徒然なる司馬に

8年ぶりに再開!? ネットの大通りの路地裏の場末に開いている小さなブログです。。。。TB歓迎です

全体表示

[ リスト ]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
競馬ブックの騎手想定で、アドマイヤオーラの騎手が未定となっていたことから、2ちゃんねるの競馬板や、netkeibaの掲示板で噂されていた武豊降板が、現実のものとなった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この事実は重大な問題だと捉えるべきだろう。すでに武豊も「万能ではない」ということだ。彼の騎乗はおかしい。すべて溜め殺しなのだ。後方から競馬が成立したのはサンデーサイレンス産駒が存在していたためである。サンデー産駒は瞬発力に優れていたことはディープインパクトを代表に見ればわかるこtだった。武豊は自分の騎乗戦略にそれを組み込んでいたのだ。そのお陰でニュービギニングの可能性を潰し、アドマイヤオーラは皐月賞で脚を余らせたのだ。香港のレースでもアドマイヤムーンで同じような失敗をしている。
サンデーサイレンス産駒亡き今、競馬界は本当に混沌とし始めてきた。我々はサンデーサイレンス産駒ありきの「物差し」を持っているままではないだろうか?? 我々の世代はサンデーの産駒のいないオグリ世代を乗り切っている・・というか、その方が馬券は買いやすかったし、良く当たっていたはずだ。いまこそ90年代の気持ちに戻り、重賞実績のある馬や好調度の高い勝てそうな馬をさがしていく必要があるのではないか。
サンデーサイレンスは日本競馬のカンフル剤になって日本競馬の底上げはしてくれた。それは感謝すべき事だ。だが、そのカンフル剤は強すぎたのだ。そのカンフル剤が失われた今、我々競馬ファンは荒れるG1に対して窮地に陥っている重症患者だ。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

はじめまして。 以前、武さんは脚色は人間が決めるものだとおっしゃっていました。 追い込みがしっくり嵌ったサンデー産駒には効果的ですが、どの馬にも紋切り型の騎乗しか出来ない今は彼の馬券を買う事は出来ません(> <) オグリが、クリークが、マックイーンが教えてくれたことは、彼にとっては遠い過去の事なんでしょうか。 デビューして2、3年目の頃、勝利インタビューで『馬が行きたがってたのでそのまま行かせました』と言っていたのを思い出します。

2007/5/20(日) 午後 1:27 [ はぎ ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事