ここから本文です
サルサ野郎は考えた!
自転車のこと、家事のこと、発見・開発・創作もろもろ!

書庫全体表示

COMPASSタイヤの慣らし方

巷で、「しなやかで乗り心地がよくて、それなのにトラクションも良好」という定評が異口同音に聞こえてくると、試さずにはいられない性分であります。

COMPASS BARLOW PASS EXTRALIGHT 

700×38cという、生粋ローディーさんには、極太の局地と思われ、
グラベル愛好家さんには、「お、ちょっとスリムね」という太さであります。
見た目はスリックなのですが、どうやら上質のケーシングとトレッド部の厚みのおかげで、グラベルロードもこなせる特異性のあるタイヤなのだそうです。
そうした性質である以上、チューブドよりもチューブレスで極限のしなやかさを体感したいのが人情ってもんです!

Stan's ARCH EXとの相性はバッチリで、緩すぎもなく少しキツイくらいでしたので、シーラント注入前でもビードは一発で上がりました。その後にバルブコアを抜いてStan'sシーラントを60ccほど注入。
特段、シーラントが漏れてくるとか、シューシューと音がするとか、顕著な漏れはないのですが、やはり1日も経つと、ペニャペニャに気圧は落ちてしまいます。

本来なら、しばらく数キロ走って走行時のヨレを利用してシーラントを染み渡らせるのが理想的なのですが、なかなか実走する機会が持てませんでした。

また、とある情報筋から聞いたところ、どうもケーシングからの漏れがなかなか塞がらず、完全に漏れがなくなるまで数日かかるとも聞きました。

そこで、今回ある方法を思いつきました。

題して
「漏れるなら、慣らしてみよう、指先で」


1)まずは3〜4気圧入れてビードを上げる
イメージ 2
シーラントはすでに適量が中に入っております。(60ccほど入れてあります)

2)次に、空気をほとんど抜く
タイヤを指でつまめるほど柔らかい状態になるまで空気を落としましょう。
シーラントを入れてない場合、この時点でシーラントを適量入れておきましょう。

3)タイヤのサイド部分を揉みほぐす
イメージ 3
黒いトレッド部分とサイドのケーシング部分を両サイドから内側に向けて全周にわたって揉みほぐします。

すると、タイヤ内部で繊維がほぐされて、パキパキと音が伝わってきます。
動画も撮って見ました。新品タイヤであると、こんな音が聞こえてくるはずです。

タイヤ内部の繊維がほぐれたことで、本来なら走行した時に発生するタイヤの変形量を、強制的に与えていることになるのかと推察します。
それにより、変形されたケーシング内部の隅々までシーラントが浸透することによって、エア漏れを解消するのではないかと考えます。

4)3気圧まで上げてホイールを回転させてシーラントを巡らして放置
私の場合、1日経っても気圧がゲキ落ちすることもなくエア漏れが治りました。
まぁ、エア漏れ(シーラント漏れ)の原因は、ビードとリムの相性であったり、リムテープの貼り方の良し悪しもあるので、一概にこの方法だけで完治することではありませんが、新品のCOMPASSタイヤでどうしてもエア漏れが止まらない方には一度この方法をおすすめします。


イメージ 12
 
いつも当ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。
毎回でなくてもいいので、上記バナーの応援クリックをお願いしま〜す!

この記事に

  • なかなか、このサイズのタイヤって美味しそうなのって無いのですよね。
    シクロクロス向けだとちょっと細いし。
    折角、太いタイヤが入る車体でも、重くて硬いタイヤだったら、ダート走る気が起きません。
    この手のタイヤ、流行らないかな?

    [ くろちゃん ]

    2018/3/2(金) 午後 5:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > くろちゃんさん
    そうですね〜。まずは徐々に流行りだしているグラベル(対応)バイクは、何はともあれ、セミスリックかブロックで乗りたくなりますけど、そのうち私を含めて多くの方が舗装路での移動距離の多さを優先して、スリックに流れてくるんではないかと思ってます。
    太い=クッション性がいい=乗り心地がいい だけでなく、結果としてリラックスして長時間乗っても疲れない秀逸なメリットの重要性を感じられればマーケットの拡大が見込まれるのかなって、想像してます。

    [ サルサ野郎 ]

    2018/3/2(金) 午後 8:42

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。COMPASS BonJon35CをStan's NoTubes Iron Cross Pro Wheeで使おうとしているものです。

    お書きになってるようにすぐに抜けてしまって困っています。私も再度部分の揉みほぐしをやってペキペキ音が無くなるまでやってみたのですが、どんどん状況が悪くなっていき、今は10分ほどで完全に抜けてしまいます。

    COMPASS CYCLEにメールしたところ、Orange Sealを勧められました。
    その後、漏れは無くなっておられるのでしょうか?

    [ marone ]

    2018/8/4(土) 午後 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > maroneさん
    せっかくおコメントいただいておりましたのに、返信がすっかり遅くなって申し訳ございませんでした。

    まず、私のCompassタイヤですが、これが、本当に気まぐれとしか表現できない。。。
    数時間で半分漏れるということもあれば、3日以上キープするという状況もあったり、ちょっと信頼できなくなってしまいました。
    Orange Sealはいかがですか?
    私は粒子が大きめでパンクを塞ぐ効力が強いFINISH LINEを試してみようと思います。

    [ サルサ野郎 ]

    2018/8/17(金) 午前 8:35

    返信する
  • 顔アイコン

    いえいえ、ご返事いただけるだけで嬉しいです!

    Orenge Seal、手元に届いたものの指をけがしてしまって、作業が進んでおりません。なにせビード上げに苦労するタイヤなので、指を労わっていたのでは、はめる段階で挫折しそうなので・・・

    けれど、治りましたらすぐにトライしてご報告させていただきます。

    やはり、Stan'sのシーラントでは防げないのでしょかねぇ。。。

    FINISH LINEの方も試されるとのこと。また、結果を楽しみにしております。

    [ marone ]

    2018/8/26(日) 午前 1:57

    返信する
  • 顔アイコン

    Orenge Seal、やっと投入することができました。入れる前に激しく60秒間シェイクしてから投入。おかげで後輪側は2日たってもほとんど抜けません。前輪も1日8時間程度なら持ちそうな感じになってきました。

    前輪はもともとタイヤの縦の線(継ぎ目みたいな部分)から盛大に空気が漏れていたのですが、それが完全になくなってます。まだ、どこか微妙に漏れているはずですが、特定できません。

    投入して1週間経過し、抜けにくくなってるように感じます。
    このまま、継続してくれたら良いのですが・・・

    以上、取り急ぎご連絡まで。

    [ marone ]

    2018/10/15(月) 午後 9:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事