりしています。
参考音源は少しテンポを落としています。
イメージ 1

http://yahoo.jp/box/v-6eT7*参考音源です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Holding Things Together


Vince Gill & Paul Franklin - "Holding Things Together"

またまたCD「Bakersfield」からこの曲を来月早々のライブで弾くことになりました。
かなり前から決まってたんですがようやくコピーに手をつけました。
例によって間奏の最後のフレーズはPFペダルのようですが、こんな感じで弾くしかないかなと
書いています。
後奏のVinceの方がお気に入りです。
TLのフロントPUでしょうかね?甘い音色でい〜感じ!!
さてPaulの方はお約束のBCペダルの使い方が上手い!!
ライブではこのキーは高いのでB♭の予定ですが、2フレットのフレーズを開放で弾くことになります。
ちょっと練習しないといけません。
もっとキーが下がる場合は高音部分へ上がっていくフレーズだけは残してあとは工夫がいりますね。
イメージ 1イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Josh Turner Your Man


Josh Turner Your Man with Lyrics                       
イメージ 1
2006年のJosh Tuener 「Your Man」です。
かなり先なんですが、ライブの予定曲です。 SteelはSteve Hinson。
nashvilleprosteel.comにも参加してるPlayerですね。
イントロが耳に残るフレーズ、割と簡単かと思ったら中々難しいでした。
フレット移動を速く正確にする箇所が3か所、おまけに最後の箇所はペダルの踏みかえがありました。
Tabに*印を付けたところです。
この曲、エンディングも面白い終わり方で、イントロを少しアレンジした形です。
イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Easy Money 間奏をね?


少し古いBradの歌です。
間奏はおなじみRandleCarrie、
何曲か彼をコピーしてると手癖もあるし、ポジションも大体わかってきますね。
しかし、音は取れても弾ききれない箇所がやっぱり出てきます。
Tabの5小節目、Gコードの後半です!!
歌の間奏は1分50秒あたりから。
今月のライブで演奏しますが、どうごまかすかな〜
イメージ 1


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事