平 直行 ブログ 柔術で充実是日々好々

平 直行の武術格闘技 そして日常の色んな事を書いたブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

カールゴッチ杯復活。

 カールゴッチ杯は新日本プロレスの総合格闘技の興行として復活した。
通常のプロレスは本当に強い男たちが行なう誰にも真似の出来ない。
新しいスポーツとして日本中を熱狂させた。
 
日本中を熱狂させるプロレラーの中で本当は誰が一番強いのか?
それはカールゴッチ杯とUWFシリーズで実現した。
どちらの興行にも観客は熱狂的な支持をした。
 
ルーテーズとカールゴッチテクニックと思想は時代を超えて
弟子たちが代わってリングでキャッチの強さを競い合うようになったのだ。
 
打撃も本格的に加えたキャッチレスリングの激闘が始まった。
 
人材を育成し確保する為にプロレス団体は
日本各地にジムをオープンさせた。
 
始めにそれをやったのは佐山聡だった。
 
妄想で暴走の世界でもシューティングジムは旗揚げしたのだ。
 
シューティングジムは日本中に広がり。
やがて馳が行なう中高の格闘技授業に大きく貢献することになる。
 
全日本プロレスと新日本プロレス。
一体どちらが強いのか?
日本中の注目が集った頃に対抗戦が組まれた。
 
1993年の年末のことだった。
現実世界の同時期にUFCが旗揚げをすることになる。
 
全日本プロレスと新日本プロレスの対抗戦
伝説となるような名勝負が続出した。
格闘技は不思議な感覚になる。
 
相手を本気で潰そうと試合をやったのに
試合が終われば家族よりも大切な友人になったりする。
 
対抗戦をやったことで全日本プロレスと新日本プロレスの何かが氷解した。
 
G馬場とA猪木は兄弟のような関係になった。
 
対抗戦の次は合同興行を行なう。
次はプロレスの合同興行。
 
両団体のプロレス頭を振り絞るような激しく熱いプロレス。
年末には紅白歌合戦の裏番組となり視聴率で紅白を越えたのだ。
 
格闘技とプロレスを曖昧にしない団体。
強くて個性的な観衆を魅了するプロレスラーの集団。
 
UFCWWEのどちらにも出場する。
どちらでも観客を満足させる。
 
そんな集団が21世紀に日本中のお茶の間を賑わせている。
 
プロレスラー(格闘家)は小学生がなりたい職業の第1位になっている。
 
小学生が憧れるプロレスラーはずるいことはしない。
卑怯なこともしない。
 
ずるいことや卑怯なことをやって観客をヒートさせても
結局は正しい者ベビーフェースが勝つのだ。
 
プロレス(格闘技)が毎週お茶の間に届くことで
日本からいじめが激減した。
 
妄想で暴走は果てしない。
 
ひとまずここまで。
 
平直行の指導する
 
武術&格闘技教室ストライプル
 
 
健康で楽しい格闘技をやりたい方
 
見学自由 無料体験あり
 
是非一度お越しください。
 
詳細はHPをご覧ください
 
 
平直行の新著
UWF外伝 好評発売中
 
サムライメソッドやわらぎ北海道セミナー
2月24日(土)開催
サムライメソッドやわらぎ札幌セミナー
2月25日(日)開催
 
平直行の書籍&DVD
 
 
平直行の電子書籍 発売中
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

ジャパンプロレス

 UWFサマーでミルマスカラスがどんな試合をしたのか、、、
対戦相手は、、、
皆様の妄想で暴走でお楽しみください(笑)
 
妄想で暴走のUWFサマーが行なわれた時間
現実世界では新団体が旗揚げしている。
 
長州力率いるジャパンプロレス。
ジャパンプロレスは現実世界で全日本プロレスに参戦している。
こんな美味しい話を妄想で暴走が見逃すはずはない。
 
ジャパンプロレスは大物新人としてアマレスの馳浩を獲得している。
 
馳浩はアマレスのロスオリンピック日本代表
のちに国会議員となり、文部科学大臣にまでなる。
 
馳もまたアマレスからプロフェッショナルレスリングの魅力を
知りキャッチレスリングの淘汰を受け、その強さと理論に陶酔した。
 
本物の強さとエンターティメントを見につけた馳は
妄想で暴走の世界では政界で更にのし上がってゆく。
 
文部科学省は格闘技を中高の授業として正式に取り入れる
その中にはキャッチレスリングもあり、現実世界に起こった
グレイシー柔術も妄想で暴走の世界ではプロレスと激しく絡む。
 
