ここから本文です
NO LIFE NO カブ!
カブと戯れる

Sさんカブ90ボアアップ

先日、Sさんがカブ90のオイル交換をしたところ、
異常にオイルが減ってる!
ということで、ついにボアアップに着手。
Sさん的にはこのカブ90は『ノーマルを維持したい!』と
頑なにチューニングせずに乗っていましたが、
ストックパーツもあったので、97ccに変更です。

早速バラして確認。
こんな状態でした。
イメージ 1

各部を洗浄し、新品のシリンダー&ピストンを組みます。
イメージ 2
ついでにヘッドも全バラ〜オーバーホールして組み付け、完成
異音もなく、快調

翌日、早速ナラシツーリングに出発です!
イメージ 3

羽根沢温泉へ向かい
イメージ 4
真室川町を通り抜け、釜淵駅へ
イメージ 5
そこから道の駅おがちへ向かいましたが、県境のトンネルを抜けると
微妙に雨模様・・・。
濡れたくないのですぐに引き返し、ウロウロと走り回ってナラシ完了!
不具合もなく、トルクアップして乗りやすくなったとのこと。
作業的にも、まったくのポン付けなので今回のようにヘッドオーバーホールをしても作業時間は半日程度、コスト的にも激安なので、
90ベースで補修orちょいパワーアップをしたい方にはオススメのメニューです

この記事に

気仙沼ツーリング

またまたずいぶんと時間が経ってしまったネタ・・・

某日曜日、Sさんと気仙沼にツーリングに行きました。
国道47号をひた走り、ちょっと寄り道して道の駅厳美渓で一休み。
イメージ 1
そのまま気仙沼は唐桑半島へ到着。
イメージ 2

宮城県といえば松島が有名ですが、こちらも負けず劣らず絶景であります。
震災後に整備されたのでしょうか、キレイな港でした。
イメージ 3
高台にある展望スポットからは島々が見えます。
イメージ 4
とりあえずバンザイ(笑)
イメージ 5

唐桑半島をあとにして、来る途中に発見した唐揚げ屋さんに立ち寄りました。
イメージ 6
美味かった!
イメージ 7

ここまで何も食べていなかったので、一の関市内のかつやに寄って遅い昼食。
イメージ 8
アストロに来たわけではありません(笑)

腹も膨れたので帰ります。
来るときは寄らなかった厳美渓に寄って記念撮影。
イメージ 9
夕方で人もいなかったので橋の上でも記念撮影。
イメージ 10
今度はゆっくり来てみたいと思います。
ここからはぶっ飛ばして帰宅しました(笑)

というわけで気仙沼編終了!
走行距離・・・たくさんkm(笑)

この記事に

男鹿〜寒風山へ

随分時間が経ってしまいましたが・・・
先月、Sさんと二人で男鹿に自販機そばを食べに行きました。
イメージ 1
ここのそばは自販機そば業界の中ではトップクラスにウマい!
しかし売り切れも多くてタイミングが悪いと食えないのですが、
今回はゲットできました♪
イメージ 2
あいかわらず¥1250ですが(笑)
イメージ 3
美味かった♪♪

男鹿半島はいつ来てもロケーションがすばらしいです
いつものなまはげで記念撮影
イメージ 4
海沿いで鳥海山をバックに記念撮影
イメージ 5
道路脇にいたお二方と記念撮影(笑)
イメージ 6
で、行ったことのなかった市場に立ち寄り
イメージ 7
その流れで寒風山へ
イメージ 8
絶景♪
イメージ 9
お約束のバンザイ(笑)
イメージ 10
帰り道で〆のラーメン
イメージ 11
今回は麺ツーでしたね(笑)
男鹿半島は何回行っても飽きません
今年はきっとあと3回は行くでしょう(笑)

まだまだネタがたくさんありますが、少しずつ消化しますかね(笑)

