平 直行 ブログ 柔術で充実是日々好々

平 直行の武術格闘技 そして日常の色んな事を書いたブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
 人が体を動かす指令は2箇所から出ます。
1つは頭で考えて発する思考の指令。
これは自覚出来る指令ですのでこれが全てを担うと勘違いしがちです。
 
ところが人が体を動かす指令はもう1つあります。
これは無意識に行なわれる指令です。
 
体の内側の動きは殆どが無意識に行なわれます。
内装の動き血液の循環など全て無意識に行なわれています。
 
頭で考えても到底間に合わないことは
無意識が担って最適な指令を発します。
 
無意識の指令は意識出来ないから感じないだけなのです。
 
実際の体の営みの殆どは
無意識の指令により適切に常に管理されています。
 
この指令は体の内部だけでなく、外部との関係においても同様です。
頭で体温の調節は難し過ぎて出来ません。
 
ところが暑い場所から寒い場所に移動すると
一瞬で体は体温を調節してくれます。
 
恒温動物である人は無意識に
外部との関係を把握して体温を調節しています。
 
外部との関係は気温だけでなくその他の総てにも該当します。
特に見落としがちな指令と武術の関係を発見しました。
これがサムライメソッドやわらぎの根幹理論です。
 
 
人は接触する外部との全ての関係を無意識に判断して
最適な動きを一瞬で判断して無意識に行ないます。
 
山道でも川原でも砂浜でも人は迷うことなく歩きます。
本当は環境が変わったら物凄い情報量を処理して最適な歩き方を
行なわなければ人は歩く事が出来ないのです。
 
この情報の処理と判断は
頭で処理するにはあまりにも多くの情報がありますから
無意識に判断して情報を出す器官が存在します。
 
人が生まれながらに持っている情報処理の能力は
本来の地球の自然に合わせてセッティングされています。
 
現在人が暮らす空間は地球であって地球ではない空間です。
 地球の上に被せた人工的な空間が我々が暮らす空間になります。
 
この人工的な空間での動きは
人類の体の中にセッティングされていません。
だから体に問題生じると僕は思います。
 
人は無意識に最適の動きを判断して行うことが出来る。
人以外の動物も同じです。
人は地球に生まれ健康で良く動く体で一生を過ごせます。
 
野生動物はその通りに暮らしています。
運動もしない健康に気を使った食事もしません。
それだけで人の何倍も良く動く体を持ち病気もしません。
 
人は生まれ持った能力を使えない空間に暮らし
それを便利と勘違いし、便利の変わりに出現した運動不足を
自分たちで考えた不自然な動きで解消しようとします。
 
運動をする空間は不自然扱う器具も不自然
そこで行なう運動は正しい無意識の指令を発することが出来ない。
だからスポーツで体を痛める。
 
無意識の運動指令を適切に働かせれば体は問題なく最適な状態になります。
自然の中で動くだけで体は最適な状態を維持します。
 
ところがそれこそが現代で一番難しい運動になります。
本来の自然で日常的に体を動かすことは現在ほぼ不可能です。
 
 
不自然な動きは更に不自然な動きを加えると
自然な動きになってゆきます。
 
これが東洋の身体論です。
 
だから武術には変な形の動きがあるのです。
 
環境を変えれば0秒で無意識の動きが変わります。
人工的な道具を使い更に不自然を加えると体が自然を取り戻してゆきます。
コロンブスの卵のような発見をしました。
 
平直行の指導する
 
武術&格闘技教室スクール
ストライプル
 
見学自由 無料体験あり
 
 
詳細はHPをご覧ください
 
もう一つのHPが出来ました。
ストライプとやわらぎのHPです。
8月31日(金)
池袋にてメンタルセラピストとタッグで
40肩50肩改善のセミナーを
ランチを食べながら開催します。
 
 
サムライメソッドやわらぎ福岡セミナー
826日(日)開催
 
平直行の新作DVD
温故知新操体法発売中
 
 
平直行の書籍&DVD
 
 
平直行の電子書籍 発売中
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事