ここから本文です
洋楽の奇妙な和訳
こんなブログを読もうとするなんて・・・。シブイねェ…まったくおたくシブイぜ
ビートルズの『マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー』を和訳しました。
リリース・1969年。
内容はホラーです


Joan was quizzical, studied pataphysical Science in the home
変人のジョアンは自宅で空想科学の研究をしていた

Late nights all alone with a test tube
夜遅くまで 独りで試験管を使い何やら研究している

Oh, oh, oh, oh
Maxwell Edison, majoring in medicine
医学生のマックスウェル・エジソンが

Calls her on the phone
彼女に電話をかけた

"Can I take you out to the pictures
『映画でも観に行かないか?』

But as she's getting ready to go
彼女が出掛ける支度をしていると

A knock comes on the door
扉をノックする音がして

Bang! Bang! Maxwell's silver hammer
バン! バン! マックスウェルが持つ銀色の金槌が

Came down upon her head
彼女の脳天に振り下ろされた

Bang! Bang! Maxwell's silver hammer
バン! バン! マックスウェルが持つ銀色の金槌が

Made sure that she was dead
確実に彼女を殺した

Back in school again Maxwell plays the fool again
何食わぬ顔で登校したマックスウェルは いつものようにふざけ放題

Teacher gets annoyed
女教師はイラつき

Wishing to avoid and unpleasant
この不愉快な状況を変えようと

She tells Max to stay when the class has gone away
So he waits behind
マックスに居残りを命じる 彼は放課後の教室で

Writing fifty times "I must not be so
『反省します』と50回書かされた

But when she turns her back on the boy
でも 彼女が後ろを向いた隙に

He creeps up from behind
背後に忍び寄り

Bang! Bang! Maxwell's silver hammer
バン! バン! マックスウェルが持つ銀色の金槌が

Came down upon her head
彼女の脳天に振り下ろされた

Bang! Bang! Maxwell's silver hammer
バン! バン! マックスウェルが持つ銀色の金槌が

Made sure that she was dead
確実に彼女を殺した

P. C. Thirty-one said, "We caught a dirty one"
巡査番号31番が言った 『とんでもない奴を捕まえましたよ』

Maxwell stands alone
マックスウェルは被告席で

Painting testimonial pictures
犯行の現場を絵に描いている

Oh, oh, oh, oh
Rose and Valerie, screaming from the gallery
ローズとヴァレリーが傍聴席から叫ぶ

Say he must go free
(Maxwell must go free)
彼は無罪よ!
(マックスウェルを釈放しろ!)

The judge does not agree and he tells them
裁判官は同意しかねると皆に伝えた

But as the words are leaving his lips
でも 彼が全ての言葉を言い終える前に

A noise comes from behind
背後から物音が聞こえ

Bang! Bang! Maxwell's silver hammer
バン! バン! マックスウェルが持つ銀色の金槌が

Came down upon his head
彼の脳天に振り下ろされた

Bang! Bang! Maxwell's silver hammer
バン! バン! マックスウェルが持つ銀色の金槌が

Made sure that he was dead
確実に彼を殺した

Whoa, oh, oh, oh
Silver hammer man
銀色の金槌を持つ男が

イメージ 1

この記事に

ビートルズの『ペイパーバック・ライター』を和訳しました。
リリース・1966年。
実質的にポール・マッカートニーの作品。
歌詞の内容は大衆小説の作家になりたい人物が、自分の作品を出版してくれ!と熱烈に手紙でアピールするというもの
これはポール・マッカートニー自身がかつて抱えていた夢を投影しているんだそうです。




Paperback writer, paperback writer.
大衆小説の作家 大衆小説の作家

Dear Sir or Madam, will you read my book?
親愛なる貴方様へ 私の小説を読んで頂けませんか?

It took me years to write, will you take a look?
数年がかりで書き上げました 読んで頂けませんでしょうか?