この記事に

いつもの川原毛地獄へ

先日、といっても随分時間が経ちましたが・・・
5月上旬、久しぶりにカブばかり数台集まったので川原毛地獄までプチツーリングに行きました。
イメージ 1
今回はSさん、Hさん、Kさん、Iさん、Sくん、自分の6台。
少し肌寒い感じでしたが元気に出発!
まぁいつものコースなので当然のように主寝坂ドライブイン(廃墟)で一服w
イメージ 2
その後もいつもの流れで道の駅おがちで休憩し
イメージ 3
途中の自販機で一服し
イメージ 4
川原毛地獄に向かいます。
入口のバリケードはすでになくなっており通行可能
イメージ 5
そこから少し走って到着。
イメージ 6
もう残雪もほとんどなく、いつもの景色でした。
温泉客も結構おりました。
我々は下流の浴場ではなく上流に向かい、源泉付近をウロウロ。

すると何かのスイッチが入ったのか、突然Kさんが
『風呂に入る♨』
と服を脱いで全裸に(笑)
イメージ 7
この場所は一番風呂に適した深さで、地元の方なんかが入浴してるみたいですが、
基本ただの川です(笑)
ここに近くでボコボコ湧いている源泉を流し込みますが、
温度調節が難しく、熱いか冷たいかの両極端ww
我々が温度調節をしてましたが、最後には面倒くさくなって源泉を大量に流し込んだのでした(笑)
でもKさんは温泉を満喫できたようですww
イメージ 8

川原毛地獄を出発し、今度は国道108号を通って銀山跡地へ向かいました。
イメージ 9
日陰にはまだ雪が残ってました。
寒くなってきたので日が暮れる前に帰路につきました。
プチツーリング終了。
何度行ってもこのルートは好きです。
また行こう♪






この記事に

すでに一ヶ月が経ち、ほかにもネタが溜まってきましたが、函館編ラストですww

無事フェリーに乗り込んだ我々、甲板に出て函館山を眺めながら
しばし余韻に浸ります。
イメージ 1
あっという間に函館に滞在できる時間は過ぎましたが、
天候にも恵まれて、『北海道をカブで走る』ことは堪能できました。

朝コンビニでパンを食ったあとなにも食べていなかったので
腹が減りました。
フェリーの中の自販機コーナーに行ってみました。
イメージ 2
なかなか充実してました。

客室に戻り、仮眠。
つーか自分は爆睡(笑)
Sさんは自分のイビキがうるさくて寝られなかったとのこと
目が覚めるともう青森港でした。
イメージ 3
無事本州に戻り、ハイエースにカブを積み込んで一路山形へ。
北海道弾丸ツーリング終了であります。
楽しかった〜♪


さて、今回のツーリングを決行するまでは北海道という地に出向くことはかなりハードルが高く、いつか行ければいいなー程度だったのですが、
いざ行ってみたら意外とそうでもなかった(笑)
予算的にもなかなかリーズナブルで充分に楽しめました。

今回のスケジュールは、
5/3 19:30 新庄出発
5/4  0:30 青森港到着
   1:40 乗船手続き(3便 ブルーマーメイド)
   1:45 乗船
   2:40 出航
 ちなみに乗船手続きの際に、乗り込む際のルートが書かれた紙を渡されるので
 まったく問題なく乗船できました。
イメージ 4
二輪はこんな感じで固定されます。
イメージ 5
で、仮眠後、
5/4  6:20 函館港到着〜松前に出発
   8:50 松前到着〜戻り
   11:10 函館港に帰還〜乗船手続き
   11:30 乗船
   12:00 出航
   15:40 青森港到着〜山形へ
   22:10 新庄到着

こんな流れでした。
予算的には、通常のツーリングにかかるガソリン代・メシ代に追加して
フェリー費用が
スタンダード ¥3190
バイク代(125cc以下) ¥2550
計¥5740
往復なので¥5740x2=¥11480
でした。
意外に安かった♪
時間にしてトータルで25時間ほど。
もっと時間があればほかのところにもいけますが、
逆に時間がなくても『北海道に行った』感は充分に味わえます。

ということで今年中にもう一回行こう!と盛り上がったのでした(笑)
絶対また行くぞ!!


最後に・・・青森にあった粋なネーミングのスーパー
イメージ 6

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事