きょうのできごと

書くネタが無いので更新サボっています。申し訳ありません

全体表示

[ リスト ]

「ブラック・スワン」

イメージ 1
予告から気になっていたナタリー・ポートマン主演の「ブラック・スワン」を観に行ってきました。
 
ストーリー
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属していたニナ(ナタリー・ポートマン)は今度の新作の「白鳥の湖」のプリマを得るために全力を尽くしていた。ニナは白鳥だけならトーマス(ヴァンサン・カッセル)も認める最高の踊りが出来たが邪悪さと官能が必要な黒鳥が純真な二ナにはどうしても表現ができなかった。
 
トーマスは今度の「白鳥の湖」にはどちらも踊れるのをプリマとして選ぶとしていた。二ナはその時点で駄目だと思っていたがあることがきっかけで選ばれることにはなるのだがその後が大変だった。黒鳥の表現が難しく練習を続けても上手く行かないうえにまわりでおこる不可解な現象に混乱に陥っていくニナ。
 
そんなときに近寄ってきた新人のリリー(ミラ・クニス)や以前のバレエ団の踊り子であったベス(ウィノナ・ライダー)の存在もニナの混乱を助長させていく。様子がおかしいそんなニナを母のエリカ(バーバラ・ハーシー)は心配するが疎ましい存在に思えてくるのだった。
 
感想
とにかく怖いです。最初から怖いのはわかっていたんですがね〜予告から刺すのを抜く場面なんかが嫌で・・・・
私は実は尖端恐怖症なんですよ。とがったものを見ているのが嫌いなんです。
 
ストーリー的にはミステリーという感じなところが結構多いですね。二ナの周りに起こることは結局は何なのか?ということをホラーと合わせて解いていくという感じです。思った以上に官能的な場面も多くナタリーここまでやって良いの?と思ってしまいました。
 
観ていて途中まではかなり不思議な感覚です。最後まで観てもすっきりしない所もあるかもしれません。どちらかというと人によっての解釈の仕方が違う作品と思われます。
 
食べた後に観たり、女性だけで観るのはあまりお勧めできません。私自身夕食後観たら少し吐き気がしましたから。こっちも刺されているみたいで体も痛くなってくる作品でした。
 
ベスの役はウィノナ・ライダーさんだったんですね。何か久しぶりに見た気がしました。10年以上前の話ですが私がインプレッサというスバルの自動車に乗っていたときCMに彼女が起用されていたんですよね。

閉じる コメント(26)

>andanteさん
ご訪問&コメントありがとうございます。
やっぱり尖端恐怖症だと観ているだけで体中が痛くなってしまいますよね。予告から分かっていたから観るのを迷ってしまったんですが評価の良さに負けてしまいました。ナタリーはもちろん少しだけ出演のウィノナが良かったと思えました。トラバありがとうございました。

2011/5/15(日) 午後 10:37 いっちー 返信する

>もっさん
アメブロに移ったのですね

2011/5/15(日) 午後 10:42 いっちー 返信する

>くるみさん
最初にベスを見た時にウィノナと全く気がつかなかったんですよ。最後の方で誰かに似ているなと思い確認したらウィノナと分かりそうだったんだと納得しました。ナタリーが目立つ作品でしたが負けてはいませんでしたよね。トラバありがとうございました。

2011/5/15(日) 午後 10:49 いっちー 返信する

>Cartoucheさん
作品としては素晴らしいのですが怖がりの人には何とも辛い作品ですよね。本当に観ているのが大変でした。ナタリーさんはもちろんですがウィノナさんもかなり頑張っていましたよね。トラバありがとうございました。

2011/5/15(日) 午後 10:56 いっちー 返信する

>くらげさん
くらげさんはホラーを良く観るのですか。私はちょっと怖くて何回か顔を覆っていることも。見ごたえもありましたし怖すぎて忘れられない作品になってしまいました(笑)トラバありがとうございました。

2011/5/15(日) 午後 10:58 いっちー 返信する

>沙粧さん
元々ナタリーはそんなに太っていなかったのに10kg近い減量ってすごいですよね。ナタリー自身確かに白鳥のイメージ。それを黒鳥をやりきるのが女優魂なのかな〜と思います。ウィノナは私も終わってチラシ見るまで気がつかなかったです。尖端恐怖症は子供の頃からかな。トラバありがとうございました。

