ここから本文です

書庫全体表示

 降参。
 最初の手掛かりは「髑髏」。「身」、「山丘」を調べるうちにこれ迄のこのシリーズの作品とは趣が違うのは解ったが・・・。「青紫」に込めた意味は? 最後の「呼舟」は?

其二十八 
有身長短竟山丘  身ニ長短ヲ有ルモ竟(つい)ニ山丘
青紫未聞榮髑髏  青紫未ダ聞カズ髑髏ヲ榮(はや)スコトヲ
為問一生花裡活  為ニ問フ一生花裡ニ活スルハ
何如孤棹画中遊  孤棹画中ニ遊ブニ何如
襄陽耆舊今誰在  襄陽ノ耆舊今誰在ル
苕曲烟波空自愁  苕曲ノ烟波空ク自ラ愁フ
笑我老顛殊未艾  笑フ我ガ老顛殊ニ未ダ艾ラズ
斜風細雨出呼舟  斜風細雨出デテ舟ヲ呼ブ
 
身:命      山丘:墓     青紫:?高位高官    孤棹:孤舟
襄陽耆舊:襄陽(都市名)の地誌   苕曲:?     老顛:?
艾(がい):尽きる
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事