ここから本文です
NO LIFE NO カブ!
カブと戯れる

いつもの川原毛地獄へ

先日、といっても随分時間が経ちましたが・・・
5月上旬、久しぶりにカブばかり数台集まったので川原毛地獄までプチツーリングに行きました。
イメージ 1
今回はSさん、Hさん、Kさん、Iさん、Sくん、自分の6台。
少し肌寒い感じでしたが元気に出発!
まぁいつものコースなので当然のように主寝坂ドライブイン(廃墟)で一服w
イメージ 2
その後もいつもの流れで道の駅おがちで休憩し
イメージ 3
途中の自販機で一服し
イメージ 4
川原毛地獄に向かいます。
入口のバリケードはすでになくなっており通行可能
イメージ 5
そこから少し走って到着。
イメージ 6
もう残雪もほとんどなく、いつもの景色でした。
温泉客も結構おりました。
我々は下流の浴場ではなく上流に向かい、源泉付近をウロウロ。

すると何かのスイッチが入ったのか、突然Kさんが
『風呂に入る♨』
と服を脱いで全裸に(笑)
イメージ 7
この場所は一番風呂に適した深さで、地元の方なんかが入浴してるみたいですが、
基本ただの川です(笑)
ここに近くでボコボコ湧いている源泉を流し込みますが、
温度調節が難しく、熱いか冷たいかの両極端ww
我々が温度調節をしてましたが、最後には面倒くさくなって源泉を大量に流し込んだのでした(笑)
でもKさんは温泉を満喫できたようですww
イメージ 8

川原毛地獄を出発し、今度は国道108号を通って銀山跡地へ向かいました。
イメージ 9
日陰にはまだ雪が残ってました。
寒くなってきたので日が暮れる前に帰路につきました。
プチツーリング終了。
何度行ってもこのルートは好きです。
また行こう♪






この記事に

すでに一ヶ月が経ち、ほかにもネタが溜まってきましたが、函館編ラストですww

無事フェリーに乗り込んだ我々、甲板に出て函館山を眺めながら
しばし余韻に浸ります。
イメージ 1
あっという間に函館に滞在できる時間は過ぎましたが、
天候にも恵まれて、『北海道をカブで走る』ことは堪能できました。

朝コンビニでパンを食ったあとなにも食べていなかったので
腹が減りました。
フェリーの中の自販機コーナーに行ってみました。
イメージ 2
なかなか充実してました。

客室に戻り、仮眠。
つーか自分は爆睡(笑)
Sさんは自分のイビキがうるさくて寝られなかったとのこと
目が覚めるともう青森港でした。
イメージ 3
無事本州に戻り、ハイエースにカブを積み込んで一路山形へ。
北海道弾丸ツーリング終了であります。
楽しかった〜♪


さて、今回のツーリングを決行するまでは北海道という地に出向くことはかなりハードルが高く、いつか行ければいいなー程度だったのですが、
いざ行ってみたら意外とそうでもなかった(笑)
予算的にもなかなかリーズナブルで充分に楽しめました。

今回のスケジュールは、
5/3 19:30 新庄出発
5/4  0:30 青森港到着
   1:40 乗船手続き(3便 ブルーマーメイド)
   1:45 乗船
   2:40 出航
 ちなみに乗船手続きの際に、乗り込む際のルートが書かれた紙を渡されるので
 まったく問題なく乗船できました。
イメージ 4
二輪はこんな感じで固定されます。
イメージ 5
で、仮眠後、
5/4  6:20 函館港到着〜松前に出発
   8:50 松前到着〜戻り
   11:10 函館港に帰還〜乗船手続き
   11:30 乗船
   12:00 出航
   15:40 青森港到着〜山形へ
   22:10 新庄到着

こんな流れでした。
予算的には、通常のツーリングにかかるガソリン代・メシ代に追加して
フェリー費用が
スタンダード ¥3190
バイク代(125cc以下) ¥2550
計¥5740
往復なので¥5740x2=¥11480
でした。
意外に安かった♪
時間にしてトータルで25時間ほど。
もっと時間があればほかのところにもいけますが、
逆に時間がなくても『北海道に行った』感は充分に味わえます。

ということで今年中にもう一回行こう!と盛り上がったのでした(笑)
絶対また行くぞ!!