そしてグレイシー柔術も中高の授業の正課となっている。
現実世界で始まった武道教育と妄想で暴走の最強タッグ実現だ。
 
UWFとジャパンプロレスが絡み
それをプロデュースしたのはG馬場
 
全日本プロレスは日本中を巻き込む社会現象を巻き起こし
馳はその流れを断ち切ることなく学校教育にまで現象を拡大させた。
 
妄想で暴走の規模は果てしない。
 
全日本プロレスの社会現象とまで呼べる大ブームを
あの人が見逃すはずはない。
あの人が黙って指をくわえて見ている筈などない。
 
あの人とはA猪木
 
新日本プロレスも本気になる。
カールゴッチを日本に呼びレスラーを徹底的に鍛える。
妄想で暴走の世界ではカールゴッチは蚊帳の外。
 
ルーテーズがキャッチの象徴になっている。
 
ゴッチさんが嫌いなのか?
いえいえ複線ですよ。
 
UWFとルーテーズの絡みをゴッチさんは面白くない。
そこを絶妙に突けるのはあの人しかない。
 
A猪木はゴッチと連絡を取り、高待遇で迎えた。
三銃士は当然徹底的に鍛え抜かれた。
他の選手も鍛え抜かれた。
 
猪木さんは打撃も当然強化した。
その際に手を組んだのは、、、
当時関西で常勝軍団として名を上げつつあったあの団体だったのだ。
 
 
平直行の指導する
 
武術&格闘技教室ストライプル
 
 
健康で楽しい格闘技をやりたい方
 
見学自由 無料体験あり
 
是非一度お越しください。
 
詳細はHPをご覧ください
 
 
平直行の新著
UWF外伝 好評発売中
 
サムライメソッドやわらぎ北海道セミナー
2月24日(土)開催
サムライメソッドやわらぎ札幌セミナー
2月25日(日)開催
 
平直行の書籍&DVD
 
 
平直行の電子書籍 発売中
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

 鶴田を始めとする選手たちがシュートレスリングを学び
極真会館で打撃を学び実力を伸ばす練習を始めて半年後の年の夏
UWFサマーという2日間興行が開催されることになる。
 
完全な格闘技としてのプロレス形式の試合が行なわれるのだ。
 
通常のサマーファイトシリーズの合間をぬって後楽園ホールでの2連戦
 
サマーファイトシリーズといえばミルマスカラス
 
実はメキシコにもシュートレスリングに相当する物がある。
カールゴッチもそこに一枚噛んでいるのだ。
 
メキシカンレスラーはシュートレスラーを
ピストラと呼ぶ。
 
シュートサインのピストルの手の形
同じ技術はメキシコにもある。
メキシコはボクシング大国でもある。
 
メキシコのプロレスとボクシングのコミッションは同じ管轄でもある。
 
相手の技を受けないことで有名なマスカラス
世界中でトップを張れる名レスラーマスカラス
 
マスカラスはピストラとしてメキシコでトップに立ち。
世界中でシュートレスリングの実力の裏付けを持って
トップに君臨していた。
 
通常のシリーズでもUWF勢との試合が組まれた。
UWFのキック攻撃に対してヒートしたマスカラスは
メキシカンボクシングの強烈なパンチで対抗した。
 
隠してきた武器を表舞台で出したマスカラス。
それを受け止めて試合をやったUWF
新しいプロレスが芽吹き始めていた。
 
マスカラスの契約にはUWFサマーでの試合は入っていなかった。
マスカラス自らG馬場に出場を直訴した。
 
マスクの下の目は嬉しそうだった。
 
平直行の指導する
 
武術&格闘技教室ストライプル
 
 
健康で楽しい格闘技をやりたい方
 
見学自由 無料体験あり
 
是非一度お越しください。
 
詳細はHPをご覧ください
 
 
平直行の新著
UWF外伝 好評発売中
 
サムライメソッドやわらぎ北海道セミナー
2月24日(土)開催
サムライメソッドやわらぎ札幌セミナー
2月25日(日)開催
 
平直行の書籍&DVD
 
 
平直行の電子書籍 発売中
 
 

この記事に

開く コメント(0)

 ここで妄想で暴走の時間軸は少し進む。
1985年12月6日現実世界のUWFは両国国技館の新日本プロレス
に殴りこむような形になっている。
 
妄想で暴走のUWF
1985年末全日本プロレス世界最強タッグリーグに殴りこむ。
 
本物のプロレスの中で本当に強いプロレスを魅せる。
プロレスラーは本当に強くて凄い存在だと証明する。
 
これが妄想で暴走のUWF勢のリング上で言った言葉になる。
 
翌年からUWFは全日本プロレスに出場する。
強くて激しいプロレスがそこでは繰り広げられた。
 
J鶴田は試合前のリング上をUWFに開放するように
G馬場に要請した。
 
馬場はこれを快諾した。
 
UWF勢に混じりスパーリングで汗を流す鶴田、そして全日本の若手たち。
試合前に一緒に汗を流し、一緒に最高のプロフェッショナルレスリングを
作り出し観客に最高の試合を提供する。
 
