駄文徒然日記

ヤフーブログ終了ですか…。放置しておいてなんだけど、それは寂しい…。

全体表示

[ リスト ]

まさに鮮度命な作品。
この本に興味ある方には、急いで読んで!と言いたい。
刺身のように、時間がたてばたつほど鮮度が落ち、
魅力が下がってしまいかねないという賞味期限のある作品です。
でもまさに刺身のように、今でしか味わえない味は、
新鮮さゆえの魅力があるんですよね。

時代を反映する固有名詞を文章に入れることは、本来私はあまり好きではありません。
この作品にもいたるところに使われているのですが、この本においてはそれでもいいやと思えました。
それはこの作品が、そういう固有名詞以外でも、
彼らの言葉遣いといい、ファッション描写といい、まさに「今」を切り取った作品だからです。
今しか読めない作品だけど、その刹那さもこの作品の魅力だと思うので、ありだと思います。

内容(「BOOK」データベースより)
バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。
それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。
野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。
部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。第22回小説すばる新人賞受賞作。

200P足らずの薄い本なのに、結構時間がかかりました。
それは、若者言葉や方言の台詞に慣れないこともあったのですが、
一文一文丁寧にかみくだくように読んだからでもあります。
読みながら、自分の同時期の経験も再現される文章というのは、
やはり表現力が高いのだと思います。
この本でも、読んでるうちに私の高校時代の、
そのとき肌で感じた空気や胸の痛みが戻ってくるようでした。
読みにくかったけど、好きな文章でした。

いやほんと読みにくいんですよ、慣れるまでは。
ぷつぷつと、読点で切れる文章。
それはマンガの、モノローグに現実の描写を挟む表現に近いと思います。
読みにくいけど、その場の主人公の思考と、現実をとてもリアルに描いていると思うんです。
高校生くらいだと、まだ自分時間と現実時間のコントロールがうまくない頃だと思うんですよね。
頭の中で物事を考えていて、その思考が完結する前に、
いきなり話しかけてきた友人の言葉でぶちっと中断されちゃったりするんです。
大人だったら、思考してる自分に対しても、現実に話しかけてきた相手に対しても、
要領よく対処できると思うんですけど。

短編連作形式。
同じ学校の、五人の高校生の視点からなるお話です。
学校という狭い空間を、クラスの目立つ子だったり、地味な子だったり、
男子だったり、女子だったり、いろんな角度から見る面白さがあります。
全ての話が緩やかにからみ合っていて、
同じ出来事でも視点の違いで、意味が違ってくることが面白かったです。
この構成はうまく作ってるな、と思いました。
男性の作家さんですが、女の子の一人称もよく書けてると思います。
女性作家さんが描くような「のぞかれるような怖さ」はなく、
どこか客観的ではあるんですが、頑張って書いてる方じゃないかな。

同じ表現が繰り返し出てきたり、価値観が画一的だと思われる部分もありましたが、
これがデビュー作ですし、上出来だと思います。(偉そうですね、すみません…)
朝井さんの感覚が好きなので、また違った風景を切り取ったものも見たいなーと思います。
次回作も是非とも読んでみたい、と思いました。
星は四つです。



余談。
『週刊真木よう子』※を出してくるのはどうかと…(笑)
私も好きな番組でしたけど、わかりにくいタイトルだし、
知らない人には何のことやらさっぱりなのでは、と心配になっちゃいましたよ…。
あと作中のブラバンの演奏曲に「カルミナ・ブラーナ」があったんですけど、
あれって高校のブラバンでやるような楽曲なんですか?
大好きな作品ですけど、ブラバン知識がなく「えー?」って思いました。
どなたか詳しい方いらっしゃいましたら教えてください〜。

※全話を通じて真木よう子が主演を務め、毎回異なった演出家・脚本家・共演者によって制作されたオムニバスドラマ。…ウィキより引用

閉じる コメント(10)

アバター

この本、書店で凄く気になっていました。面白そうですね!早く読みたい。

2010/6/2(水) 午後 8:13 LIBRA 返信する

顔アイコン

>LIBRAさん
私は好きだったんですけど、すごく好みが分かれる本だと思います。でも構成もなかなか凝ってるし、読んでみる価値あると思いますよ。

2010/6/2(水) 午後 11:20 [ sinobu ] 返信する

顔アイコン

確かに、鮮度は十分なんでしょうね。多分、とても現代の若者の実態をリアルに描いているのでしょうが・・・それを若者言葉そのままの文章で読まされるのは、私にはちょっとキツかったです。既存の青春小説の書き手さんと比べると、文章表現は稚拙に感じてしまいました。すみません・・・。

