徒然なる司馬に

8年ぶりに再開!? ネットの大通りの路地裏の場末に開いている小さなブログです。。。。TB歓迎です

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
21日、京都7R・4歳上500万下で1番人気ニルヴァーナ(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)が優勝。同馬に騎乗していた武豊騎手(38、栗東・フリー)は、史上2人目、現役では唯一となるJRA通算2900勝を達成した。87年3月のデビューから約20年2か月、通算13910戦目での達成は、岡部幸雄元騎手の約37年3か月を17年以上破る史上最年少、最速の記録となる。同騎手はこれまで、JRA重賞242勝、JRA・GIは58勝。今年は高松宮記念をスズカフェニックスで制し、20年連続のGI勝利を達成したほか、アドマイヤムーンでドバイデューティフリー(首G1)にも勝利している。21日7R終了時点の通算成績は13910戦2900勝、地方通算597戦125勝。また、岡部幸雄元騎手が持つ2943勝のJRA史上最多勝記録まであと43勝と迫った。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この人は凄いと思う。30代で2900勝・・・これは素直に立派だと思います。
ただ、この騎手の場合はG1レースで勝ってこその人になってしまっている。新馬戦や未勝利戦などの条件戦で勝っても1勝は1勝だが、多くのファンが見ているのはG1を中心とした重賞レース。そういうレースで勝ってこそだと思う。最近は重賞戦線では明らかに出遅れている感は否めない。2900勝は確かに偉業だが、ファンが待っているのはG1や重賞レースで安心してみていられるレース運びなのだ。
お願いだから、『後方での溜め殺し』はやめてください・・・(笑)

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事