It's based on a novel by a man named Lear,
内容は『リア』という男の小説に基づきます

And I need a job,
私は絶対になりたいのです

So I want to be a paperback writer,
大衆小説の作家に何としてもなりたいのです

Paperback writer.
大衆小説の作家

It's a dirty story of a dirty man,
これは下劣な男の下劣な物語

And his clinging wife doesn't understand.
彼にまとわりつく妻は夫を理解しようとはしません

His son is working for the Daily Mail
彼の息子はデイリー・メール(イギリスのタブロイド誌)に勤務

It's a steady job,
安定した職業ではありますが

But he wants to be a paperback writer,
でも 大衆小説の作家を目指しています

Paperback writer.
大衆小説の作家

Paperback writer, paperback writer.
大衆小説の作家 大衆小説の作家

It's a thousand pages, give or take a few.
これは1000ページほどの大作

I'll be writing more in a week or two.
1〜2週間もあればもっと書けますよ

I could make it longer if you like the style.
お望みならもっと長い物語にも出来ます

I can change it 'round,
一部書き換えも可能です

And I want to be a paperback writer,
私は大衆小説の作家になりたいのです

Paperback writer.
大衆小説の作家

If you really like it you can have the rights.
お気に召したなら貴社に出版権を差し上げますよ

It could make a million for you overnight.
一夜にして莫大な利益をもたらすかもしれません

If you must return it you can send it here,
もし出版のご意思が無いならこの住所に返送して下さい

But I need a break,
ですが 是非ともチャンスを頂きたい

And I want to be a paperback writer,
私は大衆小説の作家になりたいのです

Paperback writer.
大衆小説の作家

Paperback writer, paperback writer.
大衆小説の作家 大衆小説の作家

Paperback writer, paperback writer.
大衆小説の作家 大衆小説の作家

Paperback writer, paperback writer.
大衆小説の作家 大衆小説の作家

Paperback writer, paperback writer.
大衆小説の作家 大衆小説の作家

Paperback writer...
大衆小説の作家・・・


イメージ 1

この記事に

ビートルズの『シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー』を和訳しました。
リリース・1969年。

ビートルズ時代、ポール・マッカートニーは自分の家に空き巣が入るという被害に遭っています。
しかも、その空き巣は女。
風呂場の窓から侵入していました。
その体験をポール・マッカートニーが曲にしたという訳です。
(その空き巣は何も取らずに去ってしまった)
熱烈なファンだったのかな


She came in through the bathroom window
彼女は風呂場の窓から入ってきた

Protected by a silver spoon
その身分に護られながら

But now she sucks her thumb and wanders
でも今 彼女は親指をしゃぶりながら迷っている

By the banks of her own lagoon
自分だけの礁湖(しょうこ)のほとりで

Didn't anybody tell her?
誰も彼女に教えなかったのかい?

Didn't anybody see?
誰も分からなかったのかい?

Sunday's on the phone to Monday
日曜が月曜に電話で伝え

Tuesday's on the phone to me
火曜が俺に電話してきたのに

She said she'd always been a dancer
彼女は言った ずっとダンサーをしていると

She worked at fifteen clubs a day
1日に15軒ものクラブに出演してたらしい

And though she thought I knew the answer
俺が答えを知っている 彼女はそう思っていたんだ

Well, I knew what I could not say
確かに知ってたけどさ 言えなかったよ

And so I quit the police department
そこで俺は警察を辞め

And got myself a steady job
もっと安全な仕事に就いた

And though she tried her best to help me
彼女は出来る限り俺を助けてくれたけど

She could steal but she could not rob
こそ泥は出来ても 強盗なんか出来る女じゃなかった 

Didn't anybody tell her?
誰も彼女に教えなかったのかい?

Didn'tanybody see?
誰も分からなかったのかい?

Sunday's on the phone to Monday,
日曜が月曜に電話で伝え

Tuesday's on the phone to me
火曜が俺に電話してきたのに

イメージ 1

この記事に

ビートルズの『ワン・アフター・909』を和訳しました。
リリース・1970年。
作詞・作曲レノン=マッカートニー。


My baby said she's trav'ling on the one after 909
俺の愛する人が言った 『909号の次の列車に乗るわ』

I said move over honey I'm traveling on that line
だから俺は言ったんだ 『一緒に行くよ 俺もその列車に乗る』

I said move over once, move over twice
もうちょっと席を詰めてくれないかな 隣に座らせてよ

Come on baby don't be cold as ice.
頼むよ そんな氷みたいに冷たくするのはよしてくれ

Said she's trav'ling on the one after 909.
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

I begged her not to go and I begged her on my bended knees,
行かないでくれ! 彼女にそう言った 
ひざまずき 心からお願いしたんだ

You're only fooling around, you're fooling around with me.
からかってるんだろ? 俺をからかってるだけなんだろ!?

