知ることが大事!!

私は、日本が好きです!みなさんもっと日本を誇りに思いましょう!!

全体表示

[ リスト ]

安重根の弾は命中しなかった。
イメージ 1

  日露戦争終了直後の明治38年(1905年)11月17日、日本と大韓帝国の保護条約の方針が発表されると、韓国統監府が設置されることになり、伊藤博文が初代統監に就任しました。この頃、韓国の民衆パワーは公称100万人の一進会に結集されており、「李朝政府の外交権を日本に委任せよ」と大規模なデモが行われていました。伊藤が赴任してきた日にはソウルの南大門に「歓迎」の巨大な幕が張り出されました。
  伊藤は4年後の明治42年(1909年)10月、ロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフと満州・朝鮮問題について非公式に話し合うため訪れたハルビン駅で、大韓帝国の民族運動家安重根によって狙撃され、死亡しました。現在、韓国では安重根は英雄となっています。

  元九州大学大学院客員教授の若狭和朋氏は伊藤博文暗殺の犯人は安重根ではないと指摘しています。氏によると伊藤博文には三発の銃弾が命中し、体内に残っていた二発の銃弾はフランス騎兵銃のものです。(もう一発は肉をそいで対外に出ている)安重根は7連発ブローニング拳銃です。まず、銃弾が異なります。伊藤に同行した貴族院室田義文も5発被弾し、犯人は安重根ではないと書き記しています。その内容の一部。

「駅の二階の食堂からフランス騎兵銃で撃った者がある。・・・右肩から斜め下に撃つにはいかなる方法によるも二階を除いて不可能である。そこは格子になっていて斜め下に狙うには絶好であった」

  室田義文は伊藤公の遺体の処置に立会い、右肩を砕いて右乳下に止まった一弾と右腕関節を貫通して臍下(せいか/へそした)に止まった一弾を現任しています。ところが不思議なことに、検事の調書には室田が「騎馬銃」について述べた記録はなく、安重根を裁いたこうはん記録のどこにも「騎馬銃」の文字は出てこないし、遺体の処置に当たった医師の談話にも「騎馬銃」は出てこない・・・

  若狭氏はここで外務省外交資料館の「伊藤公爵満州視察一件」というファイルに以下の記載があるのを指摘しています。
「・・・真の凶行担当者は、安重根の成功とともに逃亡したるものならんか。今、ウラジオ方面の消息に通じたる者の言うところに照らし凶行首謀者および凶行の任に当たりたる疑いあるものを挙げれば左の数人なるべきか」として25人の名前を記しており、安重根の名前もこの中にありますが、この25人は「韓民会」というロシア特務機関の影響下にある組織でした。つまり、安重根を犯人にしたてあげて外交的にも内政的にも幕引きにしたということです。ロシア特務機関がなぜ伊藤を狙ったかは若狭氏の記述は長いので簡単にいうと、日露戦争前に伊藤はロシアと協商を結ぼうとしていたものの、その後、日英同盟が結ばれ、日露開戦が予想より早くなり、そのためロシアは敗北した。対ロシア謀略の中心人物が伊藤であると判断しており、裏切り者として復讐したというものです。

  よく言われているのは伊藤博文は日韓合邦慎重派で、日韓合邦に反対する安重根は伊藤を暗殺して日韓合邦を加速させたバカなテロリストだったというのがありますが、伊藤暗殺が日韓合邦の思惑の外であれば話はあってきます。少なくとも安重根の銃弾は伊藤には命中しなかったのは間違いないでしょう。彼はテロリストとしても成果は無く、韓国でいう義士としても成果は無かったわけです。



参考文献
  「続・日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋著
  「歴史通」2010/7『安重根は犯人ではない』若狭和朋
参考サイト
  WikiPedia「伊藤博文」「安重根」

添付写真
  韓国の民族衣装を着て記念撮影におさまる伊藤(韓国統監時代、前列左から二番目が梅子夫人) (PD)

http://www.hiroshima-blog.com/area/banner001.jpg クリックで応援お願いします。

転載元転載元: 偏った歴史観を見直す「かつて日本は美しかった」

閉じる コメント(2)

へー面白いです。そうなんですか。まるでケネディ暗殺真相を追っている本を読んでいるみたいでちょっとドキドキでした。でもロシアの特務機関っていうのは本当なんでしょうかね?仇討ちとか敵討ちみたいなのが、ロシアでも行われていたのかなぁ。伊藤さんが暗殺されて一番得したのは誰かを考えるのが良いような気もします。ロシアが得するとも思えないんですけど・・・

でも、安重根以外の暗殺者のせいだった可能性は十分に納得です。

2010/10/10(日) 午後 8:13 keinoheart

顔アイコン

安重根は、北朝鮮での評価について、
ある旅行記によると、1999年(平成11年)5月5日に平壌にある朝鮮革命博物館を訪れた際に、次のように説明されたという。

1909年に伊藤博文をハルピン駅頭で暗殺した安重根の評価であった。安重根が英雄である韓国とは違って、北朝鮮では安重根は愚か者の代表になっていた。力もないのに伊藤博文の暗殺を計画し、暗殺そのものには偶然成功したものの後が続かず、自身は逮捕されて処刑されるのみならず、日朝(韓)併合の直接のきっかけを作ってしまい、歴史に大きな汚点を残した張本人である、と言うのである。そして、その植民地支配から祖国を解放したのが金日成主席である、という話につなげるのである。力のないものが出しゃばると失敗する、本当に実力のある人を指導者に仰ぐことのみによって、総ての革命は成功するのである、と崔さんは強調した。この国では、金日成主席(ならびにその一族)以外に英雄は存在しないのである。 と、

また、
「金日成主席の祖父や父と協力せず、一人であのようなことをやった愚か者。だから失敗した」
というようなニュアンスで言っていた。

2013/7/20(土) 午後 10:19 [ 領海・領空防衛 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事