お気楽主婦の乳がん闘病記

乳がん肺転移より10年8か月、骨転移より1年10か月経ちました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

7回忌

ブログを更新していなくても、訪問いただく、コメントまでいただき、ありがとうございます。

先日7回忌が終わりました。
早いな、というのが実感です。

もうすぐお盆ですね

もうすぐお盆ですね。
 
地震嫌いのPearlが生きていたら大変な1年だったろうな…

2年経ちました

Pearlが亡くなって2年経ちました。
周りの状況はどんどん変わっていくけど・・・・・
 
今日は出張していたので、Pearlが息を引き取った時間は電車の中だったけど、鮮明に蘇ったよ。
 
みなさん、更新もしていないのに、訪問していただきましてありがとうございます。
返信もせずに申し訳ありません。

ガムとタニシ

皆様、温かいコメントをいただきまして、ありがとうございます。
 
Pearl の最期の様子をお知らせすることで、同じ病気の方のお役に立てたならば、Pearl がこのブログを書き始めた目的を達したことになり、Pearl も喜んでくれているのではないかと思います。
 
さて、Pearl との思い出の一つが”ガム”です。
 
記憶が定かではないのですが、多分2005年の春頃からPearl の日常生活にガムが欠かせない必需品になっていました。
 
肺転移していたため、ガムを咬んでいるとのどがス〜とし、気管支から肺のあたりのザラつきがとれるようで、かなり頻繁にガムを咬んでいました。
 
ガムの咬みすぎで顎がこるほど咬んでいました。
 
問題は咬んだガムの捨て方です。
 
ひっきりなしにガムを咬んでいるので、家のゴミ箱というゴミ箱に咬み終わったガムを捨てるわけです。紙に包んで捨てることもあるのですが、そのまま”ポイッ”と捨てていることも多く、その場合にはゴミ箱にガムがむき出しで張り付いているわけです。
 
その姿は、捨てられたガムが川辺の石等に張り付いているタニシそっくりで、ゴミ箱に張り付く”緑色のタニシ”に見えるのです。
 
特に、寝る間際までガムをかんでいましたので、寝室のゴミ箱は”緑色のタニシ”が繁殖している状態になっていました。
 
想像つきますでしょうか?
 
ゴミ捨ての準備をしている時に、「タニシの処分をしろ!」とPearl に言っていたことを思い出します。こうした何気ない瞬間に、「Pearl はもう死んでしまったんだな」とPearl の死を実感しています。
 
 
 
皆様、温かいコメントありがとうございます。
 
Pearl の最期の8日間は実質7日間でしたが、最期の最期までPearl らしく人生を全うしました。
 
ほとんど目を開けられない7日間でしたが、その間に何を思い、自分の人生をどのように振り返っていたのかを考えてしまいます。
 
そして、今でもドルミカムに切り替える前、家族に向け「ありがとうございまいした。幸せでした。」と発した声とその時の情景が昨日のことのように思い出されます。
 
 
・・・・・・・最期の様子をお知らせすることで、Pearl がどのように生きたのか、ブログを始める時に「生きた証を残したかった」こと、そして「同じ病気の方の役に立つ」という本人の意思を完結させることができたのではないかと思います。
 
これらかは、少しずつPearl との思い出なども残していくつもりです。
 
皆様、本当にPearl がお世話になりました。
 
ありがとうございました。
 

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事