凪いだ湖面



俺の心のようだ





イメージ 1





たとえ釣れなくても



よーし今助けにいくからなー


イメージ 2



写真撮りに行ったようなもんでした

この記事に

開く コメント(2)

どうも、本番に強い僕です。

先週末は200人位の学者を前に華麗に発表を決めてきました。

誰か褒めてー。

丸型への憧れが高まり、ベイトフィネスの方向性を見失いかけたのでした

イメージ 5

イメージ 6


ご存じの方も多いでしょうが、ダイワの34mmスプールはT3、ミリオネア、ジリオン、スティーズ等汎用性があり、SVスプールから、メガバスのフィネススプール、KTFのスティーズ用フィネススプールも入っちゃう。
リョウガにフィネススプールかSVスプール入れたら湖で使えると思ったんですよ。ゴツくてかっこいいなと。
でも、リール本体が重たくてダメでした。
アルデバランが0.02mm厚だとしたら、リョウガは0.2mm厚のゴムを被せたような感度(何を言っとんねん)
軽さ(薄さ)は正義ですね。

それでも丸型への憧れは止められず、ついにアレを購入です。

イメージ 3

イメージ 4


うーん。かっこいい。
かっちりしてて、スパーンと遠投決まるところが気にいってます。

それから、昭島のハンドクラフト展に行ってきまして。

でも、スプーン狂の私にはハンドメイドのミノーは余りにもハードルが高く

イメージ 2


リリーサーを購入。これは網本体よりも高いという

寒くなってきて、ウエットウェーディングは無理なので、チェストハイウェーダーを購入。
あれ?どっかで見たことあるけど

イメージ 1



池の水抜くやつじゃん

LINEのアイコンもこれにしました

この記事に

開く コメント(0)

コーヒー二杯で目がギンギンの、どうも僕です。
ハァハァ

データの保存のために、9月10月の釣行を書いておこうと思いました。
当時は書く気力が無かったのですが、来年のために簡単に書いておきましょう。

9月15日 秋川 某沢下 ニジマス祭り参戦

イメージ 2

イメージ 3


去年もそうでしたが、この時期某沢下はニジマスと確実に遊べます。
この時は、台風で奥多摩川がえらい増水して、長いこと水が引かなくて、押しの強い流れの攻略に自信なくて、秋川に遊びに行ったのでした。

9月22日 奥多摩川本流釣行

イメージ 1

いつもの沢伝いに降りてくポイント。
ニジマスが釣れてますね。

午後のラフティングの方々を掻い潜りながらの釣りでした。

10月27日奥多摩川本流釣行
かなり下流の緩い所(取水の釣り禁の上)にいるのではと思って、スライドスプーンのプロビア10gを投げたのでした。
トゥイッチ→スライドの攻撃的なスプーニングで、ヤマメさんが釣れてしまい。リリースしてます。
青みがかって綺麗な魚体でした。あそこで銀毛になったりして。
ニジマスはヒットなし。

水温低下とともに、ヤマメ越年個体が下ってくるのでしょうかね。
メモメモφ(..)

この記事に

開く コメント(0)

すっかりご無沙汰しておりました。
最近のブームは脳トレ
どうも僕です。

8月、9月、10月と資格試験受けたり、習い事の昇段審査とか、消防団の大会等々で気持ちに余裕がなくて、何回かは釣りに行ったんですけど、ブログ更新は見送ってました。
釣りに行くまでは迷うんですが、行くとエネルギーをもらえて、リフレッシュになりました。
怒濤の時期を越えられたのは釣りやってたからだと思ってます。
釣りに感謝。
ようやく、肩の荷が降りたところでヤマメイワナは禁漁になっておりましたが、めげずにニジマスを狙って奥多摩川本流に行ってきました。

某橋下に行くと、鮎のコロガシ釣りのおじちゃんが二人いました。挨拶すると、「この前の日曜日に漁協がニジマスを放してた。50cm位のでかいのも放してた。○○淵に放した奴がここに下ってきてる。昨日すごい釣れてた。俺は橋の上から見てたんだ。向う岸の深いとこじゃなくて、そこらにいる。」とのこと。

了解!

おじちゃんが指した方向は、流れが緩い開けた大きな場所です。

対ニジマス用決戦兵器のDSラインをブリブリ泳がせたらちょろいもんさね。
某沢下のニジマス修行は伊達じゃない!

