平 直行 ブログ 柔術で充実是日々好々

平 直行の武術格闘技 そして日常の色んな事を書いたブログです。

全体表示

[ リスト ]

巌流島に向けて練習をして体が出来て怪我も無く練習期間を終えました。
練習のスケジュールの基本はチームアンディのやり方です。
武術の稽古をしながら調整はチームアンディのやり方でやりました。
 
武術はいつでも戦う体を維持します。
格闘技は闘う一瞬に全てを込めます。
闘う時間が最高の状態に持っていきます。
 
プロの格闘技は独特です。
本番に最高に持っていくために練習で追い込んで弱くなります。
 
怪我のないギリギリの状態まで体を追い込んでスパーリングもします。
 
その時に大切なのは優先順位です。
体を鍛える時期にはスパーリングは軽く。
 
スパーリングで追い込む時期までに体を作って
スパーリングを最優先の時期も作る。
 
全部一緒には出来ない。
全部一緒にやるのはプロのスケジュールではない。
そんなことをチームアンディで学びました。
 
スパーリングは1週間前に終ります。
そこから休養と軽い練習で1週間かけて体調を上げていきます。
本番で最高のコンディションにする為に1週間かけます。
 
2日間完全に休養して次の2日は体を回復させながら
動きのチェックをして体を動かしながら神経を目覚めさせます。
ただの休養では体がボケて駄目になるからです。
 
回復するのに2日間かかるまで直前に体を追い込みます。
ただの休養ではないのです。
 
そして1日休養して
前日に試合と同じ時間に体を動かします。
 
2日間の休養に入った時に体を調整してもらいました。
施術家の知人が多いのでコンディション調整に恵まれています。
みんなとても上手に体を調整してくれて感謝です。
 
この時に声が聞こえたんです。
本当なのか勘違いなのか?
とにかく僕は自分の知らなかったことを聞いたんです。
 
ここで完全に調整するのかい?
それは駄目だ、早すぎる。
 
体をほぐしてもらうと気持ちが良い。
うとうとする感じの向こう側から声が聞こえてきます。
 
本番で最高に上げるんだろ。
今日上げ過ぎたらいけない。
上ったものは下がる。
 
また下げて上げるのは大変なんだ。
本番に合わせて今日はここで止めておくんだ。
そんな声が聞こえたような気がしました。
 
それで僕は今日はここまでにしたいと言いました。
確かに本番に備えて追い込んだ体を数日前にベストにする必要はない。
上げたり下げたりは本番の前にやることじゃない。
 
ゆっくりと本番に合わせてぴったり合わせれば良い。
 
僕はその日から上げすぎないように注意して調整をしました。
 
前日に軽く張ってる感じの筋肉も明日にはぴったりほぐれてる。
そんな確信がありました。
 
巌流島当日コンディションは最高に良かったです。
アップの時の感触は若かった頃とそれ程変わらない。
ニヤニヤしてしまいます。
 
本番は緊張感で体がこわばってました(笑)
あの三倍くらい動けてました。
本番はやはりブランクの影響あります。
 
16年ぶりですから。
54歳で緊張でこわばった体でも良い動きになった。
緊張感を除けばコンディション調整は大成功でした。
 
現役の頃に気がつかなかった忘れ物が見つかりました。
また試合をやる訳じゃないので素晴らしい気付きです。
体を良くするには素晴らしいヒント。
 
動けなくなったのは緊張感の問題。
これも次の課題。
試合じゃなくて怪我の恐怖心で動くのに動かせなくなる人も多いんです。


一度に全てを良くするのは案外良くない。
足りない箇所を良くする手伝いをしながら
なるべく自分の力と動きで改善してゆく


そうすると結局奥から良くなってゆく。
人に任せる何倍も良くなる。

これは多分間違っていない。
これは大きなヒントになる。
 
巌流島で頑張ったご褒美なのかな?
あの声は誰が言ったんだろう?
アンディだったら嬉しいな。
 
 
平直行の指導する
 
武術&格闘技教室スクール
ストライプル
 
見学自由 無料体験あり
 
 
詳細はHPをご覧ください
 
もう一つのHPが出来ました。
ストライプとやわらぎのHPです。
  
サムライメソッドやわらぎ仙台セミナー9月24日(祝)開催
 
サムライメソッドやわらぎ東京セミナー10月7日(日)開催
 
平直行のDVD
温故知新操体法発売中
 
 
平直行の書籍&DVD
 
 
平直行の電子書籍 発売中
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事