ここから本文です
ただいま暖気中
まだまだ暑い! (>_<)

書庫全体表示

我らがSHIMOさんからお預かりしているCD125Tですが、ずっと気になってた音があったので色々と調整してみました。

エンジンをかけると左シリンダーの上から「タタタタ・・・」という音がするので、まぁタペットに違いないと思って作業に取り掛かりました。

イメージ 1
サイドカバー・シート・タンクを取り外します。

イメージ 2
シリンダヘッドのカバーを外してみたら、思いのほかキレイでした。
ピストンを上死点に合わせて、クリアランスを計ります。

イメージ 3
思ったとおり、左シリンダーのIN側の隙間があいてました。
規定値の0.08mmに合わせます。

カバーとタンクを取り付けてエンジンをかけたら、明らかに打音が減りました。(^-^)


シートまで取り付けて、調子を見るために木曽三川公園まで走ってみました。

でも、まだエンジンからは「カラカラ・・・」と別の音がします。
常連さんから「カムチェーンが緩いんじゃない?」とアドバイスを頂いたので、
さっそく帰宅してカムチェーンテンショナーの調整を行いました。

イメージ 4
これですね?

回すのは右かな?左かな?と探りながら調整したところ、
かなりカラカラ音が静かになりました。

再び調子を見るために近所を走ってみると、これまでと全然違うエンジンの音になってました。
中速域で「ギュイ〜ン!」という力強い音になり、いつもなら失速していた坂道でも、
少しだけですが、5速のままで更に伸びるようになりました。
もうビックリです!

本来の音がどんな感じなのか私は知りませんので、
今度SHIMOさんに確認して頂きたいです。(^-^)

イメージ 5
面白すぎます、CD125T・・・

この記事に

  • 顔アイコン

    すごいですね、自分でちゃっちゃか出来るなんてバイク屋さんみたい。
    尊敬します。CD125Tは中身がギュッと詰まってる感じがしていいですね。

    黒井ぴょん太

    2012/9/16(日) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ぴょん太さんへ

    いや、ホントに難しいことは何もしてないですよ?(^_^;
    でも、ヘッドのカバーを外した時とか、なんかニヤニヤしちゃいますけどね。(笑)

    少し前のベンリィとかカブって、ホントにシンプルで丈夫な造りをしてるんだなぁと思いますよ。
    何でもかんでも電子制御にしてしまう今時の乗り物って面白くないなぁ・・・と、感じる今日この頃です。(^_^;

    すちんぐれ

    2012/9/16(日) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    えらい面倒なことをありがとうございます。<(__)>
    当初からこの音は気になってたモンね。
    まあ5万km越えの走行距離からしたら当然で仕方ないかと思ってましたが
    調整してもらってホントにありがとう。
    今度聞かせていただきます。^^

    リアBOXもついて、本格ツーリング仕様になりましたな。
    こんどこれで通勤してみますか?
    目立つこと間違いなし。(笑)

    [ SHIMO ]

    2012/9/16(日) 午後 10:41

    返信する
  • 顔アイコン

    SHIMOさんへ

    全然面倒じゃなかったですよ?
    むしろベンリィの整備性の高さに感心したくらいです。(^-^)
    あ、ついでの連絡になりますが、エアクリのスポンジが崩壊しそうなので、交換した方が良さそうです。(笑)

    通勤については・・・
    SRVが不調に際に、使わせていただきます。(^_^;

    すちんぐれ

    2012/9/16(日) 午後 11:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事