I said move over once, move over twice
もうちょっと席を詰めてくれないかな 隣に座らせてよ

Come on baby don't be cold as ice.
頼むよ そんな氷みたいに冷たくするのはよしてくれ

Said she's trav'ling on the one after 909.
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

I got my bag, run to the station
荷物を持って 駅まで走った

Railman says you've got the the wrong location
駅員が俺に言う 『駅を間違えてますよ』

I got my bag, run right home
荷物を持って 家まで走った

Then I find I've got the number wrong
俺は列車番号を間違ってたんだ!

Well she said she's trav'ling on the one after 909
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

I said move over honey I'm traveling on that line
だから俺は言ったんだ 『一緒に行くよ 俺もその列車に乗る』

I said move over once,move over twice
もうちょっと席を詰めてくれないかな 隣に座らせてよ

Come on baby don't be cold as ice.
頼むよ そんな氷みたいに冷たくするのはよしてくれ

Said she's trav'ling on the one after 909.
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

I got my bag, run to the station
荷物を持って 駅まで走った

Railman says you've got the the wrong location
駅員が俺に言う 『駅を間違えてますよ』

I got my bag, run right home
荷物を持って 家まで走った

Then I find I've got the number wrong
俺は列車番号を間違ってたんだ!

Well she said she's trav'ling on the one after 909
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

I said move over honey I'm traveling on that line
だから俺は言ったんだ 『一緒に行くよ 俺もその列車に乗る』

I said move over once, move over twice
もうちょっと席を詰めてくれないかな 隣に座らせてよ

Come on baby don't be cold as ice.
頼むよ そんな氷みたいに冷たくするのはよしてくれ

Said she's trav'ling on the one after 909.
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

Said she's trav'ling on the one after 909.
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

Said she's trav'ling on the one after 909.
彼女は言った 『909号の次の列車に乗るわ

イメージ 1

この記事に

ビートルズの『ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル』を和訳しました。
リリース・1968年。
この曲に登場するバンガロウ・ビルとは西部開拓時代のガンマン、バッファロー・ビルのことです。(バッファローハンターだった)
本名はウィリアム・フレデリック・コディー。

サクソン人・ゲルマン系の部族

キャプテン・マーベル・DCコミックス(アメリカの漫画出版社)の出版する漫画に登場する架空のヒーロー。


Hey, Bungalow Bill
ねぇ バンガロウ・ビル

What did you kill
何を殺したんだい?

Bungalow Bill?
バンガロウ・ビル?

He went out tiger hunting with his elephant and gun
奴は象に乗り 銃を携え 虎狩りに出掛けた

In case of accidents he always took his mom
何かあった時に備え いつも母親を連れて行った

He's the all American bullet-headed saxon mother's son.
母親はサクソン人なのに  
奴はどう見ても融通のきかないアメリカ人

All the children sing
子供達はみんな唄う

Hey Bungalow Bill
ねぇ バンガロウ・ビル

What did you kill
何を殺したんだい?

Bungalow Bill?
バンガロウ・ビル?

Deep in the jungle where the mighty tiger lies
密林の奥深くに足を踏み入れると 巨大な虎が寝そべっている

Bill and his elephants were taken by surprise
ビルと象は不意をつかれて驚いた

So Captain Marvel zapped in right between the eyes
そこでキャプテン・マーべルが
虎の眉間に一発お見舞いしたんだ

All the children sing
子供達はみんな唄う

Hey, Bungalow Bill 
ねぇ バンガロウ・ビル

What did you kill
何を殺したんだい?

Bungalow Bill?
バンガロウ・ビル?

The children asked him if to kill was not a sin
子供達が奴に尋ねた 『殺すことは罪じゃないの?』

Not when he looked so fierce, his mother butted in 
奴の母親がすかさず口をはさむ 『凶暴そうな相手なら大丈夫』

If looks could kill it would have been us instead of him
『相手を睨みつけただけで殺せるなら 今ごろ死んでるのは虎じゃなくて私達だったわ』

All the children sing
子供達はみんな唄う

Hey, Bungalow Bill
ねぇ バンガロウ・ビル

What did you kill
何を殺したんだい?

Bungalow Bill?
バンガロウ・ビル?

イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事