アメリカ便り Letters from the Americas

様々なアメリカ&メキシコ事情と両国の小話

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1
イメージ 2
       トランプ氏、メキシコ男と美女…
イメージ 3

写真:(www.imagen.com.mx)
汽車の4人掛け席の一方に中年の婦人と彼女の19才の娘が座り、二人の真向かいに、トランプ氏と若いメキシコ男が座っていた。
 
 汽車が長いトンネルに入ると、車内は真っ暗になった。
やがて「チュッ」というキスの音がすると、すぐさま「ぴしゃり」と言う平手打ちの音が聞こえた。
 
 中年婦人は「メキシコ男が娘のキスを奪ったところ、怒った娘が彼に平手打ちを食わした」と思った。
 
 娘は「私にキスしようとしたメキシコ男は、間違えてママにキスしたところ、怒ったママが彼に平手打ちを食わせた」と思った。
 
 トランプ氏は「メキシコ男が娘のキスを奪ったところ、怒った娘が間違えて私に平手打ちを食わせた」と思った。
 
 メキシコ男は「俺は頭が良いな。俺は手の甲に音を立ててキスするや、トランプに平手打ちを食わせたのさ。次のトンネルに入ったら、もう一芝居打ってトランプの野郎に平手打ちを食らわせてやろう」とニンマリした。
 
お後がよろしいようで……。
 
(注)このメキシコ小話は「トランプ憎し」のメキシコ国民が去年の1月初旬のトランプ氏就任式前、アメリカ小話「トンネルに入ると…」を換骨奪胎して大流行させたものです。下記のブログ・一笑一若・アメリカ小話で種本のオリジナル小話をご覧になるのも一興かと存じます。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

和田: 富田さん 後2弾で今年もお終いですね。毎週、小話を掲載し続けご苦労さんでした。このメキシコ小話は、今年の1月に掲載したものだとの事ですが、題を見ただけでは思い出せませんでした。大分お頭が退化しつつあるようですね。残り2弾の掲載を待ち年忘れ小話大会を今年も40年‼ホームページに残して置くことにします。従いバーチャル座談会には掲載しません。来る年も宜しくお願いします。

2017/12/25(月) 午前 10:25 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

和田さん、コメントありがとう!訳した私だって題名を見ただけではストーリーを思い出せないですよ。しかし、今年も毎度「馬鹿馬鹿しい小話」にお付き合い下さってくれる和田さんには足を向けて寝られません。残る二編も傑作ですよ。乞うご期待!

2017/12/26(火) 午前 10:29 Ricardo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事