最後に・・・青森にあった粋なネーミングのスーパー
イメージ 6

この記事に

久々の更新です。
すでに記憶が曖昧になっておりますが続きです(笑)

松前町からの帰り道、お土産を買おうと国道脇の直売所に寄り、松前漬・塩辛などをゲット。
急いでいたので画像ナシw

途中、青函トンネルの北の玄関口というところを発見したので、記念撮影。
イメージ 1
黄色の丸のところがトンネルです。
新幹線が現れるところが見たかったですが、時間の都合であきらめ。
ここで止まっていたら、国道を数台のカブの団体様が通り過ぎて行きまして、
お互いに手を振ってご挨拶。
北海道だなーとプチ感動。
いや、本州でも同じことはありますが(笑)

函館に向かいます。
国道で隣の車線に並んだトラックの運転手に声をかけられ、
『新庄市ってどこ?』(ナンバーを見たらしい)
と聞かれたので
『山形!』
と答えると
『遠いなぁー 気をつけてなー』
と走り去っていきました。
うーん、いいなぁ北海道!!
なにげない出来事がすばらしい。

さて今回出発する前に、函館に住む同級生におすすめのめし処はないかと聞いたら、
『ラッキーピエロに行け!』
とのこと。
港のすぐ近くにあるから、絶対行ったほうがいいと言われたので向かいました。
イメージ 2
しかし、到着したのが11時すぎ。
すでに行列ができていて1時間まちとのこと。
11:20には乗船手続きを済ませなければなりません。
絶対間に合わないので、今回はあきらめました
次回は絶対に食うぞ!

ソッコーで港に向かい、乗船手続きをして乗り込みます。
イメージ 3
とりあえず間に合いました。

でもラッキーピエロは残念でした・・。

まだ続くww

この記事に

続きです。

函館に上陸した我々、とくに向かう先も決めてなかったのですが、
帰りのフェリーが12:00発だったので、何しろ時間がない。
なので、松前漬で有名な松前町に向かってみることにしました。
距離的には約90kmくらいです。
ギリギリ往復できそうな感じ。

とりあえず近くのコンビニに寄って
イメージ 1
その後、北海道新幹線の一つめの駅になる木古内駅に寄りました。
イメージ 2併設されている道の駅で小休憩して、
ご当地ジュースを発見したので
イメージ 3
イメージ 4
いくつか購入。
イメージ 5

その後はまっすぐ松前町の道の駅へ向かいました。
イメージ 6
時間が早かったので道の駅もまだ営業しておらず、
ただ寄っただけ(笑)
早速戻ります。(早笑)

来る途中に見つけた横綱記念館で休憩
イメージ 7
イメージ 8

意外に時間がありません。
急いで函館に戻らなければ。
やっぱり初めての地ということもあって、時間の計算がずれます。
めちゃくちゃハードなツーリングになってきましたなー


続く

この記事に

先日、長年の夢でありました、
『カブで北海道を走る!』
をついに決行!
時間が限られていたので、青森港まではハイエースにカブを積んで移動、
フェリーにはカブで乗り込み、函館周辺を走る計画です。
今回はSさんと自分の2人で向かいました。
自分もSさんも初めてではないですが、ほぼ30年ぶりくらいに北海道に向かうのでとても楽しみです。

ハイエースにカブを2台積み込み、
イメージ 1
19時20分出発!
順調に進み、青森港に0時45分到着。
今回は3便の2:40発ブルーマーメイドに乗るのでまだ時間があります。
腹が減ったので近くの半田屋でメシ。
イメージ 2
腹ごしらえ完了
イメージ 3

事前に予約していたので、ターミナルで乗船手続きを済ませ
イメージ 4
乗船に備えます。
イメージ 5
時間になりいざ乗船!

乗り込んだあとはソッコーで寝ました。
スタンダードなのでザコ寝です。
4時間弱でつくので仮眠程度ですが爆睡。
Sさんは自分のイビキがうるさくてあまり寝られなかったそうで・・・(^^;
目が覚めるともうすぐ到着というとこでした
イメージ 6
天候は快晴♪
気持ちのいい朝です。
6:20無事到着して上陸!
イメージ 7

時間がないので急いで出発です!
楽しみ〜♪


続く

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事