2011/8/13(土) 午前 1:07 べる 返信する

べるさんのTBから来ました。^^;
僕も時代を反映する固有名詞は小説であんまり見たくないですね。
(でも、音楽は別です。村上春樹さんの小説には沢山でてきますよね。)
なるほど、この本にはその固有名詞が溶け込んだのですね。
雑誌のレポ記事のようになっちゃわないか、心配なところですが・・・

読みにくいけど、昔、肌で感じた空気や胸の痛みが戻ってくるようなら、ライ麦のように刺激的な作品かもしれないですね。

「週刊真木よう子」がわかる人なら読む価値ありだと、そこで自分は足切りです(笑)
真木よう子はどちらかといえば好きですけどね、そういう問題じゃないですね(笑)
カルミナ・ブラーナは確かにブラバンぽくないですね。

2011/8/13(土) 午前 10:44 [ トウギョウ ] 返信する

顔アイコン

べるさん、こんばんは(^^)この作品、色々不完全だけど、今しか書けない、読めない、と言う刹那さが私はツボだったんですよね。あとところどころに出てくる独特な表現が気になって。でも評価が分かれる作品だろうなーとはすごく思いました。コメントとTB、ありがとうございました(^^)

2011/8/15(月) 午前 1:15 [ sinobu ] 返信する

顔アイコン

トウギョウさん、コメントありがとうございます(^^)
もうこの作品は、書かれてすぐにしか読めないくらい、今をそのまま切り取った感じでした。(今読むともう古さを感じてしまうと思います)長く読まれるタイプの作品ではないですね(^_^;)それは本としてはどうなんだろうと思わないではないですが。(すみません、「ライ麦」読んでません><)
「週刊真木よう子」を知ってても知らなくてもそんなに問題ないんですけどね(^_^;)ただ固有名詞が会話でポンポン出るだけなんで。
カルミナ・ブラーナ、ブラバンでやるイメージないですよねぇ?あの大げさな感じが大好きなんですよ。反応してくださってありがとうございました(^^)

2011/8/15(月) 午前 1:41 [ sinobu ] 返信する

こっちは少し読みにくかったです。
でも今時の高校生の雰囲気がリアルに伝わってきて面白かったです。

男の子の描画はわりと納得出来たのですが、
女の子達はあんなに何にも考えていないんでしょうか?
あと、本当にこんなにみんなDRYなのかな。
日本は大丈夫なんだろうかと。心配になってきてしまいました。^^;

2013/5/24(金) 午後 10:11 [ トウギョウ ] 返信する

顔アイコン

トウギョウさん、デビュー作にもトライされたんですね。この作品が一番読みにくいです(^_^;)二作目からは、ぐっと読みやすくなりますよ。
朝井さんが書く女の子、「よく見てるな」といつも感心します。この作品の女の子、そんな「何も考えてない」風に書かれてましたっけ?(^_^;)詳細はもう、忘れてしまいました…。
登場人物みんなDRYですよねー、なんかもう割り切ってますよね…。熱くなることが恥ずかしい、みたいな風潮がありますからね。でも二作目の「チア男子!」は熱いですよ(^^)

2013/5/27(月) 午後 2:05 [ sinobu ] 返信する

顔アイコン

そうか、漫画のモノローグと確かに重なりますね、台詞と何重にも重なる感じ。私は『週刊真木よう子』見てなかったしチャットモンチーもほぼ聞いてないんですが、「こういうのが好きなキャラクター」というような記号付の感覚で読んでました。
こちらからもトラックバックさせて下さい♪

2016/7/24(日) 午後 11:57 智 返信する

顔アイコン

> 智さん
ぶちぶち切れる文章が読みにくかったんですが、なんか読みながら見覚えがある気がして、マンガっぽいかな、と思いました。同意していただけてうれしいです。
知らない番組名を入れてもいいとは思ったんですが、「週刊真木よう子」はテレビ番組のタイトルっぽくないし、なんか混乱させそうだなーとちょっといらん心配をしました(^^ゞこの作品、びっくりするほど固有名詞が出てきますよね。今読むともうずいぶん古く感じちゃうんだろうなぁ。
TBありがとうございました!

2016/7/25(月) 午後 11:10 [ sinobu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事