徒然なる司馬に

8年ぶりに再開!? ネットの大通りの路地裏の場末に開いている小さなブログです。。。。TB歓迎です

全体表示

[ リスト ]

フローラSメモ

ベッラレイアは強かった!これに尽きる。

レースペースは緩い流れで、あ、またも逃げ残りか!と思ったが流石に東京競馬場。力のある馬はしっかり来る。ごまかしは許されないコースがとうきょう競馬場なのだと改めて実感。

ベッラレイアはスタートはまずまずながらも中団からやや後方に位置することになった。「緩い流れなのでイヤだな」(秋山JK)という感じだったが、馬を信じての騎乗だったのだろう。最後の直線では外を走るミルクトーレルに先に動かれてしまい出口がなくなってしまったが、さらにミルクトーレルの外に持ち出して、東京のロングストレートを活かして切れる脚を見せつけてくれた。前が壁になる課題を難なく克服してしまったのだ。オークスではウォッカとダイワスカーレットの2頭に喧嘩を売れるだけの存在になった。 オークスはナリタトップロード産駒なだけに距離はOK。
ミルクトーレルもとにかく出走権がほしかったようで4着に終わったとはいえ、上がりの言い脚を見せてくれたことは今後につながるレースだったことは確かだった。オークスに出られればいいが・・・ダンスインザダーク産駒なだけに今回の4着は悔やまれる。
ミンティエアーも早めの抜けだしをして前のイクスキューズを追い出しをはじめており、上がりはベッラレイアと0.1秒差。イクスキューズをかわしたところで外から来たのがベッラレイアだった。長くいい脚を使う馬だと感心。こういうタイプは距離が延びてもOKなのは過去の馬を見ていても分かること。
イクスキューズがハナに立つとは思わなかった。このところ前残りの競馬が多かっただけにこの戦法はある意味正解だったのかもしれないが、桜花賞から中1週の東京コースでの逃げっぷりはやはりただ者ではない。オークスではこの手は通用しないと思われるが・・・。NHKマイルには行かないのだろうか・・・。 心配なのは次走の馬体重。減らなければいいのだが。

個人的には今年のフローラS、レベルが高いと思われる。

ベッラレイアは秋山騎手がプレッシャーに打ち勝てればオークスの戴冠は近いと思います。
馬はしっかりしていますからね。
ナリタトップロードは凄い産駒を出したなぁ・・・。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事