35年もの

イメージ 1

後頭神経痛のせいで家事が捗りません。首に負担をかけると痛くなりそうな感じがわかるので、休憩が多い。首を前に傾けないようにって、ほとんどの家事が前屈みになりますよね。
ミシンどころか、台所仕事も前屈み。片付けも進まず。

大雨だった火曜日、外に出るのに何を着ようかな、デニムだと濡れて気持ち悪いし、絹は雨に濡らしたくは無い、膝丈のスカートも気分じゃ無い、そうだ、乾きやすいあれがあった、と思い出したのが、この35年くらい前のイッセイ・ミヤケの、片足がパンツで片足がスカートになっている変形パンツです。

片付けの本にはよく2年着なかった服は捨てろとか書いてありますが、私みたいに物持ちの良い人はどうするの?私も2年前の気潰したTシャツはウエス用に切ったり、2年前に買った似合わなかったコートも古繊維回収に出したりはしますが、この服なんか、たまに着てるんですが。
あんまり尖った服なので、流行に関係なく着られる。長女も着てみたし次女もビンテージ古着と言って着ていた。私も歌舞伎座にも着ていったら古いものなのに同じ列の人も色違いを着ていた。

だいたいポリエステルは丈夫ですね。2枚を熱圧着しているポリエステルのプリーツは数年で加工が劣化して捨てることにもなりましたが、一枚を熱でプリーツ加工しているポリエステルは頑丈。
これ、初期のプリーツなので、今では珍しい綿混でポリ100より着心地が良いんです。

この冬、手持ちのセーターの形が古い!と気付いて、ユニクロに買いに行きました。なんでもないようなセーターやTシャツでも身幅や丈の感じで古くさくなる時がある。
ときめかないのは捨てろとか言われても、ときめかなくても必要なのもあるし、そりゃあ使わないのは処分していますが、そんなに買わなくてもなかなか減らない!
友達の片付け隊長達はコート1枚しか持ってないとか言うもんなあ。人それぞれということで。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事