クロスで引いて、ブリっとな。

ブリブリ
ブリブリ

確かに追ってきてる!
「おじさん追ってきてるわ!」
そうしたら、鯉かと思われる大きさの魚もヌラリと。
頭が丸くて鯉ではありません。デカニジです!
あれ絶体釣るー!

ブリブリが足りないのか
追ってきてるけど食わない。
立ち位置変えて、ダウンクロスで引いてもだめ。

スプーンシェイキングなら

反応なし


??

なんかこの感覚覚えがあるなぁ。


!!


わいが撃沈したエリアトラウトやあ

緩い流れ、放流魚、コロガシですれた状態
これ、思いっきりエリアやん。

そのとき、50m位下の流れがあたる深みの開けたあたりでドパーンっと壮大なライズが

「おじさん 下にいってみるわ」

「そうだな。回遊して深みにたまってるかもしんねぇな」

・・・こんな雑魚に逃げ道を作ってくれて、ありがとう。おじさん。

日も昇り明るくなってきたので、アングラーズシステム オリエン7gシルバー/ブルーを岸際に落とし込みドリフトから底を叩いてみました。

そしたらキター!

ん?
軽いぞ

イメージ 1


ああ、釣れちゃいけないやつでした。
写真撮ってリリースすると、おじさんが「やったじゃんか」見たいな顔でこっちを見てます。

とりあえずガッツポーズ

次はデカニジをストーキングだあ。俺は諦めが悪いんだ。

この記事に

開く コメント(0)

暑さが戻ってきましたね。
大雨の後で川が増水してまして、なんとか行けそうな、秋川上流に行きました。


うん。
水がスゴいね


まだ暗いうちにゴールドのタイガーチヌークでヤマメキャッチ

イメージ 3



この前ここはイワナばっかりだったけど。

この前歩きやすかった区画も増水で、遡行出来ないところも。
腰までを限度に、行けない所は道路沿いを入ったり抜けたりしながら釣り上がります。

そして、
この岩の後ろの泡のところにイワナいるでしょ。

イメージ 2



アングラーズシステム オリエン7gを
ドボーン
チョンチョンで
バコーン

おっしゃー
キャッチじゃー


あれ
ネットがない

暫く思考とまり、とりあえず、水溜まりに確保

イメージ 4


きれいな魚体です。

でも、

・・・えっと、何でネットがないんだろう。
木に引っ掛けた?そんな藪こいでないけど
あーあ
と、完全にふて腐れモードです。

7時かあ。子供起きるし帰ろう。

帰宅途中、
「あれ?イワナ、ヤマメ釣れたから、ニジマス釣ったらグランドスラムじゃね?」
「某沢下はこの時期、ニジマスの異世界じゃん。」

メラメラ

ネットを無くしたショックから落ちた気分が盛り上がって来ました。

この時間、川あそびの人たちが遊び出すギリギリかな。
駐車場から川原を見ると、BBQの人でいっぱいです。
やはりかー。
その下300Mくらいで勝負!

私の中では、対ニジマス決戦兵器と認識してる、スミスD-SラインCHS(チャートシルバー?)の5g厚い方を使います。
アップで反転してる流れをブリブリ引くと、バクーンって。
おっしゃー

ニジやろ?

ニジやろがい!

ニジマスやったー

池作らな 池作らな

とりあえず、フックついとるし、これくらいの囲いで落ち着ければ逃げへんやろ

おっしゃー確保やでー

写真やでー

あかん 水没して画面暗いやん

再起動せな。
マイクのとこから水吸ったればいけるんちゃうん?

あかん!暴れたらあかんてーーー

あーーーっっッッツツ!!

フックアウトし、ニジマスは緩い囲いから逃走!!

猿が頭上でキーキーいってます

イメージ 1


うう

大丈夫。勝負は始まったばかりだから。
気を取り直して
沈み石をドリフトさせて、チョンチョンでバクーン

おっしゃー。今度こそー

と池に引き上げるとこでフックアウト!!
以外に魚を傷つけないように池にランディングするの難しい。
陸上げする?
いやいや。
池まで頑張ろう。

大きな岩で遮られた細い流れに通すとバクーン。
そして、魚がフックに着いたまま、流木に引っ掛かるという、あり得ない事態
救出に行ったら、魚が消えてた。。。

その石の本流側、影になってるところを、ピッチングで振り込むと、やっぱりバクーン。
池誘導で、フックアウト。


もうダメ。

ニジマスキャッチで堪忍して。

トラウト3種達成?

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事