巡業を重ねる度に2つの団体の距離は縮まっていった。
 
シュートレスリングでは攻防が成立する。
ところがUWFの打撃に対応する事は難しい。
 
J鶴田は若手を集めてUWFにキックを学んだ。
そのうちに鶴田は気がついた。
 
学んでも抜くことは難しい。
 
鶴田は馬場の伝を頼り、極真空手の手を借りることにした。
現実世界の全日本プロレスに梶原一騎の力を借りて
2代目タイガーマスクが登場したように
 
馬場の業界での信用と手腕は実に幅広い。
どうせやるなら一番と組むと良い。
馬場は極真会館と提携する事を即決した。
 
平直行の指導する
 
武術&格闘技教室ストライプル
 
 
健康で楽しい格闘技をやりたい方
 
見学自由 無料体験あり
 
是非一度お越しください。
 
詳細はHPをご覧ください
 
 
平直行の新著
UWF外伝 好評発売中
 
サムライメソッドやわらぎ北海道セミナー
2月24日(土)開催
 
サムライメソッドやわらぎ札幌セミナー
2月25日(日)開催
 
平直行の書籍&DVD
 
 
平直行の電子書籍 発売中
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(1)

 砧の全日本プロレス道場でのルーテーズのレッスンの最終日
鶴田は覚醒した。
キャッチレスリングを手に入れたのだ。
 
そしてルーテーズ直伝のバックドロップも。
 
「勝負をしないプロフェッショナルは存在出来ない」
 
ルーテーズは遠くを見るようにしながら言った。
 
「もちろんプロレスも同じさ」
「だから、理に適った動きを知り,身に付けるんだ」
 
「料理人は一皿ずつ勝負をする。」
「その為に自分を磨き、包丁を研ぐ。」
 
「レスラーも同じさ。」
 
ルーテーズは鶴田の腕を触って言った。
 
「コンディショニングも忘れるなよ。」
「プロは道具を磨く、レスラーの道具は肉体だ。」
 
目の前のルーテーズは年老いている。
ところが一瞬若い頃のルーテーズが目の前に立っている。
そんな不思議な感じがした。
 
「キャッチはお前の大きな武器になる」
 
「プロレスは相手と一緒に試合を作る」
「相手が受けるんじゃない」
「相手を潰すんでもない」
 
「理に適った動きで相手を動かすんだ」
「それがプロフェッショナルレスリングさ」
 
「相手の協力がなければ相手を動かせないなら、、、」
「それはただのアクションでしかない」
 
「相手が思わず動いてしまう。」
「これがプロフェッショナルレスリングなんだ」
 
「その為にはレスリングを知ることさ」
「レスリングの理を知り使いこなすこと」
「これこそがプロフェッショナルレスラーになる」
 
ルーテーズは鶴田のそばにやって来た。
 
「だからアマチュアレスリングが基礎になる。」
笑顔でタックルをその場でやってみせる。
 
「そしてキャッチは武器になるんだ」
ルーテーズは自分の腕を組んでアームロックの形にした。
そして鶴田を真剣な顔つきで見つめた。
 
「相手を必要以上に痛めつけない」
「相手に必要以上の協力を求めない」
 
「これが昔のレスラーなんだ」
「強さだけを競う訳でもない」
 
「強くなければ存在も出来ない」
 
「プロフェッショナルレスリングは哲学的なんだ」
「だから飽きないんだ」
 
遠くを見るようにしてルーテーズは語り続けた。
見ている遠くはもしかしたら遥かな時代。
ガス灯時代のマットなのかもしれない。
 
「頭と体を総動員してリングに立って闘う」
「それがプロフェッショナルレスラーさ」
 
「ジャンルと名称を変えれば総てのプロフェッショナルに共通する。」
「当たり前のことで、とても難しいことさ」
「だから面白いんだ」
 
ルーテーズは鶴田に握手を求めた。
ゴツゴツした骨っぽい大きな手。
ゴツゴツしてるのにとても柔らかだった。
 
ルーテーズは帰国した。
鶴田は毎日頭と体を総動員してリングに上った。
 
敵対勢力の新日本プロレスの象徴
黒のショートタイツと黒のレスリングシューズにコスチュームを替えた。
 
それから暫くするとUWFが旗揚げになる。
妄想で暴走の世界では別の世界が出現する。
ルーテーズとカールゴッチ新日本プロレスと全日本プロレス
 
J鶴田はコスチュームだけでなく
闘い方も敵対勢力を取り入れようと考えた。
 
その頃無限大記念日が行われた。
敵対勢力を跳び越えた主張。
ルーテーズ直伝のシュートテクニック対カールゴッチの弟子たち
 
鶴田はここでなら新しいプロフェッショナルレスリングが出来ると考えた。

ガス灯時代のプロレスへの回帰
当時のUWFの主張と良く似ている。
 
 
 
 
 
 
平直行の指導する
 
武術&格闘技教室ストライプル
 
 
健康で楽しい格闘技をやりたい方
 
見学自由 無料体験あり
 
是非一度お越しください。
 
詳細はHPをご覧ください
 
 
平直行の新著
UWF外伝 好評発売中
 
サムライメソッドやわらぎ福岡セミナー
2月4日(日)開催
サムライメソッドやわらぎ北海道セミナー
2月24日(土)開催
サムライメソッドやわらぎ札幌セミナー
2月25日(日)開催
 
平直行の書籍&DVD
 
 
平直行の電子書籍 発売中
 

 

この記事に

開く コメント(0)

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事