2011/5/15(日) 午後 11:05 いっちー 返信する

今週観に行く予定ですが、覚悟が必要ですね。
皆さん怖いとおっしゃってますから。
それだけナタリーの演技が、素晴らしかったのでしょう☆

2011/5/15(日) 午後 11:14 Angel 返信する

>Angelさん
怖いのが好きではないのでしたらかなりの覚悟は必要だと思われます。体調が良くないとき、食べた後、空腹なときなどは避けた方が良いかもしれません。作品的にはナタリーの演技が素晴らしいですから見る価値はあります。

2011/5/15(日) 午後 11:23 いっちー 返信する

先端恐怖症だったらこれ余計厳しかったでしょうね〜。
そそう、官能的なシーンはマジ?って思ったし、全てにチャレンジのナタリー。
オスカー獲れて報われましたね。
基本的には『白鳥の湖』のテーマに則るのでしょうが、見る者がそれぞれに解釈するのも面白いかもしれませんね。
遅くなりましたがTBさせてくださいね。

2011/5/18(水) 午後 11:47 pu-ko 返信する

>pu-koさん
尖端恐怖症なので本当ならもっと早く観ようと思ったのに迷ったから土曜日になりました。予告であまりにも強調するから(笑)
怖いだけかと思ったらあれだけの官能シーンにもまた驚きです。いったいどのジャンルの映画を観に来たのかと思ってしまうぐらいでしたよ。トラバありがとうございました。

2011/5/19(木) 午前 0:35 いっちー 返信する

相当怖い映画でしたねーー(^^;
ホラーが好きな私も、ぞぞぞーーーっとしてしまいました。
でも、作品的には、とても面白くて、最後まで見応えあって、満足でした(^^)

2011/5/19(木) 午前 11:43 kuu 返信する

>kuuさん
ホラー好きな人が怖いと思うなら好きでない人なら参ってしまいますよ。作品的には良く出来ていたのですがまともに観ていられない所も・・・トラバありがとうございました。

2011/5/20(金) 午後 10:09 いっちー 返信する

ホラー的な要素はありつつも、やっぱりナタリーの演技が素晴らしかった!
その一言に尽きる作品でしたね(^^)
TBお返しさせてくださいね☆

2011/5/25(水) 午後 10:26 なぎ 返信する

TBありがとうございます♪私もTBさせて下さい(^¬^)丿
怖かったですね〜!!ホラーかと思いましたよね!!!
案外こういう映画は女性のほうが平気かも?(笑)
ウィノナ・ライダー、私も久々だなって思いました。「50歳の
恋愛白書」にも出てたけど、あまり記憶になくて・・・^^;

2011/5/26(木) 午前 11:12 ゆか 返信する

>なぎさん
ナタリーの演技が良くなかったらもう怖すぎて観ていられません(笑)それだけで何か吸い付ける要素がありましたから。まあこれは怖くなければ成り立たないのでしょうがね。トラバありがとうございました。

2011/5/26(木) 午後 8:45 いっちー 返信する

>ゆかさん
女性は怖がりと言いますが分かっているときは案外大丈夫だったりしますからね。ウィノナは久しぶりに見ましたが演技の素晴らしさは衰えてはいなかったと思います。トラバありがとうございました。

2011/5/26(木) 午後 8:49 いっちー 返信する

顔アイコン

凄いの一言でした!
迫力も、演技も全てに圧倒されたという感じです。
これは今年通して記憶に残る作品になるな〜。
TBがなぜだかできません。。。

2011/7/30(土) 午後 9:14 かず 返信する

>かずさん
怖かったけれどナタリーの演技がとにかく圧巻だったなという印象が強かったです。彼女であったからこそやりきれたのかもしれません。トラバは人によってできないのがなぜかあるようです。

2011/7/31(日) 午後 8:39 いっちー 返信する

顔アイコン

TBしにきました〜!

2011/8/1(月) 午前 7:44 かず 返信する

>かずさん
トラバわざわざありがとうございました。

2011/8/1(月) 午後 11:28 いっちー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事