駄文徒然日記

ヤフーブログ終了ですか…。放置しておいてなんだけど、それは寂しい…。

全体表示

[ リスト ]

『天地明察』 冲方丁

ずっと気になっていた作家さん、冲方丁(うぶかたとう)。
図書館がなかなか入れてくれなかったんですが、
さすがに本屋大賞ノミネートが効いたのか(笑)ようやく入れてくれました。
(自分で買えよ、って話…)
 
<内容紹介>(帯より)
江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。
ミッションは「日本独自の暦」を作ることー。
碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!!
 
とても私好みの素敵な作品でした〜。
登場人物全てが愛しいです。
私には珍しく、読みながら何度か目に涙が滲みました…。
主人公渋川春海と周囲の人物が、お互いに真っすぐに向かい合い、
受け止め、受け入れられ、さながら星座の星を直線で結ぶように繋がっている様が、
すごく温かったです。
その交わす言葉、想いに涙してしまいました。
 
ラノベ書かれてるからでしょうかね、すごくキャラが立っていていいですね。
台詞センスがとても現代的で読みやすいです。
そういう新しい感覚の時代小説という点では、『のぼうの城』と似たものを感じました。
史実を追う歴史小説というよりは、かなり演出の入った時代小説に近いと思います。
 
渋川春海は、可愛い。一見頼りなさげで放っておけない感じなのに、
雨だれ石を穿つ、その芯の強さ。
最後、碁の職にあっただけある、先読みの鋭さを見せつつ、
静かに満ちた春海の姿は、成長を見守ってきた親のような思いで見てしまいました。
 
他のキャラたちもいいです。
碁の天才、本因坊道策は、憎めない我がままっぷりがかわいいです。
北極出地に関わる建部と伊藤の少年のような老人たち(は失礼かな?)は、
全編に通して胸を打ちます。
春海に関わる女性「えん」と「こと」、対照的なキャラでしたが、どちらも愛らしかった。
水戸光圀、保科正之、関考和…など、その他魅力的な人たちで織りなす、暦作りの道程。
たかが暦、されど暦。
暦に天文学や数学が関わるということは漠然としか知らなくて、
「こんなにも膨大で奥深いものであったのか!」と読んでて圧倒されました。
 
余談ですが、神社の絵馬に問題を書き、誰かに解かせるとういう「算学絵馬」。
ネットの掲示板にも通じるものがある気がして、面白いなーと思いました。
知らない人と匿名で交流できるんですよね。
 
後半、暦作りの本筋に入るくらいから会話が減り、史実を追う形になり、
前半と雰囲気が変わります。
駆け足っぽく感じられたので、ちょっと勿体ない気分。
冒頭の繰り返し部分もさらっと過ぎちゃったのが、なんか残念でした。
非常に素敵な作品なだけに、要望も過大になってしまいますね(苦笑)
 
次の時代小説は、冲方さん、水戸光圀を書くようですよ。
この本にもかなり強烈なキャラとして出てきてますので、とても楽しみです。
 
さらなる良いものを書いてほしいという思いを込めて、星は四つ。
五つにしようかどうか迷ったんですけど…。
今度は時代物ではない冲方さんも読まねば。
図書館入れてくれないかな〜。
 
 
 

閉じる コメント(8)

はじめまして。コメント&トラバありがとうございました!
読みやすさとしては確かに「のぼうの城」に通じる面白さがありましたね。主要キャラも良い人ばかりで主人公が羨ましい(笑)
次は水戸光圀なんですか。知りませんでした。でもそれは面白そうですね。春海がちらっと出てきたりするかもしれませんね。
トラバさせてください。

2010/5/22(土) 午後 0:01 [ テラ ]

顔アイコン

>テラさん
こちらにまでコメント、ありがとうございます〜。
そうなんです、「次の時代小説は水戸光圀を書く」と、ネットで見たインタビュー記事にありました。
その記事の、冲方さんの過去話がとても変わってて興味深かったです。なかなかすごいお人ですよー。
「冲方丁 作家の読書道」で検索してみてくださいね。

2010/5/22(土) 午後 10:06 [ sinobu ]

顔アイコン

今、最高に注目の作家さんですよね〜。読んでみたいと思って、心に留めています。図書館待ち。面白そうですね。

2010/6/2(水) 午後 7:58 LIBRA

顔アイコン

>LIBRAさん
面白かったですよー。時代ものにしては読みやすい方だと思います。キャラクターがみんな素敵でした。是非読んでみてくださいね。

2010/6/2(水) 午後 11:13 [ sinobu ]

顔アイコン

これは久々に万人にオススメできるという意味で、楽しく面白い一冊でしたね。こういう、真面目に生きなきゃって思わせる作品って、やっぱりいいですよね。善人ばかりというのも、あり得ないかもしれないけれど、素敵な世界。

2010/7/14(水) 午後 8:38 すの▲

顔アイコン

>すのさん
読んでてすごく幸せな気持ちになれる本でした。ほんと善人ばかりであり得ない世界なんですけど、主人公の春海の設定がうまいから、「ありかも?」になっていると思います。コメント&TBありがとうございました。

2010/7/14(水) 午後 11:03 [ sinobu ]

顔アイコン

次回作、水戸光圀ですか! やっぱりあんな筋肉マッチョなんですかね(笑)。本因坊道策は、私完全にビジュアル『ヒカルの碁』のアキラ君で読んでました。こちらからもトラックバックさせて下さい♪

2011/8/30(火) 午後 11:55 智

顔アイコン

智さん、こんばんは。私も道策はアキラ変換で読んでました〜(笑)もう「碁」というだけで、ときめいてしまったものです。(ちょっとだけでも分かるとうれしいですよねー)『光圀伝』、野生時代で連載中みたいです。公式サイトのぞいたら、ちゃんとマッチョでしたよ(笑)楽しみですね。TBありがとうございました。

2011/8/31(水) 午前 0:07 [ sinobu ]

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事